【レビュー】グランドセイコー SBGA211 “ゆきしろ” スプリングドライブ 41mm ブライトチタン

スポンサーリンク

Grand Seiko Heritage Collection  SBGA211 snowflake 41mm

今回は、「ゆきしろ」「スノーフレイク」「雪白」と、美しい響きの愛称があるスプリングドライブのグランドセイコーをチェックです。

2017年「グランドセイコー」ブランド独立に伴い、SBGA011からSBGA211へと進化?しました。

SEIKOのロゴが無くなっただけですけど、文字盤の美しさは相変わらず。

新雪のような和紙のような独特な風合いの純白文字盤。

このモデルはそれだけではありません。

大きさは41mmとドレスウォッチにしては大振りで、現在のトレンドにマッチしていますが「非常に軽い」のです。

厚さ 12.5mmのブライトチタン製ケースは「着けているのか?」と思ってしまう程軽く、更にはキズに強い特性があります。

Chrono24を覗いてみました。

海外にもグランドセイコーファンは多く、中古マーケットもグローバル。

国内定価682,000円ですので、中古の評価も非常に高いですね。

スプリングドライブ Cal.9R65 搭載。

パワーリザーブインジケーターですけど、私は表に無くても良いような気がします。

この文字盤をイケメンに見せている、通称ユキシロダイヤルにスティールシルバーハンドとブルースティール秒針。

真っ白に映えるブルー。

素敵です。

日常生活用強化防水(10気圧)もある堅牢なドレスウォッチですけど、夜光はありません・・・

そしてこのストロングポイント。

アンダー100グラムですよ。

ブレスレットで91グラムとか昔のカシャカシャスティールモデルと変わりません。

それでいてしっかりした作りですので、グランドセイコー最高なんです。

スポンサーリンク

厚みはそこそこ12.5mm。

プッシュボタンで脱着、三つ折れ方式。

寄ってみます。

カクッとした針の格好良さ。

力強い。

文字盤の紋様。

インデックスも無駄がありません。

リューズトップにはGSの文字。

シースルーバックでCal.9R65が覗けます。

ちゃんと映らなかったのですが、薄くラGSライオンがプリントされていますね。

いかがでしょうか?

搭載されるムーブメントはロングパワーリザーブのスプリングドライブ キャリバー9R65です。

72時間ものパワーリザーブに、デイト表示つき。

平均月差±15秒ですって、凄いな~。

1日1秒以下じゃない。(日差±1秒相当)

そして文字盤の美しさ、白雪の様。

ビジネスシーンにもカジュアルファッションにもフィットします。

軽いし。

凄い軽い。

高級品なのでケースの仕上げも美しい。

個人的には39mmくらいが良かったですけど、充分にオススメできます。

それではまた!

 

【レビュー】グランドセイコー パワーリザーブ スプリングドライブ SBGA057

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)