【松本零士】オメガ 3577-50 スピードマスター プロフェッショナル フロムザムーントゥマーズ 3577.50.00

スポンサーリンク

Speedmaster Professional “Moonwatch From Moon to Mars” 3577.50.00

2004年にリリースされた限定モデル「FROM THE MOON TO MARS」Ref.3577.50.00です。

このブログ2回目の登場です。

2000年の銀河鉄道999に続き、松本零士さんによる限定デザインムーンウォッチ第2弾。

月・地球・火星がインダイヤルにプリントされた驚愕のデザインです。

3577.50.00の国内定価は430,500円が最終定価でした。

3500本限定と以前書いちゃいましたが、実際には6000本以上出回っている様子・・・

スミマセン。

サイズは42mmと大きめですが、スピードマスタープロフェッショナルに関しては大きさが気になりません。

むしろこのサイズが完璧なのです。

Chrono24を覗いてみました。

一時期100万円ちかくまで値上がりしていたのですが、現在はこんな感じになっていますね。

それでもプレミアム価格であることには変わりありません。

松本零士さんはもちろん天才なのですが、このスピードマスターのデザインは他の方が考え得るでしょうか?

今こうして見れば、なるほどなって感じはしますが、無の状態から3つのインダイアルに地球・月・火星を落とし込んで月から火星へのプロジェクトを表現しています。

未来への期待月から火星へ

次の人類の壮大な目的地のために製作されたモデル。将来の火星への有人ミッションのための発射サイトとして機能する常設の宇宙ステーションを2020年までに月に建設するというアメリカの計画と同時期に発表されました。

月、地球、火星を称えるこのタイムピースには、これらの天体のイメージがプリントされたカウンターが配されています。

こんなイメージ。

めちゃくちゃ格好良い!

当時はそう感じませんでしたけど(笑)

Chrono24には色褪せたものも売られていましたので、いつかはトロピカル文字盤になってしまうんでしょうね。

月から火星に向けて、From The Moon to Marsの文字がプリントされています。

地球はスモールセコンド。

月は12時間計。

火星は30分積算計。

クロノグラフキャリバー1861を搭載。

スポンサーリンク

オメガマークが刻印されたヘサライトクリスタルガラス。

ケースバックにはナンバリングとFrom The Moon to Marsの文字があります。

サイドビュー。

バックルはダブルプッシュ式。

重さは約141グラム。

厚みは約15mm。

プラ風防はドーム状なのでね。

From The Moon to Mars。

From The Moon to Mars。

この文字盤、最高です。

宇宙のロマンを体現しています。

スピードマスタープロフェッショナルってだけで宇宙感満載ですけど、さらにこの文字盤。

ファンなら1本は持っておきたいですね。

いかがでしょうか?

超絶おすすめなスピードマスタープロフェッショナル 3577-50でした。

スピードマスタープロフェッショナルを探している方は是非検討してみてください。

色々なグッドデザイン文字盤が多いスピードマスタープロフェッショナルですので、たくさんコレクションしたいですけど、値段が値段なのでそう何本も買えません。

コレだ!って言うデザインに出会えたら、いっちゃいましょう。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ スピードマスター 銀河鉄道999 限定1999本

【レビュー】オメガ 3577-50 スピードマスタープロフェッショナル FROM THE MOON TO MARS 3577.50.00 松本零士 第2弾

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オメガ 3577-50 スピードマスタープロフェッショナル FROM THE MOON TO MARS 3577.50.00 松本零士 第2弾

スポンサーリンク

Omega Speedmaster Professional Moonwatch From Moon to Mars 3577.50.00

2004年にリリースされた限定モデル「FROM THE MOON TO MARS」Ref.3577.50。

2000年に続き松本零士さんによる限定デザインの第2弾。

月・地球・火星がインダイヤルにプリントされた驚愕のデザイン。

初めて見た時はコーヒー吹きそうでしたね。

宇宙へのあこがれが、こんな感じで表現されるとは・・・天才の考えることはわかりません。

こちらはクロノグラフファン、スピードマスターファンの松本零士先生がデザイン監修をした「日本限定」モデル3571-50。

代表作「銀河鉄道999」からケースバックにメーテルが刻印されている「フロムムーントウマーズ」から見れば、だいぶ大人しいデザイン。

友人に熱狂的な松本零士ファンがいるのですが、未だにこの新品デッドストックで持っているだろうな。

 

3577.50.00の国内定価は430,500円が最終定価でした。

限定デザインなのに売れ残り、途中で定価が変わっています(笑)

今見ると強烈に格好良いですね。

感性が天才に近づいたのかも知れません。

Chrono24を見ると退色してしまったのか、ヘンテコなカラーリングのフロムムーントウマーズを見かけます。

なんか怖い・・・

って言うか販売価格にもビックリ。

ようやく世界も天才・松本零士さんの感性に追いついてきました(笑)

この個体は非常にキレイですね。

もう13年も前なのか。

オッサンになるとあっと言う間ですね~本当(何のハナシだ?)

ケースバックにはFROM THE MOON TO MARSの刻印と、通し番号。

いつか人類は月より遠い火星まで行けるのでしょうか?

そもそも行く必要はあるのかな?

 

ケース径などスペックはノーマル3570.50.00と同じ。

42mm、50m防水

キャリバー1861 手巻きクロノグラフ

3時の火星、6時の月

月から火星まで弧を描いて伸びていくFROM THE MOON TO MARSの文字が痺れます。

プリントのアップ。

地球はこんな感じ。

火星。

月。

確かにコレはプリントが退色しそうな感じがしますね。

いつものΩマークが刻印されたプラ風防。

クラウンにもお馴染みのΩマーク。

どうですか?

最近のオメガブームに乗っかれますかね?

 

海外より日本の方がまだ安いですね。

 

私はコレも気になる限定モデル。

 

FROM THE MOON TO MARSもNASA感ビンビンなので、スヌーピーアワードみたいになりませんかね?

 

あっこのファーストレプリカ安いな。

話が逸れましたが、まだそこそこの値段で買える限定プロフェッショナルはゲットしておいて損はないでしょう?

あとになって「あれ?え?いや、まさか、そんな値段になるなんて思わなかったよ」と言うセリフが出ませんように(笑)

マズ第一にスピマスプロは「間違いない」モデルなんです。

いくら限定がバカバカ出るからって言っても2度目のリリースはありませんからね。

ソレだけは、いくらオメガがでもしないから。

気になった限定は買っておくべし。

第二に、昨今のオメガブームがヤバいです。

何なんでしょうね、1カ月前と相場が変わっているなんて今までなかったのに。

まるで以前のパネライのよう。

では!

【レビュー】オメガ スピードマスター マークⅡ 327.10.43.50.06.001 魅惑のレーシングダイヤル

【レビュー】オメガ スピードマスター オートマチック デイト 3513.50.00 キムタクモデル(3513-50)

【レビュー】オメガ スピードマスター 銀河鉄道999 限定1999本

やっぱりオメガは良いよね!ZENMAIが気になったオメガの時計についてブツブツ言う

オメガ スピードマスター 3rd ムーンウォッチ「Ed White」ST105.003

【レビュー】オメガ スピードマスター プロフェッショナル 3569.31 アポロ11号 月面着陸35周年モデル

【レビュー】オメガ スピードマスター・レーシング 3510.61 とシューマッハ限定モデルの歴史

20万円以下のオメガ スピードマスター

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share