【2022年新作】H.モーザー × アンディフィーテッド Ref.6902-1206 ストリームライナー・クロノグラフ

H. Moser & Cie.
スポンサーリンク

H. Moser & Cie. STREAMLINER CHRONOGRAPH “UNDEFEATED” 6902-1206

H.モーザーから2022年の新作情報です。

H. Moser & Cie. は、限界を押し広げる大胆な試みとして、世界的なスポーツウェア&ストリートカルチャーブランド UNDEFEATED とのコラボレーションを発表しました。

2 つの対照的な世界が協力したことで、他ではまねのできない製品が誕生することになりました。ニューモデルは 6 月 22 日より販売予定です。

なんとスニーカーショップ(ストリートブランド)のアンディフィーテッドとコラボレーションモデルをリリース。

いや、ビックリです。

なんでアンディフィーテッドなの?

「本格志向」「最高の品質」「常識にとらわれない」をコアバリューとする 2 つのブランドの道は、いずれ交わることが運命だったのかもしれません。Moser & Cie. と UNDEFEATED はその運命に従って手を取り合い、トレンドを超越した非常に魅力的なウォッチを作り上げました。

全然意味が分かりませんが、コラボレーションは確実に実行されます。

世界限定76本という少なさも凄いですが、セットには壁掛け時計とアンディフィーテッドのカモフラジャケットも付きます・・・凄いけど、着ないよね?

お値段はCHF 50,000。

ノーマルのストリームライナー・フライバック クロノグラフの定価がCHF 39,900ですので、そこそこ割高です。

STREAMLINER CHRONOGRAPH UNDEFEATED

ストリームライナー・フライバック クロノグラフ リファレンス 6902-1206
価格 CHF 50,000(50,000 スイス・フラン は 約6,906,000円)
限定本数 76 本

ケースの素材 ステンレススチール DLC
ストラップの素材 ステンレススチール DLC
ダイアル Black Tiger Camo fumé
スタイル Original(オリジナル)
ムーブメント Flyback Chronograph Automatic(フライバック クロノグラフ オートマティック)
キャリバー HMC 902

ブラックタイガー カモフラージュ フュメダイアルを備えた DLC ステンレススチール製の Streamliner Chronograph Automatic は、H. Moser & Cie. とストリートアパレルブランド UNDEFEATEDのコラボレーションから生まれた、独創的な味わいをもつ逸品です。
高潔さと大胆な自己表現という共通の価値観に基づき、独創的なフライバック クロノグラフ機能は、ダイアルに刻印されたパターンに配置されています。
このパターンは、さまざまな色合いを作り出すためにラッカーを幾重にも塗り重ねられています。
このモデルの大胆な性格をさらに特徴づけているのが、クッション型ケースと一体型ステンレススチール製ブレスレットに施された魅力的な DLC コーティングです。


今回のコラボレーションを記念し、壁掛け時計とタイガー カモフラージュ ジャケットを含むカプセル コレクションもご用意いたしました。
販売開始は 6 月 22 日を予定しています。

掛時計がデカい。

直径 42.3 mm
パワーリザーブ 54 時間
防水性 12 気圧

ムーブメント HMC 902
自動巻きクロノグラフキャリバーは、フライバック機能に加え、従来の一体型クロノグラフムーブメントよりさらに優れたクラッチシステムを備えています。自動巻きシステムがダイアルの下に隠されているため、ムーブメント全体をつぶさに眺めることができます。

機能
クロノグラフの秒針と分針はいずれも中央に配置され、経過した時間を直感的により簡単に読み取ることができます。フライバック機能を備えたクロノグラフは、停止・リセットの操作を行うことなく次の計測を開始できます。

ハイライト
ストリームライナーでは初めて、クッション型ケースと一体型ブレスレットリンクにアンスラサイトグレーの DLC コーティングを施し、大胆で力強い精神と神秘的なオーラを強調しています。時の経過とともにゆっくりとパティナ(古艶)を帯び、一つひとつがほかにはない個性を持つウォッチに育っていくに違いありません。

スポンサーリンク

特設サイトから抽選に参加できますが、質問に答える必要があります。

Q1.WHAT DREW YOU TO THE UNDEFEATED X MOSER STREAMLINER CHRONOGRAPH? WHAT FEATURES APPEAL TO YOU THE MOST?
(アンディフィーテッド×モーザー ストリームライナー クロノグラフの魅力は何ですか?また、どのような点が最も魅力的ですか?)

Q2.HOW DID YOU START COLLECTING WATCHES AND WHY WOULD THE UNDEFEATED X MOSER STREAMLINER CHRONOGRAPH BE IMPORTANT FOR YOUR COLLECTION?
(どのように時計を集め始めたのですか?また、なぜアンディフィーテッド×モーザー ストリームライナー クロノグラフがあなたのコレクションにとって重要なのでしょうか?)

Q3.IF MONEY WAS NOT A FACTOR, WHAT ARE YOUR TOP THREE WATCHES OF ALL TIME?
(もしお金に糸目をつけないのであれば、あなたのベスト3は何ですか?)

Q4.WHAT ARE THE THREE WATCHES YOU ARE CONSIDERING PURCHASING THAT ARE CURRENTLY IN PRODUCTION?
(現在生産されている時計の中で、購入を検討している3つの時計は何ですか?)

Q5.WHY IS WEARING A WATCH IMPORTANT TO YOU?
(あなたにとって、なぜ時計を身につけることが重要なのでしょうか?)

アーティスト、ウェス・ラングがロサンゼルスのスタジオで H. Moser & Cie. ストリームライナー クロノグラフ アンディフィーテッドをロサンゼルスのアトリエで披露しました。

クリエイターとして、また時計愛好家として、ラング自身の作品は、このコラボレーションにおける伝統と破壊の混合と結びついています。

これについてエリックは次のように説明しています。「型破りな手法や哲学を特徴とする H. モーザー社は、いわば時計界の UNDEFEATED であり、大胆で時代に先駆けているという 2 つの大きな強みをもっています。非常にインスピレーションに富んだブランドで、エドゥアルドと彼が率いるチームに話を持ちかける決断をした理由はそこにあります。”

UNDEFEATED 共同オーナー Eric Cheng(エリック・チェン)

まとめ

いかがでしょうか?

「【2022年新作】H.モーザー × アンディフィーテッド Ref.6902-1206 ストリームライナー・クロノグラフ」でした。

格好良いのか、格好良くないのか、ちょっとよくわかりませんが、珍しいコラボレーションですし数量も少ないので希少性は高そうです。

H.モーザーの熱烈なファンには幻のモデルになる可能性もあります。

どうしてH.モーザーとアンディフィーテッドが繋がったのか?そのきっかけが気になりますよ。

アメリカでは人気が高そうですが、日本のスニーカーファンの中では食傷気味なブランドだけに謎が深まります。

LV×SUPREMEほどの話題性は無いのかも知れません。

それではまた!

 

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました