2020年8月 新作発表直前? ロレックス人気モデルの相場を追う!ディープシー 126660

ZENMAI
スポンサーリンク

Follow Rolex 126660 Sea-Dweller DeepSea’s price.

嘘か誠かロレックスが新作を発表する9月初旬のミーティングが開催間近になったと言うことで、いよいよ今年もこの記事を書くことにします。

(※ミーティング開催は事実の様ですが、新作発表が行われるかは不明です。)

本当であれば!と言うことで、今年も人気ブランドのロレックスからアッと驚くような新作コレクションがお披露目になるはず。

我々の想像を超えてくるのがロレックスの良いところです。

前半は今後モデルチェンジが待っている旧キャリバー搭載機をピックアップし、昨日から新世代ムーブメントに切り替わったモデルを順に見ていってます。

と言うことで今回はパッと見がさほど変化無かった昨年2018年の新作 シードゥエラーの上位機種 ディープシー44mm 126660です。

2018年の新作ディープシーも、2カラーバリエーション展開です。

ブラック文字盤の国内定価は1,331,000円、グラデーションの美しいDブルー文字盤は1,365,100円と少しだけ高くなっています。

並行新品相場での差はもっと大きく、下のグラフを見ていただくと分かるのですが現在は30万円ちかく開いています。

どちらも上がり下がりありますが、国内定価以上ですので人気モデルなのは違いありません。

黒とDブルーの価格差は旧モデル 116660の頃からでしたので、この価格差は驚く点ではありません。

着けるのが罰ゲームの様な大きさ&重さですから・・・。

それと、バーゼルワールド前の高騰は「もしかしたら生産終了になっちゃうかも」みたいな、どこか期待感が込められたものを感じますが、まったくの新作なディープシー 126660にはその要素(生産終了しちゃうかもと言う不安)がありません。

また、旧モデルの値がそこまで上がってこないのも、ディープシーの特徴です。

今は何でもかんでも高騰している中、「生産終了」したと言うのに比較的穏やかな相場推移を見せる旧モデル 116660。

きっとね・・・新型ディープシー 126660と、外観上の大きな違いが無かったからではないでしょうか?

ブレスレットなどのデザインバランスはブラッシュアップしていますが、パッと見では新旧の違いがわかりませんね。

スペック面での大きな変更は新世代ムーブメント Cal.3235を搭載したことでしょう。

コレはかなりのグッドポイント。

スポンサーリンク

2017年のシードゥエラー43 126600に続き、ディープシーにもロングパワーリザーブ・ムーブメントが載りました。

耐磁性・耐衝撃性に優れ、70時間ものパワーリザーブを誇ります。

5.5 mmの分厚いサファイアクリスタルに、3,900m/12,800フィート防水と言うロレックス史上最高の防水性。

まさにモンスター級。

 


126660 黒文字盤 並行新品相場

2020.08 / 152万円(1日ベース)

2020.07 / 140.8

2020.06 / 140.8

2020.05 / 140.7

2020.04 / 143

2020.03 / 151

2020.02 / 149

2020.01 / 144

2019.12 / 143

2019.11 / 136

2019.10 / 132

2019.09 / 138

2019.08 / 143.8

2019.07 / 150

2019.06 / 151

2019.05 / 149

2019.04 / 143

2019.03 / 144万円(1日ベース)

2019.02 / 143

2019.01 / 147

2018.12 / 146

2018.11 / 148

2018.10 / 150

2018.09 / 152

2018.08 / 156

2018.07 / 157

2018.06 / 180

2018.05 / –

2018.04 / –

2018.03 / –

2018.02 / –

2018.01 / –

 

126660 Dブルー文字盤 並行新品相場

2020.08 / 179万円(1日ベース)

2020.07 / 175

2020.06 / 174

2020.05 / 164

2020.04 / 165

2020.03 / 170

2020.02 / 170

2020.01 / 170

2019.12 / 173

2019.11 / 168

2019.10 / 157

2019.09 / 161

2019.08 / 168

2019.07 / 180

2019.06 / 186

2019.05 / 188

2019.04 / 175

2019.03 / 174万円(1日ベース)

2019.02 / 175

2019.01 / 178

2018.12 / 180

2018.11 / 180

2018.10 / 188

2018.09 / 190

2018.08 / 195

2018.07 / 198

2018.06 / 200

2018.05 / –

2018.04 / –

2018.03 / –

2018.02 / –

2018.01 / –

 

現在は不思議となんでもかんでもロレックスなら高いので例に漏れずディープシーも高騰中。

新型コロナウィルスの影響を仕事面であまり受けず、収入に問題なく更に給付金売らった方々が、夏休みはどこも行けないしな~なんて思っていたら「あれ?時計でも買おうかな」みたいな感じになっちゃったのも知れませんね。

世の中不公平だ(謎)

 

買取に強いRASINさんの買取相場表をお借りしました。

8/6の時点で黒文字盤が140万円の買取(並行新品)、国内正規未使用が135万円と、人気のDブルー文字盤が165万円の買取(並行新品)、国内正規未使用が160万円です。

Dブルーはかなりプレミアムですね・・・

まず店頭で見ることはありません。

凄い人気だな。

こちらは中野ブロードウェイのジャックロードさん。

8/6の時点で黒未使用が137.4万円、Dブルーはなんと162.7万円。

 


いかがでしょうか?

ダイバーウォッチの最終進化とも言える3,900 m/12,800 フィート防水のシードゥエラー・ディープシー。

人間が潜れる限界を突破しているオーバースペックモデルですが、そこに惹かれる方が後を絶ちません。

大きくて重いので私には無理ですけどね。

それではまた!

 

2019年3月 バーゼルワールド直前 ロレックス人気モデルの相場を追う!シードゥエラーディープシー 126660
Follow Rolex 126660 Sea-Dweller DeepSea’s price. 3/21から開催される腕時計の見本市「バーゼルワールド2019」。 いよいよあと1週間となりました。 早ければ今日ロレックスの公...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました