2020年12月 ロレックス 新世代サブマリーナーの相場をチェック(124060 / 126610LN / 126610LV)

スポンサーリンク

サブマリーナー三銃士揃い踏みとなった9/1から、もう3ヶ月が経ちました。

発表とほぼ同時に市場に出てきた珍しい事象も新型コロナウィルスの影響です。

そのため発表の熱気が冷めやらぬ内に2次流通にも顔を出すこととなり、ご祝儀価格はかなりハイプレミアムとなりました。

それぞれ新型ムーブメントを搭載し、グリーンサブマリーナーは文字盤がブラックに戻ります。

ケース径は40mmから41mmに変更となりましたが、実際に手に取って見ると大きくなった印象はなくラグなどデザインバランスが良くなったため全体的に格好良くなったように感じます。

お好みもありますが、個人的には新型の方が3機種とも良いですね。

 

それでは、3ヶ月経ちましたので相場はどうなっているのかチェックしてみたいと思います。

1.サブマリーナー 124060 2020年新作モデル オイスター、41 mm、¥854,700-

新世代ノーデイトキャリバー3230を搭載し、ロングパワーリザーブとなったイケメンダイバーウォッチ サブマリーナー Ref.124060。

引き続き高精度クロノメーター認定で、耐磁性もあり防水性もある日常使いに最適な1本と言えるでしょう。

私的にはデイト表示のない、こちらのサブマリーナーの方が好きです。

価格コムから並行新品相場グラフ。

9/15にご祝儀価格 178万円でスタートしました。

サブマリーナーのノーデイトが178万円ってちょっとね・・・

と、まぁ当たり前ですが徐々に下がり、発表から3ヶ月経った12/1には150万円を切りました。

CtoCサイトのトケマーを覗くと、使用回数の少ない個体が138万円で掲載されています。

国内定価 854,700円から見れば、それでもかなり高い相場です。

が、どのあたりで落ち着くのかはわかりません。

4年前はトランプショックで一気に下がりだした後、グイ~ンと年明けにV字回復したのでタイミングが難しいですね。

とは言え、数が少ないモデルでは無いと思いますので、慎重に相場を見守るのが良いかも知れません。

 

2.サブマリーナーデイト 2020年新作モデル 41 mm、オイスター ¥965,800-

続いて皆大好きサブマリーナーデイト 126610LNです。

中国語ではウォーターゴースト(黒水鬼)なんて呼ばれています。

ダイバーウォッチのお手本となるスタイルは、長く使い続けられる優等生。

20代30代の社会人の圧倒的な支持を得ています。

スポンサーリンク

現在の並行新品相場は160万円、9/15のご祝儀価格は208万円、と50万円ちかくの開きがあります。

サブマリーナーデイトが200万円ってオイオイ・・・そう皆さん思いましたよねきっと。

いくらなんでも。

ノーデイトと同じような動きですので、どの辺りが底になるのかはまだ見えていません。

トケマーでは未使用個体が158万円で掲載されています。

この辺りで落ち着いちゃうと、サブマリーナーデイトもかなりハイプレミアムなモデルの仲間入りとなりますね・・・

 

3.サブマリーナーデイト 2020年新作モデル 41 mm、オイスター ¥1,009,800-

そしてグリーンサブマリーナー Ref.126610LVです。

初代カーミット同様にグリーンカラーのベゼルに黒文字盤の組み合わせに戻りました。

グリーングリーンの方が特別感があって良かったと思う人も多いんじゃないですかね?

私はこちらの新型の方が好きですが、特に中国の方に好かれてた印象なのでこの変化が「吉」と出るか・・・

旧モデルとなったRef.116610LVはかなり高騰し、併せて新型も高い値が付いています。

それに引っ張られるブラックのサブマリーナーデイトとサブマリーナーノーデイト。

更には5桁モデルまで引っ張られて値を上げています・・・

9/18の初掲載時はなんと286万円!

下がったとは言え現在も200万円オーバーの216万円の値が付いております・・・

国内定価は1,009,800円ですからね・・・

定価の2倍以上が付いているのはデイトナ116500LNの白文字盤、GMTマスターIIのペプシカラー、そしてグリーンサブマリーナーとなります。

人気機種過ぎる・・・

アメリカ大統領選の結果がおそらく来年までハッキリしないと思いますが、結果次第では急落もあり得ますし、グンと値を上げることもあります。

もちろん正規店で買えるのが1番良いのですが、出会えるチャンスは本当に少ない。

3機種並べてみると、どのモデルも同じような下がり方です。

相場が落ち着く時も、上がる時も同じタイミングでしょう。

1番良いタイミングは「買える時」です。

あまり神経質に最安を狙わずに、自分で納得できるタイミングで購入しましょう。

それにしても、まさかノーデイトが150万円になる時代が来るとは10年前には想像すらできませんでした・・・

ロレックスは本当に凄いですね。

それでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)