【転載】認定中古? ロレックスは正式に中古時計を販売する準備が整ったのだろうか?

ROLEX
スポンサーリンク

劳力士官方准备卖二手表了?

中国の時計フォーラムサイトから、「劳力士官方准备卖二手表了?」と言う記事がありましたので転載いたします。

また面白そうな見出しですね。

ロレックスが正式に中古時計の販売に乗り出す?的なタイトルです。

認定中古ウォッチは成功するのか?
CERTIFIED PRE-OWNED WATCH 「認定中古」と言うワードを腕時計の業界でも耳にすることが増えてきました。 皆さんご存知でしょうか? 認定中古車や認定中古マンションなどが有名なサービスですかね?、一般的な...

↑以前「認定中古」について書きましたが、既に複数のメーカーが始めています。

価格が多少高くとも利用したい方はいるので、面白いサービスだと思いますね。

私個人的にはロレックスも魅力的ですが、グランドセイコーなども始めて欲しいな~なんて思って以前問い合わせましたが今後もやる予定はないとか・・・悲しい。

さて、本当に「あの」ロレックスが、そんな事を始めるのでしょうか?

見ていきましょう。

 

今回もGoogle先生とDeepL先生にお願いして転載翻訳しております。

ロレックスは正式に中古時計を販売する準備が整ったのだろうか?

元の記事はこちら

「謎」を解き明かすために来たんです!。

昨日の午後、「ロレックス、天然ガスの影響で生産を停止し減産へ」のニュースが画面を飾りました。 このニュースを確認するのに私は長い時間を費やし、そして昨夜「この疑問」の投稿があることを確認しました。

それを確認する過程で、ある人から超一級のニュースを聞かされ、更に驚かされたのです。

ロレックスは来年、消費者がロレックスの中古時計をディーラーを通じて売買できる中古時計事業を開始する予定である、と言うものです。

すでに、欧州の複数の大型ディーラーとの間で実現可能性の話が進んでおり、交渉段階に入っていると言うのです。

とは言えロレックスは、ハンマーで叩かれる最初の時計ブランドではありません。 オーデマ・ピゲやリシャール・ミルは、いずれも認定中古の時計ビジネスを展開しています。

中古時計は非常に収益性が高いのが魅力でしょう。 しかし、時計ブランドにとってより重要なことは、中古時計の価格が、ブランド価値だけでなく、新製品の市場にも直接影響を与える可能性があるということです。

ブランドそのものの下にあるということは、より良いコントロールができるということです。

詳細については、今のところ4つのことが分かっています。

第一に、中国市場を最初のパイロットマーケットに含めるべきではありません。

ロレックスの方針は、中国市場とヨーロッパ市場では常に異なっているからです。 最もわかりやすい例は、ヨーロッパでは、人気のあるプレミアムモデルを購入できるのは、これまでの購入履歴を持つ地元の太い常連客であるということです。 しかし、中国では抱き合わせや入札の必要性があるです。

第二に、販売店は中古時計を受け取ったら、その時計をロレックスのサービスセンターに送り、ロレックスの要求に完全に適合するようにメンテナンスと修理を依頼する必要があるでしょう。

メンテナンスと修理の後、ロレックスはパテックフィリップと同様の公式証明書(アーカイブ)を発行し、その時計がロレックスでメンテナンスと修理を受け、ロレックスの基準を満たしたことを証明します。 この証明書は、同時に、保証を受けた時計が保証を更新したことを証明するものでもあるのです。

延長保証書と保証書の2枚になるのは、オーデマ・ピゲのサービスと同じです。修理された延長保証書付きの時計が、同じ問題で 1 年間の保証を受けることができます。

第三に、個人とディーラーの両方が中古時計をロレックスのサービスに送って証明書を発行することができます。

ただし、ロレックスのサービスでは、販売店から送られた中古時計と個人から送られた中古時計を区別し、現在のロレックスの方針と同様に、販売店から修理に出された時計が個人から送られた時計より優先されることになっています。

第四に、ロレックスは中古のリサイクル価格の目安を提示します。

携帯電話のリユースのようなもので、価格が明確に表示され、さまざまな状況に応じてさまざまな価格が提示されます。

時計愛好家にとって、これは朗報です。 価格の透明性が高まるので、相場を知らなくても、中古ショップに売るときに死ぬほど圧力をかけられる心配がなくなるからです。

また、公式リサイクル価格の出現は、一部の中古時計販売店の存続を圧迫し、食い尽くしてしまうかも知れません。

新品を販売する際、販売店は中古時計のリサイクル販売も自社で行っていることを消費者に伝えています。 一つはパーソナル、もう一つはオフィシャルで、同じ条件であれば、消費者は間違いなくオフィシャルを選びます。 このとき、時計販売店が中古時計をリサイクルしようとすると、どうしても正規品よりも高い価格を提示せざるを得なくなります。これはあくまでもリサイクルのための追加コストです。

販売プロセスも同様です。 中古時計も販売するのであれば、時計販売店よりも正規店の方が本質的に信頼性が高く、同じ条件であれば99.9%の消費者は間違いなく正規店から購入することを選択します。 時計販売店がビジネスを獲得したい場合は、必然的に販売価格を下げるか、少なくとも正規店より安くする必要があるでしょう。

スポンサーリンク

リサイクルするために高いお金を払って、安く売らなければならない場合、どれくらいの利益が出るのでしょうか?

もうひとつ忘れてはならないのは、ロレックスを修理サービスに送って鑑定書を発行してもらうのに、時計販売店よりも時間がかかるという点です。 この期間中、時計ディーラーにとって、資本保有コストの増加になります。

効率はお金です、友よ。人気のあるモデルは、迅速な回転が必要になります。

ロレックスの中古時計市場への取り組みは、今年や去年からの話ではありません。

実はこのブランドは、かなり早い時期から中古時計市場に影響を与えようとしていたのです。 126系モデルのシリアルナンバーが、雑な数列に交換され始めたのは、アルファベットで年式を判断され、価格の違いに差をつけられるのを避けるためではないでしょうか?

中古時計ビジネスの裏には、以前から噂されていたポイント制と合わせて、「ロレックスはVIPが時計を私的に売却することを黙認している」と解釈できるのではないでしょうか。 よく言えば、私的擁護者の存在が認められているのです。

ポイントシステムの最大の受益者は、個人であれ、時計販売店であれ、間違いなくVIPである。 公式の案内価格とそれに対応する証明書の存在は、ブランドが中古時計を個人的に保証しているのと同じであり、信頼性の問題を解決するものである。

セカンドマーケットが低迷している今日、これは一発逆転に他なりません。 もしかしたら、本当に市場を動かすことができるかもしれません。

しかし、ロレックスの中古時計事業の立ち上げは、同ブランドのオールニューモデルの販売に影響を与えることは間違いないでしょう。

以前、多くの消費者が中古時計を拒絶した理由の大部分は、モデルの真贋を心配したためです。 ブランドの後ろ盾があれば、このような問題はなくなりますね。 新品に対する中古時計の価格優位性は、多くの人にとって魅力的なものになるでしょう。

ひとことあるとすれば・・・ 個人的には、やはりあの時、新しい時計を買うべきだった。前の持ち主がどんな使い方をしてきたのかが分からないから・・・・。

しかし、ブランドにとっては、中古時計市場に参入するメリットがデメリットを上回っています。

現在、市場には非常に多くの中古時計が流通しており、市場が高騰している場合は問題なく、ブランド価値に大きな影響を与えることはありません。しかし、市場が下落し続け、介入がなければ、雪崩が続くままにしておくと、ブランドが一生懸命に築き上げてきた市場イメージが完全に破壊されるのではないでしょうか?

歴史が教えてくれます。ブランドが最高点から底に落ちることは、壊滅的なことです。ブームが衰退に転じたのは、ブランドが多すぎるからです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

「【転載】ロレックスは正式に中古時計を販売する準備が整ったのだろうか?」でした。

なるほど、「噂」の段階ですが、ヨーロッパではスタートする可能性が「ゼロ」ではなくなっているようですね。本当かな?

①中国ではルールが違うので始めない②アーカイブで保証する③一般人の時計にもアーカイブを発行する④中古価格をロレックスが提示する

ちゃんと翻訳できてないせいで微妙なニュアンスが伝わらず理解ができないな・・・残念。

う~ん・・・

このライターさんの懸念しているのは「新品」でも正規ディーラーが中古として定価より高く買うVIPの錬金術ループが生まれることみたいですね。

PPやAPの様に本国が販売する方を決めるみたいな流れは年間100万本ちかい数字を誇るロレックスには向いてませんので販売するスタッフとお客さんが結託する可能性は出てきそう。

なので新作や現行品はダメでしょう、きっと。販売から5年10年経過したもの以外は受け付けないとかの方がしっくりくる気もします。私個人的には4桁のヴィンテージモデルなんかが正規の保証付きで販売されたら熱いと思いますがね~。

そして1番難しいのは売買価格ですよね・・・現在のセカンドマーケットよりも安く後継モデルの定価以下に設定するとしたら即完売してしまうでしょう。引き取り額も安いので広まらない気もします。

土掘れば出てくるものではないので、中古ディーラーたちよりも魅力的な価格で引き取り、正規の保証を付けて魅力的な価格で再販する・・・なんてことは、できないですよね?

ロレックスの場合「定価以下」の概念が無いので・・・どうなることやら。

企画段階でとん挫しちゃいます。

それではまた!

 

【2022年新作】パネライ 新作まとめ 7種と新サービス「時計交換プログラム」
WATCHES & WONDERS 2022 パネライから2022年の新作情報です。 4/5でウォッチズ&ワンダーズは終了しますが、皆さんの印象に残ったモデルはありましたか? 私も完全には全てを追えていませんので、...
【転載】ロレックスに「対抗」できるのは、この2ブランドだけだ!
可以“抗衡”劳力士的,只有这两个牌子 中国の時計フォーラムサイトから、「可以“抗衡”劳力士的,只有这两个牌子」と言う記事がありましたので転載いたします。 また面白そうな見出しですね。 「ロレックスに「対抗」できるのは、この...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました