【転載】私の時計の話 KING SEIKO SJE083J1 キングセイコー SDKA001 “KSK” セイコー創業140周年記念限定モデル

GRAND SEIKO
スポンサーリンク

[购表作业] 我的手表故事 – KING SEIKO SJE083J1

翻訳すると「【時計を買う】 私の時計の話-KINGSEIKO SJE083J1」こんな感じでしょうか。

最近気に入ってる中国の腕時計フォーラムから、今年の新作キングセイコーについてのレビュー記事がありましたのでご紹介。

国内のリファレンスはSDKA001ですが、海外はSJE083J1はとなっています。

国内でも購入された方がSNSに投稿してらっしゃってますし、順調に売れているんですね。

渋いし素敵だと思います。

2021年1月22日から発売開始となり、国内定価は385,000円。

現代向きに38.1mmに拡大されたケースには現行機種において最も薄い自動巻キャリバー6L35が搭載がされています。

世界で3000本限定。

 

Google翻訳先生ですが、ニュアンスは伝わると思います(金額などは日本円に修正しています)。

それではどうぞ。


 haizenさん(上海)

GSとKSの両方が「セイコー」という括りの場合、このSJE083J1は私が過去1年間に購入した4番目のセイコーです。

まず先に、関係のないことについて話します。

「GS」つまりグランドセイコーは、2017年のブランド独立以来、中国の名前も、誰もがかつて「大精工」と呼んでいたものから「冠蓝狮」に変更されました。現在セイコーブランドの「キングセイコー」は「鸡头系列」とされていますが、レギュラーラインの商品ではなく、時々歴史的なモデルを再現して存在感を高めています。

それで、突然、キングセイコーが独立した場合、正式な中国名はどうあるべきかと思いました。セイコー王?…

セイコー王という言葉が突然、インターネット上のエイダ王の茎を思い起こさせました。これは古代の伝説であり、エイダ王のブーツを7足召喚できる限り、ドラゴンはあなたの誰もが満足できると言われています。お願いします、ハハハ!(※意味がわかりませんでした)

 

トピックに戻ります。

昨年、この復刻のニュースを見たとき、私は熱狂的なオールドセイコーファンではないので、心に響きませんでした。
キングセイコーの印象は「若者が社会に参入するための最初の機械式時計」で、雑誌でしか見てませんがセイコー5やGS、クレドールと同じイメージ。

セイコーには何の感情もありません。いわゆる日本のセイコーと前世紀の日本の美学は私に共鳴することはできません。
日本の機械式時計について私が感じることができるのは、小学校3年生の時と見たのと同じ腕時計で女の子が着ていた古い「ダブルライオン」だけです。
ジャガー・ルクルト(正確にはジャガー・ルクルトのフリップ)とオメガについて少し感じさせる機械式時計ですが、残念ながらまだ始める機会がありません。

この時計を買う理由を見つけて、誕生日プレゼントを探していたところ、たまたまモデルの数字がとても意味のあるものでした。

スタートチャンネル:Tmall Seiko旗艦店
スタート価格:公定価格の10%オフ
(公式イベント価格、隠すものはありません、見つけることができます。以前に他の投稿で何人かの時計の友人が言及した価格を見たと思います、そのスキルを持っていないので、私はそれを公式から素直に買うことができます、それはより高価です、しかし請求書があります、ハハ、ここに面白いマニュアルと犬の頭があります。)

カシオの時計をお正月に買っただけで、まだ1ヶ月も経っていないですが、誕生日プレゼントにKSを買いました。
ちょっとだけ「新しい時計を買ってごめんなさい」と感じます。
しかし、幸いなことに家族はあまり意見をせず、時にはそれも良い意味で・・・。

Patek Philippe | パテック フィリップ | カラトラバ日付表示付イエローゴールド5227J-001モデル5227J Purchase > sbgw231g, Up to 71% OFFSBGW231G

時計を手にした後、一目見ただけで家族が言ったのですが、数年前に買ったもの(5227J)と11月に買ったもの(SBGW231G)との違いは何ですか?
同じように見えませんか?
・・・・私はしばらく言葉を失い、ほとんど戻りたいと思っていました。
女性の口紅は同じ色に見えませんか?
私は3秒間で落ち着き、口から出る不満を考え、すぐに一口のご飯をつかみ、悲しげに言葉と共に飲み込みました。

2021年にはセイコー生誕140周年、キングセイコー生誕60周年を迎え、この復刻限定モデル、3000本のグローバル限定モデル、そして中国本土で23個の割り当て。
数から判断すると、数量限定が少ないということです。
500個以上という制限は「悪」だといつも思っていますが、GSも含めてセイコーは数量限定で大いに楽しんでいます。
中国本土の割り当ては本当に少ないです。
それは哀れです。
つまり、メーカーの目には、自分の信念を再充電するためにお金を費やすことをいとわない、またはこの時計を本当に認識できる本土のプレーヤーはほとんどいないはずだと映っているのです。
時計の雰囲気や、時計の文化は、本当に少し異常だと思います。

この時計のモデルSJE083J1は、1965年に発売されたKSK44-9990の復刻版です。KSKの2番目のKの意味はわかりませんでしたが、後で日本語で「紀生月」であることがわかりました。

さまざまなディテールから、この時計は基本的に1965年のオリジナルバージョンを忠実に再現しています。

主な変更点は次のとおりです。

1、ムーブメントが最新の6L35超薄型自動巻きムーブメントにアップグレードされました(オリジナルバージョンは手巻きです)。
パワーリザーブはわずか45時間で、以前のロレックスの31シリーズムーブメントレベルのみですが、超薄型設計を考慮して、それも受け入れることができます。

2、カレンダーが追加され、日付調整が瞬時に行われるため、より実用的です。

3、ケースはオリジナルより少し大きめです。
時計の直径は38.12mmで、オリジナルバージョンより約1mm大きく、厚さは11.37mmでオリジナルバージョンより約0.5mm大きくなっています。
厚みの増加は、主に箱型のサファイア結晶の突出によるものです。

この時計を買う過程で、KSの歴史についても学びました。
以下の情報はインターネットからのものです。エラーがあれば訂正してください。

1938年、セイコーは東京都江東区亀戸に大二精工舎株式会社(大二精工舎株式会社)を設立しました。
1950年代後半、長野県諏訪市の第2精工舎支店が諏訪精工舎株式会社として独立しました。
1960年、諏訪精工舎はグランドセイコーを発売しました。
1961年、第二精工舎はキングセイコーを発売しました。
1970年代半ば、グランドセイコーとキングセイコーは生産を終了しました。
1988年、グランドセイコーはセイコーのサブブランドとしてリニューアルしました。
2017年、グランドセイコーブランドはセイコーから独立しました。

この時計の実際の体験について簡単に説明します。

1.全体として、6L35のムーブメントのパワーリザーブが弱いことを除けば、復刻デザインは非常に誠実です。
セイコーは製品の立ち位置を考慮しており、9Sシリーズのムーブメントを分散化できない可能性もあります。

2.全体的な仕上がりが素晴らしく、見た目も繊細で繊細です。
ザラツ研磨法により、ケース全体が鏡面効果を発揮します。
手持ちの2つのGSと比べると、とにかく同じレベルだと思います。
肉眼ではわかりませんが、どんな違いがありますか?

3.多面的なラグはエッジとコーナーが鋭いですが、丸くて滑らかです。
一見すると少しぎこちなく感じますが、実際にはラグが良く、全体がより調和しています。
持っているのかもしれませんが・・・以前にこのようなラグ付きの時計を購入したことはありません。たぶん。

4.私の観点からは、針は手元にある2つのグランドセイコーと同じレベルだと感じます。
わずかな違いは、この時計の針のカット面が小さく、拘束されているように見える従来のタフィー針に近いのに対し、GSの5面針は一目でわかるように鋭く鋭いことです。

5.日差。
時計の最も基本的なことは時間の性格さだといつも思っています。
そうでなければ、時計ではなくジュエリーです。
この時計の公式の日差データは-10s〜 + 15sです。
実際に静的に観察しましたが、日差はさまざまな位置で+ 10s〜 + 18sです。
私の個人的な価値はあまり良くないかもしれません。
基本的には着方がわからないので、メーカーにカバーを開けて調整してもらう必要はありません。

最後に、買う価値があるかどうかについてお話ししましょう。
これは、中国でこの時計について多くのコメントを寄せている声でもあります。

純粋にブランド、性能構成、価格の観点から、2.58W(25,800元 = 約420,000円)中国での定価はそれだけの価値はありません。
この価格で、価値を失うことなく、より安定した信頼性の高い、より大きなブランドのスイス時計を購入することができます。
スイスウォッチは正確なムーブメントなので声が出ます。
キングセイコーを2万元以上買って脳が折れました。

スポンサーリンク

しかし、セイコーファンや本物の腕時計ファンにとって、再現するのは彼らの気持ち、信念、誠実さだけであり、この時計を初めて含める理由は十分にあります。

セイコーのファンでも腕時計ファンでもない私は、なぜこの時計に買ったのですか?
セイコーで「チキンヘッド(鸡头系列)」を体験して、IQ税の波を払いたいだけです。

これで執筆は終わりです。

次の写真は開梱作業です。

エクスプレスボックスを開けると4枚の紙が現れます。

左上:吉村からセイコーのウォッチフレンドへの手紙(禁止されるとは言わないでください、ハハ!)、左下:Tmallセイコー旗艦店在庫一覧、右上:ランビンエッグのTmallセイコーカード、右下:ランビンエッグの開梱ガイド

 

時計箱の梱包スリーブ

 

時計ボックスのパッケージ封筒の左下隅にあるステッカーは、時計のモデルとシリアル番号です。

 

ウォッチボックスのパッケージはカバーを取り外します

 

ウォッチボックス本体(ウッド、ピアノラッカー、ゴールドSEIKOブランドロゴ、すでにこの時計に参加している他のウォッチフレンドと同様に、このウォッチボックスはGSウォッチボックスを殺しますが、PPウォッチボックスの詳細はまだわずかに失われています。)

 

つぼみを開けて時計本体を露出させます(箱を疑似開封すると、3つのタグと中のフィルムがずっと前に私によって引き裂かれました。時計を手にしたとき、フィルムを引き裂いてリフレッシュするのは初めてでした。あなたは皆、気分を知っています。)

 

家族の肖像画(140周年記念タグ、バーコードタグ、保証QRコードと値札、時計本体。実際には、白い時計ボックスの下部にマニュアルが含まれているはずのスペースがありますが、リングの精度(ケン)保証(ダイ)実際にマニュアルが保存され、コードをスキャンして保証をバインドした後、顧客は電子バージョンを直接確認できます。)

 

ポジティブメイク写真(今回は公式写真に近い10:08:43に修正。文字盤のすべての単語をブロックすることなく、より美しくなります。)

 

ケースバック(クローズドボトム、6L35はとにかく芸術的に磨かれていません、それを見なくても構いません; 18Kゴールドコインが輝いています、この絶対的な信念が追加されています; KING SEIKOシールドロゴ、小さな王冠を見て真ん中、突然KSの方がGSよりも優れていると感じました。オリエンタルロレックスと呼ばれる方が適しています。MADEINJAPAN A、時計の友人が知っているなら、どの工場Aかを説明するのを手伝ってください。私は怠惰すぎて番号を隠すことができません。とにかく良い数ではありません。)

 

ケースのリューズとサイドライン(リューズにWが見えましたか?これは伝説のセイコーワンです!ハハハ、冗談です。)

 

バックルとストラップの前面(セイコーのロゴがとても美しいです!黒いアリゲーターストラップは薄いですが、柔らかいです。初めて使用するときにフィットし、適応する必要はありません。)

 

ストラップ内側(繊細なタッチ)

 

12時位置のネイルパターンスケールとロゴ(文字盤にシルバーのサンバーストパターンがよりはっきりと見えます)

 

6時位置の文字情報(1965年初頭と比較して、ムーブメントのドリル数が26本に変更されました。)

 

カレンダーウィンドウのクローズアップ(リューズの溝のほこりは無視してください。きれいに拭き取られません。)

 

ポインターと文字盤全体を少し角度を付けて見てください(前の写真は正面から撮影されたもので、ポインターはほぼ完全に黒く見えます。これも極端な研磨を証明しています)。

 

この角度から見ると、ラグは非常に美しく、それほど長くはありません。

 

3人の兄弟が違いを見つけることを歓迎します(直径比較)

SBGW231G:37.38mm、SJE083J1:38.12mm、5227J:39mm

 

スリーブラザーズジェンガ(厚さ比較)

SBGW231G:11.6mm 、 SJE083J1:11.37mm 、5227J:9.24mm

 

3人の兄弟のピンバックルの比較

(個人的な美学:KS> GS> PP)

 

オリエンタルロレックスVSウエスタンロレックス(2つの異なる気質;スチールとプラチナ、テクスチャーは肉眼でまだ見えます; 118139は私が冬に最も頻繁に着用する時計です、私は夏によく着用する時計です。発汗、安定性、信頼性、正確さのために信頼性の高いラフゴールドウォッチ。)

 

オリエンタルロレックスVSウエスタンロレックス(この比較では、KSクラウンのWは小さなクラウンに少し似ていると突然感じます。公式の118139は、KSとほぼ同じ厚さの厚さデータを提供していませんが、カバーエリアが小さく、視覚体験が薄くなります。)

 


以上です。

いかがでしょうか?

上海に住むhaizenさんは、キングセイコーの精度について頭を痛めているようですが、デザインや質感は自前のグランドセイコーと差が無いほどの出来だと感じていらっしゃる様子。

家族の方は時計に興味が無いことなども、時計好きあるあるですね(笑)

日本で買うより定価が高いので、割引で購入するものの2万元以上(約350000円)の価値は無いのでは?とチクリ。

うむ。

今までのセイコーが安過ぎたのかも知れませんし、じわりじわり上がっていくことでしょう。

限定モデルは比べようが無いですけどね。

私も早く実機を触れたいな。

それではまた!

 

【転載】2人のレビュアー SLGH003 グランドセイコー 60周年記念限定モデル キャリバー9SA5
Grand Seiko Automatic Hi-Beat 80-Hours SLGH003 12/11に販売開始となったグランドセイコー60周年の集大成モデル SLGH003。 国内500、海外500の合計1000本の限定販売だっ...

https://zenmai-tokyo.com/2020/12/08/sdka001-6l35-king-seiko/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました