【2022年新作】SLGH019 グランドセイコー ブライトチタン ブルー / SLGH013 44GS キャリバー9SA5 ハイビート36000

GRAND SEIKO
スポンサーリンク

グランドセイコーのホームページに画像だけ掲載されていました。

価格からSLGH019はブライトチタン製だと思います。

文字盤の記載から80時間のロングパワーリザーブのハイビート36000 キャリバー9SA5 を搭載しています。

詳細が分かりましたら追記していきます。

追記

GRANDSEIKO USにSLGH013がラインナップされました

追記

SLGH013の情報が国内も発表になりました。2022年10月07日 発売予定です。

追記

SLGH019の情報が発表になりました。2022年11月発売予定でグランドセイコーブティックオンライン専用モデルです。

Grand Seiko Evolution 9 Collection & SLGH019Grand Seiko Heritage Collection SLGH013

SLGH019 冬の岩手山

SLGH019
1,210,000円(税込)
グランドセイコーブティックオンライン専用
2022年11月発売予定

外装: ブライトチタン 裏ぶた:ブライトチタンとサファイアガラス
裏ぶた仕様: シースルースクリューバック
ガラス材質: ボックス型サファイア
コーティング: 内面無反射コーティング
ケースサイズ: 横 40.0mm 縦 47.0mm 厚さ 11.7mm
バンド幅: 22mm
中留: ワンプッシュ三つ折れ方式
腕周り長さ(最長): 192mm
ムーブメント: 9SA5
駆動方式: メカニカル 自動巻(手巻つき)
駆動期間: 最大巻上時約80時間持続
静的精度: 平均日差+5秒~-3秒
グランドセイコー独自の規格に基づき、工場出荷前にムーブメント単体の状態で、6姿勢差・3温度差の条件下で測定した場合の精度です。実際にお客様がご使用になる環境下での精度(携帯精度)とは異なります。また、メカニカルモデルの特性上、ご使用になる条件(携帯時間、温度、腕の動き、強いショックや振動)によっては、前記の精度の範囲を超える場合があります。
携帯精度: 日差+8~-1秒
防水: 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁: あり
重量: 114 g
その他:
ねじロック式りゅうず
耐メタルアレルギー

冬の岩手山を想起する、グランドセイコーブティックオンライン専用モデル
冬の岩手山は、澄み渡る星空の下で、雪明りに浮かび上がる幻想的な姿を見せます。
9Sメカニカルモデルを代表する一つである岩手山の山肌を表現したダイヤルパターンと透明度の高いブルーを組み合わせたダイヤルは、力強いEvolution 9デザインでもひと際目を引きます。

本モデルには、メカニカルハイビートムーブメント「キャリバー9SA5」が搭載されています。デュアルインパルス脱進機(高効率な脱進機)やツインバレル(二つの動力ぜんまい)を採用することにより、毎時36,000振動のハイビートでありながら最大巻上時には約80時間駆動を達成するとともに、独自の水平輪列構造によって薄型化を実現しています。

SLGH019

愛される岩手山ダイヤルと、グランドセイコーのデザインとエンジニアリングの未来が出会う。

グランドセイコーで最も美しく、最もよく知られているのが岩手山柄のダイヤルです。グランドセイコーの機械式時計には、2006年のリファレンスSBGL001を皮切りに、現在までに10種類以上のバリエーションが登場しています。その繊細で放射状の外観は、上空から見ると、時間や季節によって様々な表情を見せる山頂の縞模様を思い起こさせます。
ブティックオンライン限定のSLGH019「真夜中の岩手山」は、夜闇に浮かぶ名峰の姿からインスピレーションを得ています。また、Evolution 9コレクションで初めて岩手山の文字盤を採用し、針とインデックスを刷新することで、あらゆる光の下でより高い反射率を実現し、視認性を高めています。
また、快適性と人間工学を考慮し、ケースとブレスレットのデザインも一新。低重心化とブレスレットのワイドテーパー化により、手首への安定感を高めています。

このモデルは、岩手山で初めて最新世代の9Sムーブメント、ハイビート9SA5を搭載しています。キャリバー9SA5は、高級時計製造において、おそらく一世代に一度しか見ることができない、類まれな時計製造の成果です。

グランドセイコーが自社で設計・製造した全く新しい脱進機を搭載し、調整の容易な自由バネ式テンプと、テンプへの高効率な動力伝達を実現しています。

綺麗なブルー、力強いケースとブレスレット、チタン製で軽いのも良いですね。

スポンサーリンク

SLGH013 雪解けの岩手山

SLGH013
1,100,000円(税込)

2022年10月発売予定

外装: エバーブリリアントスチール 裏ぶた:エバーブリリアントスチールとサファイアガラス
裏ぶた仕様: シースルースクリューバック
ガラス材質: ボックス型サファイア
コーティング: 内面無反射コーティング
ケースサイズ: 横 40.0mm 縦 47.2mm 厚さ 11.7mm
バンド幅: 19mm
中留: ワンプッシュ三つ折れ方式
腕周り長さ(最長): 195mm
ムーブメント: 9SA5
駆動方式: メカニカル 自動巻(手巻つき)
駆動期間: 最大巻上時約80時間持続
静的精度: 平均日差+5秒~-3秒
グランドセイコー独自の規格に基づき、工場出荷前にムーブメント単体の状態で、6姿勢差・3温度差の条件下で測定した場合の精度です。実際にお客様がご使用になる環境下での精度(携帯精度)とは異なります。また、メカニカルモデルの特性上、ご使用になる条件(携帯時間、温度、腕の動き、強いショックや振動)によっては、前記の精度の範囲を超える場合があります。
携帯精度: 日差+8~-1秒
防水: 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁: あり
重量: 154 g
その他:
ねじロック式りゅうず

世界で最も耐食性の高いスチール「エバーブリリアント スティール」を、連続生産モデルとして初めて採用した新作「ヘリテージコレクション 44GS SLGH013」。ケースとブレスレットの鮮やかな白色が、春の岩手山の雪解け水をイメージした淡いブルーのダイヤルを引き立てます。

9,500USD。
2022年10月。

SLGH013

雪解けの岩手山をイメージしたエバー ブリリアント スチール モデル

グランドセイコーのメカニカルモデルを製造しているグランドセイコースタジオ雫石を見下ろす標高2038mの岩手山からインスピレーションを得て、モダンなハイビート36000リファレンスSLGH013を開発しました。

春になると岩手山の雪が溶け、その独特な質感を表現したライトブルーのダイヤルを採用しました。

フラットなダイヤルと広い開口部の組み合わせにより、光が差し込み、カミソリで削ったような多面的なインデックスを背景に、時分針がその輝きを見せ、刻々と変化する様子を表現しています。

ケースとブレスレットには、現在の時計業界全体で一般的に使用されているものよりさらに耐食性に優れたステンレススチール合金「エバーブリリアントスチール」を採用しています。

PREN(耐孔食性等価数値)は、一般的な高級腕時計に使用されているステンレススチールの1.7倍の数値です。

また、視覚的にも鮮やかな白色を帯びており、時計の美しさとザラツ仕上げをより一層引き立たせています。

本モデルは、グランドセイコーの連続生産モデルで初めて「エバーブリリアント スチール」を採用したモデルです。

ケースのサイズは横幅40mm、厚さ11.7mmで、過去に提供された最新の44GSモデルの多くよりも薄型になっています。

これは、パワーリザーブ80時間、精度日差+5~-3秒、36,000bphのキャリバー9SA5自体の厚みを薄くしているためです。

Evolution 9 Collection
SLGH013
1,100,000 円 (税込)
2022年10月07日 発売予定

燦然と輝くセイコースタイルに、革新的な素材を用いたレギュラーモデル
グランドセイコーのレギュラーモデルとして初めて、ケースのみならずブレスレットにも世界最高レベルの耐食性を備えた「エバーブリリアントスチール」(※1)を採用しました。白く美しい先進素材が、2020年に誕生した次代を担う革新的なメカニカルムーブメント「キャリバー9SA5」に調和し、55周年を迎えた「44GS」デザインを美しく引き立てます。

本作のダイヤルは、グランドセイコーの機械式モデルを製造する「グランドセイコースタジオ 雫石」から望む、雄大な岩手山から着想を得て生まれました。
古くから岩手山に訪れる春の雪解けが、人々に新たな季節の始まりを告げます。
SLGH013の繊細な型打ち模様の陰影と、シルバーに近い淡いブルーの色調は、岩手山に訪れる春の雪解けを表現し、光の角度により表情が幾重にも変化します。エバーブリリアントスチールの白く輝くケースと調和する美しいモデルです。

(※1)この素材は、一般的な高級腕時計に使用されているステンレススチールの1.7倍のPREN(Pitting Resistance Equivalent Number:孔食指数)値を有しています。PRENは、金属の腐食耐性の評価に広く用いられている指標です。

 

まとめ

いかがでしょうか?

「【2022年新作】SLGH019 グランドセイコー ブライトチタン ブルー / SLGH013 44GS キャリバー9SA5 ハイビート36000」でした。

7月に画像が掲載されてから情報が出切るまで3か月も掛かりましたね。

間違って掲載されたのか、新しい告知方法なのか?どうなんでしょう。

しかし、どちらも期待を裏切らない格好良さで、グランドセイコー人気に拍車がかかりそうです。

ブルー、きれいですねぇ。

そのSLGH019はグランドセイコーブティックオンライン専用モデルです、徐々に話題作もオンライン限定と言うサンプルが見れない方には厳しい販売方法が増えてくるのかも知れません。

直販は儲かる。

それではまた!

 

 【2022年新作】SLGH017 グランドセイコー ブライトチタン製 “白樺ブラック” キャリバー9SA5 ハイビート36000
Grand Seiko Evolution 9 Collection SLGH017 グランドセイコーから2022年の新作情報です。 キャリバー9SA5を搭載したレギュラーモデルに新しい文字盤 SLGH017がラインナップされま...
【2022年新作】SLGH011 グランドセイコー “白樺グリーン” キャリバー9SA5 ハイビート36000
Grand Seiko Evolution 9 Collection Green Birch SLGH011 ¥1,045,000- グランドセイコーから2022年の新作情報です。 キャリバー9SA5を搭載したレギュラーモデルに...
【2021年新作】SLGH005 グランドセイコー "白樺シルバー" キャリバー9SA5 ハイビート36000
Grand Seiko Heritage Collection SLGH005 ¥1,045,000- グランドセイコーから2021年新作が登場です。 遂に満を持して、キャリバー9SA5を搭載したレギュラーモデル SLGH005...
【2022年新作】グランドセイコー 44GS 55周年記念モデル SLGH009 / SLGA013
55th anniversary of the 44GS SLGH009 / SLGA013 グランドセイコーから2022年の新作情報です。 2022年は44GS誕生55周年という事で限定モデルがさっそく登場しました。 ...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました