【レビュー】オメガ 2518.50.00 シーマスターアクアテラ クォーツ 36mm

Seamaster Aqua Terra 36.2mm Quartz 2518.50.00

2002年頃にリリースされたオメガ シーマスターアクアテラ 150m防水36mmミドルサイズのクォーツモデル 2815-50を今回は見ていきたいと思います。

同時期に出た自動巻きコーアクシャルモデル(2504.50.00)は、当時のロレックス デイトジャスト16200あたりを意識したモデルだったと思いますが、このクォーツは更にお買い求めやすくした廉価モデル。

新品の並行モノが10万円くらいで売られていましたので、多くの若いビジネスマンが購入したものと思われます。

レトロスタイルなフェイスデザイン、シュッとしたケースライン、36mmと言うちょうどよいサイズ、ブラックで引き締まって見えるダイヤルはスーツにもデニムにフィット、150m防水で水に注意する必要性が減り、デイト表示が便利、そしてオメガなのに安い!

完璧ですね。

機能
日付表示
技術仕様
ブレスレット: ステンレススティール
ケース: ステンレススティール
ケース直径: 36.2 mm
ダイアルの色: ブラック
クリスタル風防: 内側に無反射処理を施した、ドーム型強化サファイアガラス
防水: 15 気圧 (150 メートル / 500 フィート)
ムーブメント
キャリバー: オメガ1538
ロジウムめっき仕上げのクォーツ・プレシジョン・ムーブメント。電池切れインジケーター。
電池寿命: 42ヵ月
種類: クォーツ

一切の無駄が無く、シンプルなスタイルはビンテージのシーマスターの様です。

1950年代のカレンダー付シーマスター(自動巻き)

コレはコレで渋格好良いな~。

Chrono24にはなんと1本しか掲載が無かったです・・・

え~。

もっとあるでしょ?

売れてたでしょ?おかしいな。

サイズ展開、ムーブメントとバリエーションが多いので、たまたま出品されていなかっただけでしょう

36mmのクォーツだって売れていましたよ!

まぁコーアクシャルムーブメントを相当前面に推していたのは間違いありませんが。

サイズはキズに強いサテン仕上げ。

クラウンガードも無くスッキリしています。

そうエクスプローラーⅠやデイトジャストみたいに。

逆サイド。

私の嫌いなスライド式のバックル。

大きなバックルには見えないので「ドレス感」は凄い出ています。

アクセサリーとしてブレスレットの様ですね。

高級時計のやり方なんですがアクアテラにも採用しているのがオメガ!勝ちにきています。

ビヨ~ンとスライドする中板。

ケースバックにはシーホース。

シーマスターアクアテラの刻印。

もちろん防水があるのでスクリューロック式。

うん、イケてます。

邪魔しない、本当に「ザ・腕時計」と言った悪い面をあまり持たない優等生ですね。

20代30代のサラリーマンには「ビシっ」とフィットしています。

ROLEXのデイトジャスト(16200)やデイト(15200)、シンプルなグランドセイコーなどと張り合えるレベルのグッドモデルです。

今まではシーマスター120のゾーンでしたがワンランク上にアクアテラが押し上げました。

同じケースでも「ダイヤル」が変わるとこうも違うんだな。

いかがでしょう?

ヤング社会人に贈る珠玉の1本!

今では少し相場も上がって10万円台で中古品が買える感じです。

もっとスタイリッシュになったクォーツモデルもどんどん出ていますので、その辺りよりはまだ安いとは思います。

こんなグレーストライプはイケていますよね。

1本ブランド物の腕時計が欲しいという若い方には、強力にオススメ!

最近、このゾーンはタグホイヤーが幅を利かせていますが、今まではオメガのものでした。

もう安いオメガは絶滅危惧種なので、是非今のうちにご検討いただければと思います(ナゾ)

ではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)