【レビュー】チューダー 25600TB ペラゴス ブルーダイアル 42mm チタンダイバー

スポンサーリンク

Tudor Pelagos Blue Dial 25600TB

2015年にリリースされたチュードル(チューダー)のプロフェッショナルダイバーウォッチ「ペラゴス」25600からブルーカラーが「イカ」している25600TBをチェックしたいと思います。

「イカサブ」的なね。

イカ・・・ご存知でしょうか?

コレは私がずいぶん昔に使用していた(イカ)サブマリーナ Ref.7021。

スノーフレイクと呼ばれるスクエアインデックスとイカっぽい短針が特徴的な1本です。

アンティークのチュードルの中では、薔薇サブに次ぐ人気のあるモデルなんですよ・・・。

まぁ人それぞれ(私は好きで買いましたが、え?と言われる方も多かったな)。

たしかに似ています。

2012年に誕生した「ペラゴス」25500TN。

当時はETAムーブメントでしたが、現行機には完全自社製クロノメータームーブメント キャリバー MT5612が搭載されています。

国内定価は464,400円。

ロレックスのサブマリーナーデイトの半値くらいでしょうか。

それでいてスペックはシードゥエラー寄り。

9時位置にはヘリウム排出バルブを搭載した本格派。

飽和潜水に対応しています。

チタンケースで持った感触は「軽い」。

質感は悪くありません。

色味も渋くて良いですよね。

ヘリウムガスエスケープバルブ。

ギュイ~ンってなるチューダーのダイバーズバックル。

スペック表には「チタニウム製ブレスレット、スチール製フォールディングクラスプ&セーフティキャッチ、チューダーが開発・特許取得のブレスレットエクステンションシステム」と記載があります。

エクステンション。

自動調節式バックル

チタニウム製ブレスレットを特徴とするぺラゴス。スチール製フォールディングクラスプは、チューダーが開発し特許を得た独自の自動調整可能スプリングメカニズムを備えている。この技術システムによりダイビング中にブレスレットの自動調整が可能。潜水することで連結部が圧縮され、ブレスレットは収縮する。ダイバーが再び水面に戻る際に水圧が減少するとブレスレットは拡張する。さらに伸縮機能を備えたラバーストラップも付いており、あらゆる潜水条件に適応する。」

こんな感じで伸び、ダイバースーツ着用時でも問題なく装着可能です。

えぇ、私には一生無関係な機能ですね。

マニュファクチュールムーブメントが搭載されてますよ~的な。

バックルは昔のロレックス的な穴あきタイプみたい。

重さは140グラム弱。

見た目のタフさに比べ重くはありません。

2mm違いの大きさですが、比較すると結構大きく見えますね。

ペラゴスには交換用の予備ストラップが付いています。

この価格で、なんて素晴らしいサービス。

フラッシュフィットを外してセットする・・・んでしょうけど、面倒なので止めます(笑)

スポンサーリンク

ブラックライトを照射。

ブルーに輝きます。

クロマライトではないと思いますので、ルミノバでしょうか。

ベゼルまで光るなんてステキ!

ギャランティカードとか。

こちらにブラックライトを当てたらロレックス同様に隠しロゴが浮き出ます。

よく見ると赤いラインは文字になっています。

クラウントップには盾マーク。

ヘリウムガスエスケープバルブ。

バックルを見ていきましょう。

バネが見えますね。

なんか複雑な作りです。

仕上げは流石に細かいところまでしっかりしています。

チューダーはラグ裏にシリアルナンバーが刻印されています。

ブレスレットナンバーが刻印されています。

95820T・・・この場合のTはチタンでしょう。

現行機のラインナップ。

ブルーとブラックと、レフトハンドドライブ。

Chrono24を覗きます。

30万円台前半から売られていますね。

いかがでしょうか?

プロスペックなチタニウムダイバー。

青が眩しい!

ちょっと大きいけど、とても格好良い。

値段もオメガと比べるくらいの感じでしょうか。

20代30代の最初の腕時計にも良いかも知れませんし、40代以上のセカンドウォッチにも良いですね。

実物見ないと、このモデルの良さは伝わらないかも知れません。

ラバーストラップも付いてるお得なモデルです。

チューダー正規店には置いてあるでしょうから、試着だけでもしてみては?

