RPR ロレックスパッションレポートのバーゼルワールド2018 大予想!の画像を見て思うこと

Rolex Passion Report – ROLEX 2018 BASEL WORLD NOVELTIES

完全にお借りしたものだけの記事です。

本物の記事は下記リンクからどうぞ。

http://rolexpassionreport.com/25534/rolex-2018-basel-world-novelties/

と、いうことで幾つか予想画像がアップされていましたので一緒に見ていきましょう。

ここ最近値段が高騰しているミルガウス116400GV。

このRPRの記事が影響しているのでしょうか?

新作は回転ベゼルを搭載している!と予想しています。

結構格好良いですね。

カラーリングが幾つか提案されていたので、興味ある方は本記事を見てください(上のリンクで)。

これは昨年の予想の続きと言いますか、順当に来ればこんな感じなのかな?と。

116503と併売するのか、しないなら廃盤が早すぎるので微妙なタイミング。

そして、コークベゼルのGMTマスター2。

でもコレは新ムーブメントの誕生と同時かな?と私は思います。

3186も10年経ちましたので、ロングパワーリザーブになっても良いタイミングかと思いませんか?

3/16のティザームービーでRPRも内容を変更してきました。

新しいジュビリーブレスレットに仕様変更。

バーゼルワールド2018 ロレックス ティザームービー解禁!新作情報


コレは、興味深い(笑)

エクスプローラーに赤を差し込んできました。

これは無いかな〜と。

何年前からか強く推されてるブルベリー。

昼夜の差を同じブルーで表現するのかは不明ですが、オイルマネーが動きそうなモデルです。

赤GMT?

うーん、今回は何でもかんでも赤で行こうとしているんですかね?

去年のシードゥエラーが当たったからだよね〜。

そして、そうコレね。

これは私も予想できますが、そこはロレックスパッションレポート。

グレーフェルドな退色グレーセラクロムを使用するのではないか?と。

悪くないですね。

こちらは今回とは別のカスタムエクスプローラー2、エベレストの登頂した例の二人をフューチャーした特別モデル。

このベゼルデザインも良いですね〜。

でもセラクロムではなくスティールでの変更は考えにくいので実現はしないでしょう。

白文字盤もめりはりがハッキリしてセラクロムベゼルは良い感じですね。

ケースも黒くしたら更に格好良いけど、それは無いだろうな。

チェリーニは特許を取得したデュアルクロノグラフ?をセットしてくるのでは?と言われていますが、さてさてこのデザインはヒドイ(笑)駄目じゃないですか?

ドレスモデルのチェリーニのラインナップを拡充したいロレックス経営陣のテコ入れは想像できても、クロノグラフのこのデザインはちょっと頂けない。

もうちょっと格好良いのでお願いします。

最後にアニュアルカレンダー仕様のデイデイト?か。

月、曜日、日付のトリプルカレンダーデイデイトでも良いかも知れません。

アニュアルカレンダーにしたらスカイドゥエラーがかわいそうです。

デザインはステキですね。出ても良いかも!


さて、どうでしょう?

このRPR提案のモデルがリリースされることはあるのでしょうか?

この中では私はミルガウスが良いなぁ。

下の私の予想と共にお楽しみください!

バーゼルワールド2018は3月22日から!

バーゼルワールド2018のロレックスの新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)