40代にオススメ オンオフ使えるグリーン文字盤 3針デイト防水時計 3選

DATE JUST
スポンサーリンク

3 hands + date + water resistant

今回は「人気メーカー」からトレンドカラーの「グリーン文字盤」を採用した「人気モデル」をピックアップして比べてみようと言う内容です。

40代のセカンドウォッチにオススメ!

ん?なんでセカンドウォッチかって?

やっぱりグリーン文字盤は1本目じゃないと思うんですよね、なんとなく。

いやダークトーンで落ち着きがあるのでスーツにも合いますし、今回オススメする3モデルとも防水機能がしっかりしていますのでオンオフ問題なく活躍します。

しかし、1本目は黒かシルバー(ホワイト)でしょう。最近はブルー(ネイビー)やグレーを選ぶ方も増えていますが、グリーンダイヤルはねぇ・・・(考えが古いオッサン的かしら)

飽きないのであれば1本目でも良いです(ナンナンダヨ)。

とにかく、良い時計にグリーンダイヤルが乗っかってるってことで「オススメ」しちゃいますから(グリーン人気に懐疑的)。

ポイントです。

長く使える3針デイト表示だけのシンプルな機能、長く使えるスティールケース、ドレッシーでもありスポーティでもあるスムースベゼル。

価格も100万円前後で絞ると、うん!この3本しか無いな。

 

という事で、高級感と耐久性に優れた傑作3本、さっそく見ていきましょう。

SLGH011

1本目はグランドセイコー エボリューション9 メカニカルハイビート ”白樺グリーン” SLGH011です。

傑作ムーブメント キャリバー9SA5を搭載したグランドセイコー一押しの機種に、深いグリーンの白樺柄文字盤がセットされています。

こちらはグランドセイコーのブティックオンライン専用モデルとなっていますが和光(セイコーハウス銀座)なら実機のサンプルが見れると思います。

定価は1,045,000 円と今回の3本の中では1番高額ですが、その分スペックは確かなもの。

グランドセイコーが推すムーブメント キャリバー9SA5搭載機には100万円以下が残念ながらありません。

文字盤の拡大。白樺の刻みがしっかり入っていますね。渋格好良い。

白樺シルバーでは秒針が青かったですが、白樺グリーンはシンプルにシルバーで統一されています。

外装
外装 : ステンレス 裏ぶた:ステンレスとサファイアガラス
ガラス材質 : ボックス型サファイア
コーティング : 内面無反射コーティング
ケースサイズ : 横 40mm 縦 47mm 厚さ 11.7mm
中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式
ムーブメント
ムーブメント : 9SA5 取扱説明書
駆動方式 : メカニカル 自動巻(手巻つき)
駆動時間 : 最大巻上時約80時間持続
精度 : 静的精度:平均日差+5秒~-3秒
機能
防水 : 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁 : あり
その他 :
・シースルーバック
・スクリューバック
・ねじロック式りゅうず
・カレンダー(日付)機能つき
・秒針停止機能
・裏ぶた獅子の紋章つき

ハイビートで精度も良く、耐磁性能・防水性能も日常生活では充分なスペック。

シースルーバックなのでムーブメントが覗けるのも良いポイントですし、なんと言っても80時間のロングパワーリザーブが魅力的。

 

220.10.41.21.10.001

2本目は、オメガ シーマスター アクアテラ 150m コーアクシャル マスター クロノメーター 41mm 220.10.41.21.10.001 です。

アクアテラは社会人にオススメされるモデルとしてお馴染みですね。

少しブラウンがかったグリーンダイヤルが他のメーカーと異なり独特。

ウッドデッキイメージのチークコンセプト(横ストライプ)文字盤と相まって高級感があります。

アイコンにもなっている矢印型(アローハンド)の長針が好みを分けますが、気軽に着けれるカジュアルさを良しとするのであればオススメできます。

私にオススメされなくても非常に売れていますので高評価なのは間違いありません。

国内定価は726,000円、また今月下旬に価格改定がありそうなので気になる方は早めに検討ください。

技術仕様
ブレスレット: ステンレススティール
ラグの間のサイズ: 20 mm
ケース: ステンレススティール
ケース直径: 41 mm
ダイアルの色: グリーン
クリスタル風防: 両面に無反射加工を施したドーム型強化無反射サファイアガラス
防水: 15 気圧 (150 メートル / 500 フィート)
ムーブメントタイプ: 自動巻き
ムーブメント キャリバー オメガ 8900
コーアクシャル エスケープメント搭載の自動巻きムーブメント。METAS認定のマスター クロノメーター。15,000ガウス以上の耐磁性能。シリコン“Si14”製のフリースプラングテンプ、2重香箱、両方向巻き上げ式ローター。タイムゾーンファンクション。アラベスク調ジュネーブウェーブが美しいロジウムプレート加工が施されたローターとブリッジ。
60時間 パワーリザーブ
振動数 3,5 HZ
機能
ねじ込み式リュウズ
クロノメーター
シースルーケースバック
タイムゾーンの機能
マスター クロノメーター認定
日付表示
超高耐磁性能ムーブメント

スポンサーリンク

アクアテラはシーマスターファミリーなので3本の中では1番防水性の高い150m防水。

そして圧倒的な耐磁性能。パワーリザーブは最下位ですがそれでも60時間ありますので金曜日の夜に外してもギリギリ月曜日の朝は動いていますので充分でしょう。

デザイン的にもデニムにも合いますし土日にも活躍します。

 

126200

最後のオススメは、ロレックス デイトジャスト 36mm 126200です。

グランドセイコーが40mm、アクアテラが41mmでしたので、敢えてロレックスは41mmではなく小振りな36mmをご提案。

デイトジャストは41mmの方が人気のようですが、私のような細腕オジサンには36mmの方がフィットします。

エクスプローラーも36mmですし、けっして小さくはありません。

私の腕周りは16cmほどで、36mmを着けるとこんな感じ。

バランスが良いです。

中でも丈夫な3連オイスターブレスレットをオススメ、この組み合わせの定価は804,100円です。

新作のミントグリーン以外にも、パームダイヤルもグリーンダイヤルですね。

どちらの文字盤も人気で、なかなか正規店で買えないのがネックです。

仕様
リファレンス 126200
モデルケース オイスター、36 mm、オイスタースチール
オイスター アーキテクチャー モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ
直径 36 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル ドーム
リューズ スクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性 100 m/330 フィート防水
ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー 3235、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 時針、分針、秒針。瞬時に変わる日付表示、日付の早送り機能付き。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 常磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング。高性能パラフレックス ショック・アブソーバ
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 70 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
クラスプ オイスタークラスプ、 イージーリンク(約5 mmのエクステンションリンク)
ダイアル
ミントグリーン
詳細
クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

デイトジャストのフィット感と言いますか肌触りと言いますか、着けてて嫌な点が無いところが優秀。疲れません。

防水性・パワーリザーブも申し分なし、文句のつけようがありません。

好みに合わせてサイズ、ベゼルの形状はお任せです。

そういえばロレックスは保証期間内の文字盤交換が不可になりましたね。

なので最初から組み合わせを決めて買わないといけなくなり、更に欲しいモデルのハードルが上がったと言えます。

 

まとめ

いかがでしょうか?

「40代にオススメ オンオフ使えるグリーン文字盤 3針デイト防水時計 3選」でした。

正直、グリーンカラーの文字盤って皆さんお好きですか?

手に取ればカラーが良いのはわかるのですが、何年後も同じように飽きずに使えるのか心配です。

なので、セカンドウォッチに最適、トレンドも味わいたいですもんね。

使ってみなきゃわからないこともあります。

スペックは比較すれば3本で多少の上下はありますが日常生活には充分ですし、どのメーカーもメジャーなのでメンテナンス環境も揃っています。

比較的リセール価格も悪くないでしょう。

安心して使えますね。

新しいもの好き、国産好きならグランドセイコー一択でしょうか。

白樺格好良いんですよねぇ。これからのスタンダードになるモデルです。

個人的に仕上げはロレックスのデイトジャストが1番良い気がします。

5年後の文字盤交換も楽しみですよね。

アクアテラは磁気に超強いのがストロングポイントです。パソコンを長く使う方にはオススメでしょう。

178グラムのグランドセイコー、150グラムのアクアテラ、120グラムのデイトジャスト36。

グランドセイコーは少し重いですね。

11.7mmのグランドセイコー、13mmのアクアテラ、12mmのデイトジャスト36。

グランドセイコーが少し薄いですね。

さぁ、皆さんならどのモデルを選ぶしょうか?

どれもオススメ。

どれも着けたい(私が)!

今が旬のグリーンダイアルでした。

それではまた!

 

【2022年新作】SLGH011 グランドセイコー “白樺グリーン” キャリバー9SA5 ハイビート36000
Grand Seiko Evolution 9 Collection Green Birch SLGH011 ¥1,045,000- グランドセイコーから2022年の新作情報です。 キャリバー9SA5を搭載したレギュラーモデルに...
【魅惑のグリーンダイヤル】100万円以下のスティール3針デイトウォッチ 5選
The green face is attractive 「魅惑のグリーンダイヤル」という事で、今回はオシャレな緑色のダイヤルが魅力的なスティールウォッチをピックアップ。 以前ブルーやグレーの文字盤でやった内容ですので、擦り記事...
ロレックス1本か オメガ3本か?あなたならどちらを選びますか?
One Rolex or three Omega's? Which would you choose? 腕時計は何本あれば充分なのか?なんて人それぞれですが、毎日使うのであればコレクターでなくとも数本所持していたいところ。 多す...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました