【レビュー】ロレックス 新型デイトナ 116500LN 黒文字盤

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 黒文字盤「やっぱり超絶欲しい!」

生まれて初めてデイトナに恋をした(笑)。

セラクロムベゼルが、こんなに素敵だなんて!最高です。

2016年バーゼルワールドにて彗星のごとく登場したニュー・デイトナ Ref.116500LN。

国内では早くも5月にリリース開始。皆が早く値段下がれと願っているハズ(笑)!

欲しい・欲しいを抑えて、まずはレビューをじっくり見てください。

白文字盤が欲しかったけど黒文字盤も格好良いです。

Hands-On – The New Rolex Daytona 116500LN

2016年に新登場した新型コスモグラフ デイトナ 型番116500LN。
「黒文字盤の方が人気で値段が高い」と言う今までの常識を覆し「白文字盤」の116500LNがより支持されています。
白文字盤人気の理由に
「アクセントの強い白地にインダイヤルの黒サークルが格好良い」
「手巻きデイトナがモチーフになっている」
などが、あるかと思いますが・・・
私が思うに「画像」、インターネットに出回っている画像やロレックスの公式HPの画像が「白」の方が格好良く撮れているだけなのでは?と思っています。

こうして手に取って見ると、光沢があるセラクロムベゼルと、更にシャイニーな黒い文字盤が「白文字盤」に比べいっそうゴージャスに輝きを放つのです。

白文字盤と一緒に比べた画像が必要でしたね・・・。
でも画像だと白の方が格好良く映るのかな?

116500LN レビュー

 (90550)

外箱の上の保護カバー(厚紙製)。

モデルナンバーのシールが貼ってあります。
わくわくですね。

 (90559)
昔のグリーンカラーの外箱の方がロレックス感が出ていましたが、オシャレなベージュカラーの外箱です。
画像では見づらいですが、エンボス加工の王冠マークが大きく鎮座しています。
またサイドには貼っても剥がしやすい3M的なシールに型番とシリアルナンバーが記載されています。
中身を間違えることはありません。
 (90560)

冊子とギャランティカード。

カードには偽造防止など我々にはわからない加工がきっとされているのだと思います。

 (90562)

黄金の王冠バッジの付いた深いグリーンの内箱。

2016年 11月の印が押されたギャランティカード。

 (90563)
ドーン!
 (90564)
あっ!10時10分になってない・・・
 (90566)
格好良いですね!

116520と比べ「ベゼルだけ交換されたくらいだろ?」と舐めていたらいけません。

 (90568)
全体的なオーラーが一回り大きくなった感じです。

ブレスレットの調整をすれば140グラムくらいでしょうか。
非常に軽く、着けていても邪魔じゃありません・・・が、インパクトは大!

 (90569)
なんでしょう・・・
今までデイトナに感じたことがない「存在感」を発しているのです。

正直なところ「デイトナは高いから格好良い」みたいな風潮ありますよね?
「100万円するから、サブより格好良い。」
とか、
「売ってないから欲しい」
みたいな。

ですが、この新型デイトナはそんな穿った意見を寄せ付けない
「有無を言わせない格好良さ」をもっているのです。

あぁ・・・表現がチープで申し訳ないです。
本当にね・・・こう伝わらないですかね?
凄いんですよ(笑)格好良さが。

 (90571)
たかが「クロノグラフ」ですよ。

クロノグラフは複雑機構ではあるものの、5万円から買える機能ですよね?
それが何で定価が130万円もするんだ?と。

手に取ったらわかります。
あぁ・・・100万円だな。って。

ルーペで除けばわかります。
これは10万円、20万円じゃ作れないな。って。

 (90573)
仕上げの美しさ。
全体のバランス。
着け心地。

指が、手が、肌が触れた時の心地よさ。

ビジュアル、知名度、ステイタス性。
完璧ですね。
キング オブ ロレックス、キング オブ クロノグラフ。
皆が欲しくなる腕時計ですね。

 (90575)
まがい物には真似できない、仕上がりとオーラ。
 (90577)
鏡面仕上げには「ゆがみ」1つ無く、梨地加工と相まって高級感が漂います。
 (90580)
しっかりとしたブレスレット。

当たり前ですが、ヨレなど新型にはありません。

 (90581)
鏡面仕上げになっているバックルのプレート。
116520の最終形態と同じです。
 (90582)
イージーリンクは、5mm単位で微調整が可能です。
 (90584)
12時側7コマ、6時位置6コマ。

クラウンのは王冠ロゴ。

 (90586)
ブレスコマのサイドは鏡面なので、キズが付きますね。
 (90589)
接写開始。

文字盤の王冠ロゴと、5段表記。

 (90591)
マーク1ダイヤルは「ヒゲなし」DAYTONA表記。

Dなど飾り字ではなくゴシック体。

 (90781)
ちょびっとモコっとなっているフォント。

たしかに飾りのヒゲはありませんね。

 (90592)
セラクロムベゼル。
セラミックに彫られた数字とマーカー。
中は梨地仕上げされています。
ヘリも黒ではなくシルバーに塗装されています。
 (90784)
あっ!
気付かなかったけど、中に糸くずが(笑)

塗装のはみ出しとかは、ありません。

 (90593)
見えづらいですが、王冠レーザー透かし。
 (90787)
拡大してもダメでした(笑)
 (90594)
マーク1ダイヤルは「ビッグスイス」。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/0NIoi

 

【レビュー】ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)