【噂の腕時計クリーナー】クリスタルガード・クロノアーマー CGCA-30KM 30ml ロレックス サブマリーナーに施行してみた!

スポンサーリンク

「CRYSTAL GUARD CHRONO ARMOR 腕時計の日々のお手入れと傷や汚れの予防が同時にできるクリーナー兼コーティング剤」

2020年3月1日に発売され、SNS上で非常に話題となっている 腕時計専用クリーナー「クリスタルガード・クロノアーマー CGCA-30KM」。

気にはなっていましたが、完売続きで手に入らず、ようやく先日Amazonに入荷していたので購入することができました。

お値段税込み3300円。

普段私は腕時計を使ってもそのままと言った感じで「クリーニング」はもちろん、「拭く」ことすらしないのですが、クリスタルガード・クロノアーマーは「キズ」防止にもなるとのことで「コレは試してみたい」と。

キズとかも本当はあまり気にしないんですけどね(笑)

気にしないと言うか、気にするレベルの時計を所有していないと言った方が正解。

キズは付かない方が良いに決まってますから。

腕時計の日々のお手入れと傷や汚れの予防が同時にできる

高級車用のコーティング剤から生まれた「クリスタルガード・クロノアーマー」は、ステンレスからゴールド、プラチナ、チタン、カーボン、プラスチックまで、あらゆる素材の腕時計のお手入れに使えるコーティング剤兼クリーナーです。

JIS規格の国家試験で光沢保持率100%が証明されたクリスタルガラス皮膜と、界面活性剤の洗剤を一切使わないクリーナー成分で、腕時計のお手入れと傷・汚れの予防が同時にできます。

使えば使うほど、鉛筆硬度9Hのミクロの皮膜が腕時計の傷や汚れを防止し、その価値を守りながら、劣化しない上品な艶を実現します。「クリスタルガード・クロノアーマー」のコーティング成分とクリーナー成分は、どのような素材に使っても影響がでないため、安全に日々のお手入れにお使いいただけます。<EAU ROUGE(オールージュ)HPより>

 

ロレックス公式ページ「ロレックスのお手入れ」には、「石鹸水と柔らかいブラシで洗ってください」とあります。

キレイにするだけなら、この方法で良いのでしょう。

が、薄い皮膜でキズから守ってくれるのが「クリスタルガード・クロノアーマー CGCA-30KM」と言うことになり、コキズが嫌いな方にはオススメできると思います。

と、言うことでさっそく試してみましょう。

まず「使い方」を見ます。

ご使用方法 HOW TO USE

1 「クリスタルガード・クロノアーマー」のボトルをよく振り、マイクロファイバークロスに4〜5プッシュほど吹き付けてください。

2 腕時計全体に隙間のないように塗り伸ばしてください。

3 クロスの乾いた部分で汚れと共にコーティング剤を拭き取ってください。

<ご注意事項>
・お手入れの際は、力を入れずにやさしく塗り伸ばして拭き取ってください。
・防水加工のない、布や皮など、水分を吸い込む素材にはコーティング効果がありません。
・効果はすぐに出ますが、皮膜は24時間ほどで完全に硬化して定着します。
・お手入れの翌日に白い余剰成分が残っている場合には、再度クロスでやさしく拭き取ってください。
・防水加工のされていない布・革にはご使用いただけません。

なるほど、コレだけ。

クロスにスプレーをし普通に拭くだけか。

面倒くさがりの私にもできそうです。

 

■1回目スタート

では始めます。

こちらがクリスタルガード・クロノアーマー CGCA-30KM。

スプレー本体の大きさ。

どうでも良い情報でしょうか(笑)

拭き布としてマイクロファイバークロスを用意します。

クリスタルガード・クロノアーマーで拭く前に「脱脂」した方が良いとのことでしたので、アルコール除菌シート的なモノで簡単にクリーニングします。

汚れもササっと取れますかね?

3本とも終了。

いよいよ本番です。

クリスタルガード・クロノアーマーをマイクロファイバークロスに4~5回スプレーしましょう。

わずかにワックス風な香りが漂います。

こんな感じで良いのかな?

30mlあたり約250回プッシュできるそうです。

まずやる前。

光が反射して見にくいですがコキズがたくさん。

なんか汚い。

まだ未研磨なんで、バックルもブレスレットもキズだらけ。

まぁ、あまり気にして使ってないんですけどね。

濡れてる箇所で全体を丁寧に拭き、・・・

乾いた箇所で仕上げていきます。

やる前と、

やった後。

まだ1回目だと、差は無いかな?

クリスタルガード・クロノアーマーは「研磨」ではないので「キズは消えません」が、周りが輝いてキズに目が行かなくなるかもね。

オメガ レイルマスターも。

ガラスも拭いちゃいます。

こちらもコキズだらけ。

線傷も目立ちます。

コーティングで気にならないくらいになると良いな。

フルメタルのG-SHOCKも。

スポンサーリンク

拭いていきます。

G-SHOCKがもともと1番キレイかな。

ピッカピカにしてやるぞ。

ふ~、3本で15分くらい経ちますか?

なかなか楽しいな(笑)

手巻き時計を巻く時みたいに、新しいスニーカーの紐を通す時みたいに、時計を拭くって何か良いですね。

幸せホルモンが出ちゃってるのかも。

楽しいです。

1回目終了。

ガラスが特に輝いて見えます。

皮膜ができたのかも(ソンナニハヤク?)。

サファイアクリスタルを爪で叩くと感じる感触と、変わった気がします。

音も少し違うような・・・

全体的に白く光っているみたいです。

楽しいしドンドンやっていこう。

 

■2回目スタート

クリスタルガード・クロノアーマーはこんな色。

おいしそう。

スプレーする前に良く振ります。

ジャラジャラ音がしますね。

本来は「皮膜は24時間ほどで完全に硬化して定着します。」とのことですが、私は1時間ほどおいて2回目を始めました。

2回目スタート。

今度は直接吹き付けてみます。

気のせいか2回の施行でキズが目立たなくなってきたかも・・・気のせいかも(笑)。

ほんのり白く輝いてるようにも見えるんです。

キズが多いところにも直接吹きかけて、クリーニング&コーティングしていきます。

※キズが消えるわけではありません。

オメガも2回目。

ベゼルがキレイになってきて、寄りの場合は逆に大きいキズは目立つかも。

「個性」としてハッキリするのかも知れません。

全体で見ると輝いています。

フルメタルも直接!

※直接吹きかけるのは使用方法に載っていませんので自己責任で。

ビシャビシャ。

キュッキュッとね。

ハイきれい!

もともとキレイなので、キレイなまま使えると思うと嬉しいな。

 

■3回目スタート

バッチリ。

ピカーン!

キレイになっていると思いますよ。少なくとも3300円分以上に(笑)

スティールもサファイアクリスタルも光沢が強くなっていますね。

 


まとめ

クリスタルガード・クロノアーマーはクリーニング&コーティングなので、1日使った後にやるのが良いかも知れません。

短時間にガンガンやって効果が出るかはわかりませんので、毎日コツコツやった方がクロノアーマーの持ちも良くなりますし経済的かも。

自己満足の部類ですし、オススメかどうかは「自分で判断」してねって感じですね。

気になる方は、少し安めの時計で試してみたらどうでしょう?

私はまだ3回しか施行していませんが、続けたいと思いました。

指紋も目立たなくなるしね、サファアガラスも透明感増す感じですよ。

 

 

もう少し回数を重ねたら追記していきたいと思います。

 

寄ってみると・・・

目立っちゃうキズたち。

ドンマイ。

 

Amazonはプライム会員なら送料無料でした。

随時在庫補充があるようですが、だいたい完売。

 

楽天市場はポイント貰えて、またポイント使えます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)