SIHH2019新作 ジラール・ペルゴ 81015-32-432-32A ロレアート・スケルトン アース・トゥ・スカイ エディション 42mm ブラックセラミック

スポンサーリンク

Girard-Perregaux 2019 LAUREATO SKELETON EARTH TO SKY EDITION 81015-32-432-32A

ジラールペルゴからSIHH2019の新作をチェック。

人気ラグジュアリースポーツの仲間入りをしたロレアートのオープンワーク「ロレアート・スケルトン」からブラックセラミックの81015-32-432-32Aです。

最近時計界では「スケルトン」ブームで、ラグジュアリースポーツモデルをリリースしたら「必ず」オープンワークの文字盤をリリースします。もはや「約束事」ですね。

そして「セラミック」です。

J12から始まるブーム(IWCやRADOの方が早いですがブームはCHANELが作りました)で、ケースもブレスレットも「セラミック」を使い「キズや劣化」に強く美しいモデルを作ることができるため技術も上がり各メーカーが「多投」しています。

最後に黒文字盤より人気がある「ブルー」を採用し、「ザ・トレンド」って感じのロレアートの出来上がり。

「KAWAII」じゃなくてスイスでは「KAKKOUII」を詰め込むのが流行っています。

SIHH2019の新作では、カルティエ、ユリスナルダン、ロジェデュブイなど、GenevaDaysでもゼニス、ウブロがスケスケスケルトンなモデルを発表していますし、ブームの元祖的なリシャール・ミルももちろんポップなスケルトンをリリースしていますね。

きっとこの流れはバーゼルワールド2019でも同じなんじゃないかな?と。

「ヘリテージ」「ラグジュアリースポーツ」「スケルトン」「ブルー」「レインボージェムストーン」「DLC/PVD」「セラミック」「カーボン」以外での驚きがあると良いですね。

さて、ジラール・ペルゴ2019年のテーマである「アース・トゥ・スカイ」。

ブルーとブラック、夜空と宇宙。

地球のようにブルー。宇宙のようにブラック。2019 年、ジラール・ペルゴは宇宙をテーマに、宇宙空間の色彩の遊びを1966「アース・トゥ・スカイ」エディションで表現しました。伝統あるモデルの繊細でエレガントな特徴は継承し、ブルーとブラックが織りなす効果により壮大な宇宙を感じさせ ます。

透明性が王座につく世界へようこそ

優れたメカニズムへの賛歌としてジラール・ペルゴの時計師がデザインしたロレアート・スケルトンは、印象的な透かし彫りを施した部品(すべては独自の現代的な方法で手作業による装飾)により、壮麗な自動巻きキャリバーの心臓部にかすかに現れる深みをもたらしています。

LAUREATO
SKELETON EARTH TO SKY EDITION
81015-32-432-32A

CHF 38500

ケース

素材: Ceramic
直径: 42.00 mm
厚さ: 10.93 mm
裏蓋: サファイアクリスタル
文字盤: サスペンディッド インデックス表示リング
防水性: 100 m (10 ATM)

ストラップ

素材: Ceramic
バックルの種類: トリプルフォールディング
バックルの素材: セラミック

ロレアートの歴史において、ブルーがアクセントのブラック セラミックをまとった新バージョン、ロレアート スケルトンが登場します。これにより、セラミックという豊かな素材の世界に、このジラール・ペルゴを代表するモデルが参入することになります。

スポンサーリンク

キャリバー

リファレンス: GP01800-1041
タイプ: 自動巻機械式ムーブメント
直径: 29.90 mm(13 1/4’’’)
厚さ: 4.16 mm
振動数: 28,800 振動/時 – (4 Hz)
部品数: 173
石数: 25
ローター: ピンクゴールド
仕上げ: ブルーのガルバニック処理、サテンブラシ仕上げおよび面取り
パワーリザーブ: 約 54 時間

機能

時, 分, スモールセコンド.

キャリバー GP01800-1041

名高い GP1800 譲りのこのムーブメントには、ガルバニック処理(PVD コーティング)とメタル ネット加工が施されています。ロジウムプレートの輪列により、エネルギーの動きを目で追うことができます。25 個の受石を含む 173 個の部品で構成される機械式迷宮の心臓部への探訪で、四番車に駆動される 10 時位置のスウィープセコンドに人々の目は釘付けになります。それらは大型の慣性可変式テンプ(28,800 振動/時、4 Hz)を備える調速機構の素早い振幅に交互に捉えられます。

約400万円もしますから、ロレアートの中でも上位機種ですね。

実物を見てみないとわかりませんが、仕上げ等も相当なレベルでやり込んでいるのだと思います。

フルセラミックで約11mm、防水性も100mと頑張っているとは思います。

が、コレと言った特徴が無い・・・二番煎じ的な印象は拭えません。

ロレアートファン以外のウォッチマニアを唸らせることができるかはわかりませんね。

詳しいことがわかりましたら追記していきます。

 

SIHH2019新作 ジラール・ペルゴ 81060-21-491-FH6A ロレアート アブソルート クロノグラフ 44mm

SIHH2019新作 ジラール・ペルゴ ロレアート アブソルート カーボングラス クロノグラフ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)