それではまた!

 

【レビュー】チュードル 25500TN ペラゴス チタン製500m防水ダイバー

チュードル サブマリーナー・デイト Ref.7021「イカサブ」

スポンサーリンク
SNS Share

時計のニックネームは誰が付けてるんだ?俺じゃダメなのか?

スポンサーリンク

ロレックスのニックネームを勝手に付けようと思う。世界基準ではない。

ココ東京!

イタリア語で「Ecco Tokyo」ドイツ語で「Hier ist Tokyo」中国語で「这里是东京」英語で「 Here is Tokyo」とGoogle翻訳が言っています。

さてココ東京が独断と偏見で勝手に、「世界基準ではない」完全オリジナル?なニックネームを腕時計に付けていこうと言うシリーズ。

第1弾で終了かも知れませんが、初回の今回は皆大好きNHKのキャラクターとロレックス・・・

だけだと少ないのでもう少し足してお送りいたします。

ROLEX GREEN SUBMARINER Ref.16610LV a.k.a サボさん

ROLEX GREEN SUBMARINER Ref....

ROLEX GREEN SUBMARINER Ref.16610LV a.k.a サボさん

ROLEX GREEN SUBMARINER Ref.16610LV a.k.a サボさん

ロレックスの人気機種サブマリーナー。
その中でも異彩を放つのはサブマリーナー誕生50周年記念で登場した
コーポレートカラー「グリーン」をベゼルに採用したRef.16610LV。
通称グリーンサブ。

このグリーンカラーは登場時ド肝を抜かれましたよね?
遊び心少ないロレックス(?)が、こんな大胆なカラーリングを無骨なサブマリーナーに使用してくるなんて・・・。
限定かと噂され瞬く間に人気モデルになったのはかれこれ10年以上前のお話。

海外では「Kermit」と呼ばれていると先日のアイスクリームさんの記事に出ていました。
オイオイ、待てよ。
いや、キムタク風に「ちょっ待てよ」。

カーミットなんて馴染みないよ。
と、言う日本国内のロレファン1億人に贈る、ココ東京的なニックネームは「サボさん」。

サボさんはNHK Eテレ「みいつけた!」の登場キャラクター。
大人なサボテンです。みんな知ってるよね?

ニックネームなんて、どうせカラーリングだけで良いんでしょ?

NO,NO

甘いんだよ海外。

グリーン・サボ

なんちゃって。

スポンサーリンク

TUDOR Pelagos Ref.25600TB a.k.a コッシー

TUDOR Pelagos Ref.25600TB a...

TUDOR Pelagos Ref.25600TB a.k.a コッシー

TUDOR Pelagos Ref.25600TB a.k.a コッシー

さぁ、みいつけた!つながりだ。
チュードル ぺラゴス 25600TBはサブマリーナーの上位機種シードゥエラー的なモデルです。

防水性能に長け、500mを実現しました。
ヘリウムガスエスケープバルブを搭載しチタン製のボディ。
やや大きめな42mmと、イカサブ(スノーフレーク)を彷彿させるハンドとインデックス。
格好いいなぁ。

カラーリングはもちろんソックリな「コッシー」。

ペラコッシー・・・(白目)

ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116500LN White a.k.a ひつじのショーン

ROLEX Cosmograph Daytona Re...

ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116500LN White a.k.a ひつじのショーン

ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116500LN White a.k.a ひつじのショーン

さぁ、次だ次。
先月販売開始になった新型デイトナ Ref.116500LN。
ブラックカラーのセラクロムベゼルが特徴ですね。
うむうむカッコイイ。
出来れば「パンダ」文字盤にして欲しかったけど、パンダ2トーンにしなかったおかげで見えてきたよ。
ニックネームは「ひつじのショーン」

イギリスのクレイアニメ「ウォレスとグルミット」のスピンオフ的な作品「ひつじのショーン」。
みんな知ってるよね?

イギリス発のROLEXにちょうど良いでしょ?

どう?

え?

聞こえない。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/jXBcE

スポンサーリンク
SNS Share