【レビュー】チュードル 75090 ブルーサブマリーナー ボーイズ 36mm チューダー青サブ MID

スポンサーリンク

TUDOR Submariner ref.75090 36mm Mid-Size

今週はチューダー(チュードル)ウィークでお届けしていきます!

1980年代後半に誕生したイカじゃない盾サブ「TUDOR PRINCE OYSTERDATE SUBMARINER」。

そのボーイズサイズ(ミドルサイズ)の75090をチェックです(このブログ3回目の登場)。

チューダー(チュードル)もロレックスと同じモデル名を採用したのは1954年のこと。

1990年代後半になり、袂を分ける経営方針によりサブマリーナーの名を捨てハイドロノートと変わってしまいます。

当時はそれで良かったのですが、現在のVR(ヴィンテージロレックス)ファンには「ハイドロよりサブでしょ」と、ハッキリと価値が違うモデルとなっていますね。

特にこのチューダー(チュードル)サブはサイズバリエーションの豊富さと、VR好きにはたまらないインデックスのフチが無い仕様なので、じわりじわりと高騰しており更にはスティールケースに「青」の組み合わせがロレックスには無いことから、フランス海軍が使用していた実績も含め「青の方が人気」となっています。

36mmケースです。

可愛らしい。

数字だけ見ると旧モデルのエクスプローラーIと同径なんですが、ベゼルの幅が大きく文字盤が小さく見えるため、全体的に小振りに感じます。

Chrono24を覗きます。

ブラックは40万円くらいから、ブルーも50万円くらいから見つかりそうです。

条件の良い保証書付などは60万円以上の相場になりかけています。

10年も前なら148,000円とかでしたけどね・・・

こうなるとメンズサイズが気になります。

79090(メンズ)の相場はこんな感じ。

ブルーで保証書付だと80万円を超えてきますね。

個人的にはブラックの75090の方が好きかな。

インッデクスも針もトリチウム仕様。

1995年まで製造されました。

サイドビュー。

ロレックスのバータイプ竜頭です。

巻きブレスですね。

エクステンションパーツつき。

ロレックスのケースです。

中身はETAです。( ETA キャリバー 2824-2)

200m防水。

スポンサーリンク

濃い青で渋い。

ロレゾールの16613(青サブ)とも色味が異なります。

薔薇サブの時は3.6.9のインデックスはスクエアでしたが、イカサブから盾サブに変わると(3).6.9のインデックスは三角形になってしまっています。

ロレックスとの差別化の意味合いでしょう。

画像にはありませんが、溝無しフリップつきバックルには「盾」マーク。

いかがでしょうか?

比較的お安くビンテージ感を楽しめます。

大きさが気にならない方にはオススメしたい。

ロレックスの5513や1680はもちろん100万円以上ですし、メンズサイズのチューダーサブもそこそこ高いからね。

私的には・・・雰囲気は楽しめるけど、やっぱり小さく感じますので物足りないかな?

コレ買うんだったら10万円台のシーマスター300mで枯れちゃったヤツの方が良いかも。

まぁ人それぞれ(笑)

このサイズのサブマリーナーってロレックスにはありませんからね。

シーマスター300mにはあるけれど。

やっぱりトリチウムって良いですね(笑)

明日はチューダーの新作について考えます!

ではまた。

【レビュー】チュードル 75090 サブマリーナー・ボーイズ ブラック ロレックス・チューダーサブ

【レビュー】チュードル・サブ75090とハイドロノート85190 ボーイズ・サブマリーナー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)