【2020年新作】SLGH003 グランドセイコー 60周年記念限定モデル キャリバー9SA5 ハイビート36000

スポンサーリンク

Grand Seiko Automatic Hi-Beat 80-Hours SLGH003

2020年も12月になりました。

色々ありすぎましたが、あっと言う間にも感じます。

今年はオリンピックイヤーで我が国は好景気が来ると信じられていましたが、新型ウィルスによる未曾有の変化が生活面、ビジネス面に多大な影響を与えましたね。

今年の1月にはまったく予想が出来なかった現実が今こうして私たちの日常として取り巻いています。

毎日持ち歩くもの、身に着けるものとして、2000年は携帯電話、2020年はマスク。

外食や旅行は制限され、帰郷もままならない。

学生さんは就職も厳しくなりますねぇ・・・

 

そんな2020年ですが、グランドセイコーにとっても大事な1年でした。

今年は初代グランドセイコーが発表されて60周年にあたります。

60周年を祝って新モデルを多くリリースしましたし、昨年は国内初の専門店グランドセイコーブティック 銀座もでき、 インバウンドで盛り上がるはずだったでしょうね・・・

そして超期待の新星、12月11日には究極の9Sムーブメント キャリバー9SA5搭載のスティールグランドセイコーSLGH003を発売します。

世界限定1000本、グランドセイコーブルーが美しい。

国内定価は1,100,000円です。

日常的に使えるスティール3針ドレスウォッチとしては最高峰になると思います。

40mmケース、厚さ 11.7mm、10気圧防水とタフですが、36,000ハイビート、デイト表示がありスーツにもカジュアルにもフィットします。

キャリバー9SA5の凄さは、ハイビートでありながらツインバレルで80時間もロングパワーリザーブムーブメントであること、配置を低重心にし薄型に成功したこと、JIS耐磁時計1種(ひげゼンマイに使用するコエリンバー系の合金スプロン610は10,000A/mの耐磁性を有しています)であること。

研磨の美しさ、耐久性、ちょっと値段は高額ですがグランドセイコーが目指す価格帯はこのあたりなのでしょう。

すごく良いと思います。

グランドセイコー60周年記念限定モデル SLGH003 [ Grand Seiko Heritage Collection ]

1,100,000 円(税込)

数量限定 1,000 本

製品概要
メカニカルハイビート36000
従来のグランドセイコーに搭載されている毎時36,000振動のハイビートムーブメント(9S8系)は、最大巻上時約55時間の駆動時間でしたが、「キャリバー9SA5」では、高効率な脱進機やツインバレル(二つの動力ぜんまい)を採用することにより、毎時36,000振動のハイビートでありながら、最大巻上時約80時間駆動の大幅な長持続を実現しています。

グランドセイコーが受け継ぐデザイン文法「セイコースタイル」を基本としながらも、全ての原点である初代グランドセイコーの意匠を見つめ直し、視認性や装着性を高めた、新しい時代のグランドセイコーをけん引する普遍的なデザインです。

革新的なムーブメント9SA5を搭載した初のステンレススチールモデルで、低重心のケースデザインと従来のメタルバンドよりも駒の幅を広くとることで、優れた装着性をもたらしています。
ダイヤルには、ブランドを象徴する特別なカラーである「グランドセイコーブルー」を採用、秒針の鮮やかな赤色は、グランドセイコーのものづくりへの情熱が込められています。

外装 : ステンレス 裏ぶた:ステンレスとサファイアガラス
ガラス材質 : ボックス型サファイア
コーティング : 内面無反射コーティング
ケースサイズ : 横 40mm × 厚さ 11.7mm
腕周り長さ(最長) : 190mm
中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式

ムーブメント : 9SA5 取扱説明書
駆動方式 : メカニカル 自動巻(手巻つき)
駆動時間 : 最大巻上時約80時間持続
精度 : 静的精度:平均日差+5秒~-3秒
機能
防水 : 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁 : あり
重さ : 178.0 g
その他 :
・シースルーバック
・中留 一部18Kイエローゴールド
・ねじロック式りゅうず
・カレンダー(日付)機能つき
・秒針停止機能
・裏ぶた「LIMITED EDITION」表記
・裏ぶたシリアルナンバー入り
・裏ぶた獅子の紋章つき
・スクリューバック (製造上の理由により、裏ぶたの向きには個体差があります)

スポンサーリンク

一般的に駆動時間が短くなるハイビートムーブメントでありながら、最大巻上時約80時間の長持続を実現した、世界最高レベルの機械式ムーブメントを採用。
従来のグランドセイコーに搭載されている毎時36,000振動のハイビートムーブメント(9S8系)は、最大巻上時約55時間の駆動時間でしたが、「キャリバー9SA5」では、高効率な脱進機やツインバレル(二つの動力ぜんまい)を採用することにより、毎時36,000振動のハイビートでありながら最大巻上時約80時間駆動の大幅な長持続を実現しています。

革新的なムーブメント9SA5を搭載した、初のステンレススチールモデル。
グランドセイコーが受け継ぐデザイン文法「セイコースタイル」を基本としながらも、全ての原点である初代グランドセイコーの意匠を見つめ直し、視認性や装着性を高めた、新しい時代のグランドセイコーをけん引する普遍的なデザインです。
9SA5を搭載した初のステンレススチールモデルで、低重心のケースデザインと従来のメタルバンドよりも駒の幅を広くとることで、優れた装着性をもたらしています。

ブランドを象徴する特別なカラーである「グランドセイコーブルー」のダイヤル
ダイヤルには、ブランドを象徴する特別なカラーである「グランドセイコーブルー」を採用。秒針の鮮やかな赤色には、グランドセイコーのものづくりへの情熱が込められています。


いかがでしょうか?

グランドセイコーブティックフラッグシップ、グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロンおよびマスターショップ限定モデルです。

私は技術者ではないので、大量生産できるムーブメントとして、ロレックスのキャリバー3235とグランドセイコーのキャリバー9SA5 では、どちらがあらゆる面で高性能なのかはわかりませんが・・・

かなり良い勝負をするのではないでしょうか?

(一般的に買える)究極の3針デイト自動巻きムーブメントってどれなのか気になります。

気になりませんか?

なりますよね。

SLGH003 発売以降(来年中旬~年末)、キャリバー9SA5搭載の通常モデルがリリースされると思いますので、ブラックやシルバーカラーのダイヤルが欲しい方は少し待った方が良さそうです。

特別なムーブメント搭載の記念モデルでした。

それでは!

 

 

【2020年新作】SBGH281 グランドセイコー 60周年記念限定モデル 9Sメカニカル ハイビート36000

2020年08月 発売予定 100本限定 SLGH002 ヘリテージコレクション グランドセイコー60周年記念限定モデル メカニカルハイビート36000 80 Hours キャリバー9SA5

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)