【2022年新作】セイコー プロスペックス “ザ・ブラックシリーズ” 第2弾 SBDC153 / SBDC155 / SBDC157 / SBDX051

PROSPEX
スポンサーリンク

SEIKO 2022 Prospex The Black Series Limited Edition

セイコー プロスペックスから2022年の新作情報です。

昨年登場した“The Black Series”の第2弾として、今回はセイコーダイバーズヒストリーのマイルストーンである1965、1968、1970年の3大ヘリテージモデルに、70時間のロングパワーリザーブを有するキャリバー6R35を組み込んだ3モデルがラインナップ。

価格帯も15万円前後で、セカンドウォッチとしてグッドプライスではないでしょうか。

こちらは前回の“The Black Series”。

SBDC095は格好良かったですね、7000本もの限定数でしたが完売したのかな?

こちらが今年のモデル。

あと1本高級機がありますので、そちらも後ほどご紹介。

Seiko Prospex “The Black Series”1965 / 1968 / 1970 メカニカルダイバーズ 現代デザイン 限定モデル

写真:SBDC153 SEIKO PROSPEX

SBDC153[ キャリバー6R35搭載 ]143,000円 (税込)

世界限定 5,500本(うち国内500本)2022年3月11日(金)発売予定

ケースサイズ
厚さ: 13.2 ㎜
横: 40.5 ㎜
縦: 47.6 ㎜
重さ
106.0 g

写真:SBDC155 SEIKO PROSPEX

SBDC155[ キャリバー6R35搭載 ]143,000円 (税込)

世界限定 5,500本(うち国内300本)2022年3月11日(金)発売予定

ケースサイズ
厚さ: 12.5 ㎜
横: 42 ㎜
縦: 48.8 ㎜
重さ
106.0 g

写真:SBDC157 SEIKO PROSPEX

SBDC157[ キャリバー6R35搭載 ]154,000円 (税込)

世界限定 5,500本(うち国内300本)2022年3月11日(金)発売予定

ケースサイズ
厚さ: 13.2 ㎜
横: 42.7 ㎜
縦: 46.6 ㎜
重さ
106.0 g

“The Black Series”初のファブリックストラップを採用しています。ファブリックストラップは「製紐(せいちゅう)」と呼ばれる日本の伝統技法で編み込まれています。タフな使用環境での長時間使用にも耐え得る耐久性を有するだけでなく、一般的な織紐と異なる袋状に編み上げる構造により、肌当たりの良い快適性と上品な仕上がりで審美性も兼ね備えています。

Additional strap

ファブリックストラップに加えて、ブラックの強化シリコン製ストラップが付属しており、幅広いシーンで着用できます。

5500本ずつもあるので完売するのか心配ではありますが、一昨年の7000本よりは少ないのでイケると踏んでいるのかも知れません。

個人的には使いやすそうなSBDC153(ファーストモデル)かな?

1965メカニカルダイバーズ 現代デザイン
SBDC153
写真:1965 メカニカルダイバーズ オリジナルモデル
1965年に発売された国産初のダイバーズウオッチは、1960年代に南極の過酷な環境下で使用されることで、その信頼性を実証しました。この歴史的ピースをベースに現代の技術にてリニューアル。13.2mmのスリムなケース厚や、ケースの重心を下げることで安定した装着感を実現しました。

1968メカニカルダイバーズ 現代デザイン
SBDC155
写真:1968 メカニカルダイバーズ オリジナルモデル
1968年に発表したオリジナルモデルは、当時としては世界最高水準の10振動ハイビートムーブメントを裏ぶたのないワンピース構造の300m防水ケースに搭載した画期的なモデル。オリジナルモデルのシャープで力強いデザインを踏襲しつつ、ケースサイズは42mmにすることで、心地よいサイズ感に仕上げています。

1970メカニカルダイバーズ 現代デザイン
SBDC157
写真:1970 メカニカルダイバーズ オリジナルモデル
1970年発売に発売された、ユニークな流線型のフォルムが特徴的なダイバーズウオッチは、冒険家・植村直己氏が1974年~76年にかけて行った北極圏12,000km犬ぞりの旅に携行され、過酷な環境における高い信頼性が実証されました。オリジナルのフォルムのケースを再現しつつ、防水を150mから200mの空気潜水仕様へと、ガラス素材も無機ガラスからサファイアガラスへとスペックアップしています。


もう1本、SBDX051。

こちらは雫石高級時計工房で製造されているメカニカルキャリバー8L35を採用した高級機。

植村直己モデルのフルメタルブラックがSBDX051です。

国内100本(世界1000本)限定、363,000円 (税込)が国内定価です。(こちらも2022.03.11 発売予定)

44mmと大きいので使用者を選びますが、なかなか格好良いじゃないですか。

Seiko Prospex “The Black Series” 1970 メカニカルダイバーズ 現代デザイン 限定モデル

SBDX051 SEIKO PROSPEX

SBDX051[ キャリバー8L35搭載 ]363,000円 (税込)

世界限定 1,000本(うち国内100本)2022年3月11日 発売予定

キャリバーNo 8L35
駆動方式 メカニカル 自動巻(手巻つき)
精度 日差+15秒~-10秒
駆動期間 最大巻上時約50時間持続

外装
ケース材質 ステンレス(硬質コーティング)
ガラス材質 カーブサファイア
ガラスコーティング 内面無反射コーティング
ルミブライト あり(針・インデックス・ベゼル)

中留
ワンプッシュダイバーエクステンダー方式
その他仕様
防水 200m潜水用防水
耐磁 あり

ケースサイズ
厚さ: 13 ㎜ 横: 44 ㎜ 縦: 49.3 ㎜
重さ 185.0 g
腕周り長さ(最長) 200 ㎜
その他特徴
ねじロック式りゅうず
シリコン替えバンドつき
スクリューバック
ダブルロック中留
裏ぶた「LIMITED EDITION」表記
裏ぶたシリアルナンバー入り
逆回転防止ベゼル
その他機能
カレンダー(日付)機能つき
振動数:28,800振動/時(8振動/秒)
石数 26石
秒針停止機能

“The Black Series”1970 メカニカルダイバーズ 現代デザイン 限定モデル

写真:SBDX051 SEIKO PROSPEX Dial

Dial

海底に描かれる砂紋を表現したダイヤルパターンを採用。
ダイヤル上に配されたオレンジの秒針がさりげなく特別感を演出しています。

写真:SBDX051 SEIKO PROSPEX Case & Bracelet

Case & Bracelet

スポンサーリンク

1970年に発売されたオリジナルモデルは、ユニークな流線型のフォルムとタフなスペックを両立し、
世界中のファンに長く愛されてきました。
本モデルは、このオリジナルのデザインを反映しつつも現代的に進化しています。
ガラスには、内面無反射コーティングを施したカーブサファイアガラスを採用。
さらに、流麗なフォルムのケースは技巧を凝らした額面で縁取られ、そこに5列のメタルブレスレットを
組み合わせることで、
モダンでシャープな印象に生まれ変わっています。

写真:SBDX051 SEIKO PROSPEX Additional strap

Additional strap

“The Black Series”初のメタルブレスレットに、
ブラックの強化シリコン製ストラップが付属しており、
幅広いシーンで着用できます。


いかがでしょうか?

「【2021年新作】セイコー プロスペックス “ザ・ブラックシリーズ” 第2弾 SBDC153 / SBDC155 / SBDC157 / SBDX051」でした。

流石にユーザーも飽きていそうですけど、新しい顧客には目新しいのかも知れませんので、ゆるくずっと需要があるのだと思います。

キャリバー6R35搭載3兄弟は、仕事用と言うよりはアウトドアなどで活躍しそうですし、若向けと言えばそうなんですが、そうすると15万円が安いのかどうか?

オッサンのセカンドウォッチにピッタリかも。

SBDX051は100本完売するかしら。

それではまた!

 

 

 

【2020年新作】セイコー プロスペックス "ザ・ブラックシリーズ" 限定モデル SBDX033 / SBDC095 / SBDL065
SEIKO 2020 Prospex The Black Series Limited Edition 2020年、今年でセイコーダイバー55周年だそうです。 55周年記念ではありませんけど、ナイトダイビングをイメージしたブ...

#ZENMAIのココ東京

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました