【レビュー】ロレックス 116610LV グリーンサブマリーナー 更に高騰中!寿命はどのくらい?

How long is the life span? Rolex 116610LV

2018年の「キャリバー3235」搭載モデルチェンジはディープシーとなりました。

2017年に初めてスポーツモデルに搭載されたのは50周年記念モデルのシードゥエラー43ことRef.126600。

そして今年はロングパワーリザーブの新ディープシーRef.126660がリリースされることに。

新世代ムーブメントを載せたのは、どちらもシードゥエラーファミリーでダイバーウォッチでしたので、来年あたりは順当にサブマリーナーデイトかな?

なんて予想が立つのですが、いかがでしょうか?

今年は新世代GMTムーブメントCal.3285も登場しましたので来年はエクスプローラーⅡかも知れないし、ノーデイトの新世代ムーブメントが発表となりエクスプローラーⅠやサブマリーナーノーデイト、またはミルガウスなどのモデルチェンジかも知れませんけどね。

このグリーンカラーのサブマリーナーデイトは第2世代にあたり、前作16610LVの後継モデルとなります。

リリースされたのは2010年になりますので、もう8年間も製造されているんですね・・・ってこのブログでは3度目の登場なので知ってるわ!ってなもんです。

切りよく2020年で切り替えようかな(ロレックス首脳陣)?なんて考えているかも知れませんね。

人気モデルだけに後継モデルへの世代交代は大ニュースになります。

そんなこんなで、寿命がもう間もない!と感じているのか市場では高騰を見せていますよ。

ここ2年で見れば急騰と言えるレベルで上がっていますね・・・。

140万円ってサブマリーナーの値段じゃないわ。

国内定価は928,800円です。

2013年頃はこんなにも安かったのに・・・

やはりコーポレートカラーのグリーンが効いているんですかね?

そう言えば、聞いたことないですけどグリーンカラーにマイナーチェンジなり濃い薄いなんてあるのかな?

今度時間あったら調べてみよう。

この深いグリーンカラーに青く光るクロマライト夜光の組み合わせが大好き。

手で覆ったら・・・

ボワンっとね。

うまく撮れないな(笑)

いかがでしょう?

無くなるなら買っておけ!的なスポロレですからね。

為替の影響でスポーツモデルは軒並みジワリ上げ。

並行でしかなかなか買えないので、厳しい状況ではあります。

まぁ、まだまだ無くならないかも知れませんけどね(笑)

誰が生産終了って言ったのよ?って。

ではまた!

【レビュー】ロレックス 116610LV ただいま高騰中のグリーンサブマリーナー

【レビュー】ロレックス グリーン サブマリーナー 116610LV 翠玉色の潜水士

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)