【2022年新作】パテック・フィリップ タイムレスなオリーブグリーン文字盤 コレクション3種

PATEK PHILIPPE
スポンサーリンク

Watches & Wonders Geneva NEW MODELS 2022

パテック・フィリップからWatches & Wonders Geneva 2022で発表された新作情報です。

所謂「スポーツモデル」は今年の新作にラインナップしておらず、皆んなの大好きなノーチラス5711は素材関係なくホームページから姿を消しています。

1976年から50年後の2026年にノーチラスの新作は発表されるかと思われますので、3針モデルを好む方々にはしばらくアクアノートが主流となります。

※プチコンなど複雑機構付きのノーチラスは継続しております。

2022年はロイヤルオーク50周年でしたので、その座を譲ったようにも思えます。スポーツモデルはオーデマピゲにどうぞ、と。我々は技術で十分勝負できるのだとね。

こちらが今年のパテック・フィリップ新作12モデル。

こちらの3モデルをピックアップ。

トレンドのグリーンカラーを採用しています。

年次カレンダー 5205R-011

5205R-011 年次カレンダー, ムーンフェイズ
6,424,000円 自動巻ムーブメント

曜日、日付、月を弧状に窓表示する年次カレンダー5205モデルは、2010年にホワイトゴールド仕様の2種類が発表されました。2022年、パテック フィリップは、このモデルを独創的でコンテンポラリーなカラーで再登場させました。ケースは、凹型ベゼル、側面のくぼみ、およびオープンワーク・ラグで際立っています。この洗練されたアーキテクチャーには、マニュファクチュール パテック フィリップの職人による入念なポリッシュ仕上げが全面に施されています。オリーブグリーンの文字盤には、ソレイユ仕上げと外周に向かって濃くなるブラック・グラデーションが華やかさを添えています。文字盤上部に配置された年次カレンダーの曜日、日付、月表示窓は完璧な読みやすさを持ち、最も重要な12時位置の日付表示窓には、ローズゴールドのフレームによりハイライトが与えられています。

サファイヤクリスタル・バックを通して、年に1度、2月末にのみカレンダー調整が必要な、特許取得の独創的なパテック フィリップ年次カレンダー機構を備えた自動巻ムーブメント、キャリバー324 S QA LU 24Hを鑑賞することができます。

ウォッチ
自動巻ムーブメント。 キャリバー 324 S QA LU 24H/206。 年次カレンダー。 曜日、日付、月を窓表示。 ムーンフェイズ。 24時間表示。 センターセコンド。
文字盤
外周に向かって濃くなるブラック・グラデーションのオリーブグリーン・ソレイユ、ゴールドのファセット仕上げ植字アワーマーカー。
ケース
ローズゴールド仕様。 サファイヤクリスタル・バック。 3気圧防水。 ケース径:40 mm。 厚さ:11.36 mm。
バンド
ラージ・スクエアのハンドステッチ・アリゲーター・バンド、カラーは手作業でパティナ加工を施した2トーン・オリーブグリーン。 ピンバックル。

キャリバー324 S QA LU 24H/206
自動巻ムーブメント
年次カレンダー。 ムーンフェイズ。 外径: 32.6 mm。 厚さ: 5.78 mm。 部品総数: 356個。 受けの枚数: 10枚。 石数: 34石。 連続駆動可能時間: 最小35時間、最大45時間。 自動巻ローター: 21金ゴールド中央ローター。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 28 800 (4 Hz)。 Spiromax®。 認定刻印: パテック フィリップ・シール

アニュアルカレンダームーンフェイズ 5205Rの新色です。

なんて言う表現が1番合うのかな?

ブラック・グラデーションのオリーブグリーン・ソレイユってカラーなんですかね。

難しい。

アニュアルカレンダーは毎年3月1日にのみ調整が必要ですが、毎日きちんとカレンダーが進んでいきます。

格好良いですね。

新色の渋い感じも早く見てみたい!

 

クロノグラフ 永久カレンダー 5270P-014

グランド・コンプリケーション 永久カレンダー搭載クロノグラフ 5270P-0144 24,464,000円 手巻ムーブメント

2011年に発表された永久カレンダー搭載クロノグラフ5270モデルは、1941年に発表された1518モデルに始まる、パテック フィリップを象徴するダブル・コンプリケーションの数世代にわたる伝統を受け継ぐものです。マニュファクチュール パテック フィリップは、このタイムピースを新たに解釈し、クラシックかつオリジナルなスタイルを持つモデルを創作しました。最も希少な金属でありながら最も加工が困難なプラチナの輝きが、凹型のベゼル、エレガントな段差のついたラグ、側面がサテン仕上げ、上面がポリッシュ仕上げのプッシュボタンを備
えたケースの時を超越したデザインを際立たせています。

スポンサーリンク

永久カレンダーは、日付の指針表示、6時位置のムー
ンフェイズ表示、そして12時位置に横に並んだ曜日と月表示窓がこの上ない調和を見せ、昼夜表示と閏年サイクルの丸い小窓がこれを補完しています。キャリバーCH 29-535 PS Qは、伝統的なアーキテクチャーと、クロノグラフに関する特許取得の6つの技術革新、そしてきわめて薄いカレンダー機構を特徴としています。

ウォッチ
手巻ムーブメント。 キャリバー CH 29‑535 PS Q。 クロノグラフ。 センター・クロノグラフ秒針。 瞬時運針式30分計。 永久カレンダー。 曜日、月、閏年、昼夜を窓表示。 日付を指針表示。 ムーンフェイズ。 スモールセコンド。
文字盤
ブラック・グラデーションのラック・グリーン、ゴールド植字アワーマーカー。
ケース
プラチナ。 サファイヤクリスタル・バックと通常のケースバックが共に付属。 3気圧防水。 ケース径:41 mm。 厚さ:12.4 mm。
バンド
ラージ・スクエアのハンドステッチ・アリゲーター・バンド、カラーはブリリアント・ブラック。 折り畳み式バックル。

キャリバーCH 29-535 PS Q
手巻クロノグラフ。 センター・クロノグラフ秒針、瞬時運針式30分計。 永久カレンダー、昼夜表示。 スモールセコンド。 ムーンフェイズ。 外径: 32 mm。 厚さ: 7 mm。 部品総数: 456個。 石数: 33石。 連続駆動可能時間: 最小55時間、最大65時間(クロノグラフ非作動時)。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 28 800 (4 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ式。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

プラチナケースのパーペチュアルカレンダークロノグラフ 5270P-014です。

グランドコンプリケーション。

凄ッ

会場の画像をお借りしてきました。

凄い存在感ですよ。

圧倒的オーラ。

 

TWENTY~4 4910-1200A-011

Twenty~4
1,782,000円 クォーツ・ムーブメント

1999年に発表されたTwenty~4は、女性のための最初のパテック フィリップ・コレクションです。活動的な現代女性の毎日をスタイリッシュに装うために創作されました。Twenty~4は、その名の通り、昼夜を問わずいつでも着用することができます。あらゆる場面に完璧にマッチし、時を超越したエレガンスの象徴としての地位を確立しています。

現代的で洗練された新しいオリーブグリーンの文字盤は、12時と6時位置の植字数字、《トラペーズ》植字アワーマーカー、丸みを帯びたバトン型時・分針と最適なコントラストをなしています。アール・
デコ様式からインスピレーションを得た、2重の段差を持ち、わずかに反った独自性溢れるケースのフォルムを、文字盤の両側に18個ずつ並んだダイヤモンドが強調しています。パテック フィリップのキャリバーE 15クォーツ・ムーブメントの機械的構成部品は、マニュファクチュールの他のムーブメントと同じ細心の配慮と卓越したクラフトマンシップにより製作、仕上げが行われています。

ウォッチ
クォーツ・ムーブメント。 キャリバー E 15。
文字盤
オリーブグリーン・ソレイユ、夜光付ゴールド植字アワーマーカーと数字。
ケース
ステンレススチール仕様。 ソリッド・ケースバック。 3気圧防水。 ケースサイズ:25.1 x 30 mm。 厚さ:6.8 mm。
ジェム・セッティング
ケースに36個のダイヤモンドをセッティ ング(約0.42カラット)。
バンド
ステンレススチール仕様。 折り畳み式バックル。

キャリバーE 15
クォーツ・ムーブメント
ケースサイズ: 25.1 × 30 mm。 厚さ: 1.8 mm。 部品総数: 57個。 石数: 6石。 毎時振動数: 32,768 Hz。 電池: 1.55 V酸化銀電池。 電池寿命: 約3年。

オリーブグリーン・ソレイユですね。

昨年のノーチラスと同じカラー。

もうこのノーチラスも無いもんね。

パートナーとお揃いで着けるのは非常に困難。

 

まとめ

いかがでしょうか?

「【2022年新作】パテック・フィリップ タイムレスなオリーブグリーン文字盤 コレクション3種」でした。

トレンドのグリーンですが、パテックフィリップのオリーブグリーンは深い渋い色合いですね。

メンズモデルはなかなか手の出せる価格帯ではありませんが・・・

それではまた!

 

【2022年新作】パテック・フィリップ 現代的なヴィンテージスタイル コレクション4種
Watches & Wonders Geneva NEW MODELS 2022 パテック・フィリップからWatches & Wonders Geneva 2022で発表された新作情報です。 所謂「スポーツモデル...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました