【レビュー】ロレックス 16570 黒文字盤 横穴+トリチウム+シングルバックルなエクスプローラーII

ROLEX 16570 black,side hole + tritium + single buckle Explorer II

もう「シングルバックル」「トリチウム」なら、どのスポーツモデルでも高騰を避けられない状況になっています。

エクスプローラーⅠやIIもその標的になりました。

エクスプローラーⅠIの白文字盤に始まり、エクスプローラーⅠ、そしてIIの黒文字盤へと広がっています。

まだ、まだ黒文字盤のエクスプローラーⅠI 16570なら比較的安価な個体が見つかるかも知れません。

お探しの方は、根気よく行きましょう!

うん、普通に格好良いですね。

シンプルな感じで使いやすい。

現役の頃は、爽やかでオシャレなスポーツモデルとして人気がありました。

いつ頃からか不人気モデルになりましたね。

やはり216570のケースサイズの大型化からかな?

熱心なロレックスファンですら、なんか違ったんでしょうね・・・

昔で言う「プラ風防」や「フチなし」みたいな、パワーワードと化した「トリチウム」。

ただの夜光が、神格化しようとしています。

そして同様に「シングルバックル」(シングルクラスプ)。

すぐ外れちゃうんだけどね~。

指で曲げて調整するバックルプレート。

ブレスレットナンバーは78360、クラスプコードはV。

横穴(ケースサイド/ラグの横穴)もセミビンテージの証。

この鳥居みたいな形のFFもセミビンテージの証。

この前も書きましたが、エクスプローラーIIには「スティック」って無いんですかね?

探すのであれば、ケースポリッシュがせめて1回までの個体が最高です。

ハードに使ってノビノビになっちゃってるブレスレットなんかは止めときましょう。

50年以上使える耐久性がありますので、まだまだ30年は楽しめます。

シングルバックルのモデルはデイトナ、GMTマスター、エクスプローラーとなりますが、デイトナとGMTマスターは非常に値上がりしています。

GMTマスターですら100万円以内で探すのが困難・・・

そんな中、うまくいけばエクスプローラーIIの黒文字盤とエクスプローラーIなら50万円ちょっとで見つかるのかも知れません。

いかがでしょうか?

おそらく最安のシングル+トリチのスポーツモデル。

セミヴィンテージに興味がある方、是非ご検討を。

いずれ、どれもこれも高くなりますので今のうちなんです。

1年2年と経った頃に見直しましょう。

ではまた!

 

【レビュー】ロレックス 16570 E9番 エクスプローラー2 トリチウム+シングル 白文字盤

【時計怪獣】ロレックス 16570 キャリバー3186は、いつか評価されるのだろうか?

【レビュー】ロレックス エクスプローラーⅡ 216570と16570

【レビュー】ロレックス “スパイダー””センタースプリット” 16550 エクスプローラー2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)