40mm以下の復刻デザインの薄型腕時計で、ブルーとグレーの文字盤かイエローゴールド素材が流行っている。ストラップ交換もね

腕時計のトレンドワード「40mm以下」「薄型」「復刻」「ブルーとグレー」「ストラップ交換」「イエローゴールド」

最近の腕時計のトレンド・キーワードから紐解く、今後の動向と「何を今買えば」数年後に後悔しないのか、ボーナスシーズンに入るこの時期「買って損のない」モデル選びに役立ててもらえたらと思います。

今回のキーワードは「40mm以下」「薄型」「復刻」「ブルーグレー」「ストラップ交換」「イエローゴールド」です。

腕時計のトレンドワード「40mm以下」

GLOBEMASTER OMEGA CO-AXIAL MASTER CHRONOMETER 39 MM

130.30.39.21.03.001
799200 JPY
少し前までは腕時計のトレンド言えば「デカ厚」ブームでしたが、
最近では、少しずつですが大き過ぎない・ぶ厚過ぎないモデルが増えてきているように感じます。更に時計ショップでの「人気」「売れ筋」もデカ厚は淘汰され始め、
正直なところ「元祖」のパネライでさえも売れ筋から外れてきているのではないでしょうか。パネリスティのわたしも残念でしょうがありません。

各メゾンも新作は40mmを超えないモデルを出し始めております。

例えばIWCからはマーク・シリーズの最新作マーク18が40mmにサイズダウンし、
更に36mmのパイロットウォッチも発表しました。
36mmと聞くと、「え?小さい」と感じてしまいがちですが、
ロレックス 114270や14270のエクスプローラーⅠと同じなのです。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/TvRAU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)