【レビュー】セイコー プロスペックス SBDC059 グリーンダイヤル ダイバースキューバ 数量限定モデル 1000本

SEIKO Prospex 200M Diver Automatic SBDC059 1000 pcs Limited Edition

2018年新作ダイバースキューバ 数量限定モデル SBDC059。

昨年リリースされたSBDC051 (国産ファーストダイバー現代解釈版)の新バリエーションになります。

回転ベゼルはブラックカラー、ダイヤルはグリーンとインパクトあるデザインです。

明るいグリーンのダイヤルは南国のサンゴ礁を表現しているそうです。

国内定価は108,000円、限定数は1000本。

Xマーク付きダイヤル、200m防水、日付表示。

自動巻きキャリバー6R15、ケース径42.6mm 厚さ13.8mm、重さ189グラム。

SBDC051とスペックの違いはありません。

メタルブレス。

仕上げなどは値段相応ですが、必要充分。

最大の特徴はグリーンカラーでしょうから、この色味が気に入ったらそれで良いのです。

安っぽさが嫌なら10倍のお金を出してロレックスのグリーンサブマリーナーを買えば解決します。

1000本中の何番目かのナンバリング刻印付きでテンション上がりますね。

サイドビュー。

シンプルなクラウンガードなしデザイン。

仕上げに現代的な再解釈がありますね(謎)。

武骨さの中にどこかオシャレなポリッシュ仕上げを差し込んできた感じで立体的な見た目になっています。

逆サイド。

視認性の良い大ぶりなハンズとインデックス。

グリーンのダイヤルは南国のサンゴ礁を表現しています。

ハンズはゴースト仕様でゴールドカラー。

インデックスもゴールドカラー。

日本製JAPANの記載。

楽天市場でもまだたくさん売っていますね。

1000本は多かったかな。

いかがでしょうか?

ビジネスシーン向きでは無いので、休日に愛でる感じになるかと思います。

ファーストダイバーの現代解釈版はスペックも値段も比較的良いので若い方のファーストウォッチにも悪くないと思いますが・・・このモデルはセカンドウォッチ以降でしょう。

海外展開のプロスペックスはもっと安くて大きなスペック違いが無いので、どこまで日本人の心に刺さるデザイン・販促ができるかどうでしょうね。

海外展開モデルが安すぎるってのもありますけどね。

では!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)