【レビュー】ロレックス 116000 オイスター パーペチュアル 36 ブルーダイヤル

スポンサーリンク

Rolex Oyster Perpetual 36 Ref.116000 Blue

ロレックスの入門機で、シンプルさが売りのオイスターパーペチュアル 36mm Ref.116000。

2008年から続くロングセラーモデルです。

デイト表示が無いので、複数本所有される方でもわずらわしさが無く重宝されます。

エクスプローラーIも良いですが。39mmが大きいと感じる方にもオススメですね。

今回は人気の3.6.9のインデックスが特徴のブルー文字盤を見ていきます。

36mmですが、そんなに小さく感じませんね。

6桁になりケースにボリュームが出たことで、安っぽい感じが払拭されたのがグッドポイント。

Chrono24を覗いてみました。

保証書付きになると50万円を切るのは見つけるのが大変。

国内定価は550,800円なので、中古でもほとんど安くなっていません。

現在のカラーバリエーションはこんな感じ。

3.6.9はブルーだけとなっています。

以前国内マーケット限定でブラック3.6.9がリリースされ、今でも人気がありますね。

単純にエクスプローラーIに似ていると言うのが理由だと思います。

こちらのブルー文字盤なら、ブルーの美しさを味わいながらエクスプローラーI風も楽しめます。

光の入り方で黒にも見えますしね。

落ち着いたカラーなので、スーツにも合います。

若い方だけでなく、40代のオジサンサラリーマンでも格好良くシンプルに着けられると思います。

ブラックライトを照射・・・

現行機ですがクロマライトを使っていません。

グリーンに光ります。

スポンサーリンク

バックルはシンプルで頑丈。

ダブルロックじゃありませんが、昔のシングルほど簡単には外れませんのでご安心ください。

サンレイブルーにアプライドインデックス。

ストレートの針が端正な顔立ちに。

キャリバー3130搭載で高精度クロノメーター。

防水ももちろん100m。

114270エクスプローラーIよりも、ずっしりとしていますが調整後の重さが約124グラムなので重すぎはしません。

ちょうどいい感じです。

そろそろキャリバー3230へと進化し、値段も少し上がりそうです。

代わりにロングパワーリザーブになるので、スペックを考えるならもう少し待っても良いのかも。

いかがでしょうか?

エクスプローラーIにも似たカジュアルな一面もあるブルー文字盤3.6.9。

高級感もあり、シンプルで飽きのこない長く付き合えるグッドウォッチです。

最近では正規店の店頭で品切れをおこすほど人気の様です。

オイパペの愛称で親しまれているベーシックモデルですので、ハズれはありません。

オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 116000 Mシリアル 日本限定ダイヤルのオイスターパーペチュアル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)