【レビュー】グランドセイコー メカニカルハイビート36000 GMT SBGJ005 限定600本

「深翠」グランドセイコー メカニカルハイビート36000 GMT SBGJ005 世界限定600本 レビュー

キャリバー4420を乗せ1967年にリリースされた銘記44GSから脈々と続く独特のケースライン。

毎時36,000ビートの自動巻きキャリバー9S86を搭載したGMT機能つき自動巻きモデルSBGJシリーズから、世界限定600本のグリーンダイヤルSBGJ005を今回はレビューしていこうかと思います。

グランドセイコーの魅力を少しでもお伝えできれば!

Grand Seiko Hi-Beat GMT Limited Edition SBGJ005

2014年にリリースされたのはハイビートムーブメント・キャリバー9S86を搭載した
世界限定600本(マスターショップ限定)SBGJ005です。9S86は自動巻きムーブメント・キャリバー9S85にGMT機能を追加した新キャリバーです。
より世界を股に掛けたビジネスマンにフィットする作りになったグランドセイコーですね。
40mmのケースサイズ、14mmのケース厚
耐磁性能と100m防水も兼ね揃えたタフネスなドレスモデルです。
実用高級時計ですね。
定価は712,800円(込)
シースルーバックで裏からムーブメントが覗けます。
パワーリザーブも55時間あり、土日に使用しなくても月曜もまだ動いていて便利です。ノーマル(レギュラー)モデルにSBGJ001(白)とSBGJ003(黒)がありますが、
やはりマスターショップ限定です。
定価は30,000円ほど安く設定されています。
 (88194)
画像では伝わりづらいのですが、深い緑色の文字盤です。
黄色のGMT針がアクセントになっていますね。やはり大きくても40mmくらいのケースサイズが本当に良いですよ。
特にビジネスシーンには、40mmオーバーは大きすぎる気がします。
大きい方が格好良かったりするんですけどね。
 (88195)

シースルーバックから覗く、キャリバー9S86。

獅子マークのローターは「円」になっていますね。
※通常のローターは扇型の錘
このゴールドカラーのローター(回転錘)はなんとチタン製(金色はSBGJ005の特別仕様)。

パテックやオーデマなど振り子(ローター)には21金や22金を使っています。
見た目の美しさもありますが、「重い」ローターを使用することで効率よくゼンマイを巻き上げるためだったと思いますが、セイコーは「軽い」チタンを使います。
軽く丈夫なためムーブメントに優しいのですね。
そのため大きく「円」状になったローターなのかも知れません。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/17QMy

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)