【青サブレイク!】ロレックス 116613LB サブマリーナーデイト ブルー 40mm Cal.3135 高騰中!

ROLEX
スポンサーリンク

Now Rolex 116613LB Submariner is a hot product

旧S.I.H.H こと WATCHES & WONDERS GENEVA (ウォッチズ&ワンダーズ) 2020 の開催中止がコロナウィルス影響のため現実になりました。

残念ですが、致し方ないですね。おそらくバーゼルワールドも追随するかと思われます。発表を待ちましょう。

さて、いよいよ2020年(または2021年)には姿を消す(はずの)旧キャリバー3135を搭載する ロレックス サブマリーナー 11661*系。

新モデル登場の噂が旧モデルの相場を引っ張るのはいつものことですので、116610LNおよび116610LVも現在絶好調相場。

そして、その波はロレゾールことコンビネーションモデルの116613にも波及しはじめています。

購入制限の影響か、スティールサブマリーナーが手に入りづらいため、コンビにも転売ヤーさんたちが手を出しているのもあるかも知れません。

先行き不透明な状況でロレックスの相場は2月末にきて下がり始めそうですが・・・

「新型コロナウイルス、NYダウの下落」 < 「生産終了じゃない?」と言うファンの期待値

と、サブマリーナーに関しては相場上げの雰囲気すらあります。

価格コムから並行新品相場のグラフです。

上がったり下がったりしていますが、基本的には2年前より40万円ちかい相場上げ。

現在の国内定価は1,487,200円(在庫があっても正規店の店頭に並ばないモデルなので、欲しい方はスタッフさんに声掛けしてみてください)です。

ここ数か月は、更にグングン上がっていますね。

もともと「青サブ」の愛称でイエローゴールドのコンビにブルーダイヤル&ブルーベゼルのサブマリーナーは人気がありました。

ヨットマスターロレジウムが登場するまでは、若々しいお金持ちオジサンからの人気は凄いものでしたね。

5桁時代はコンビのデイトナより青サブの方がモテウォッチだったんです。

セラミック製のブルーセラクロムベゼルになってからは高級感も増し、インデックスも大きくインパクトのあるラグジュアリースポーツダイバーとして「そこそこ」な人気を保っていました。

なぜ「そこそこ」になってしまったのかはわかりませんが、ここ数年のモデルチェンジでも「YG / SS」から「ERG(PG) / SS」の組み合わせに変わるものが多く、これも「時代のせい」なのかも知れません。

2009年に誕生した現行モデルのロレックス サブマリーナーデイト ロレゾール 116613LB。

もしかしたら次世代機はグリーンカラーに衣替えしちゃうかも。

YG / SS から ERG / SS に変わる可能性、LBからLVに変わる可能性。

どちらも低そうですが、「なし」ではないと思います。

  • 126613LB
  • 126613LV
  • 126611LB
  • 126611LV

こんな感じですかね。

と、言うことで「今のうち」にゲットしておく方が良いかも知れませんよ!って記事です!

後から欲しくなったら損しちゃう。

もしブルーが無くなっちゃったら、青サブ 116613LBの価値は上がりそう。

現在はサンレイ仕様の美しいブルーダイヤルですが、116613LBには初期にマットブルーの文字盤がありましたので、相場も含めて今後好みも別れていくでしょう。

スポンサーリンク

6桁サブマリーナーは登場時からクロマライト夜光です。

そしてコンビネーションモデルは最初からバックルのプレートも鏡面仕上げでしたので、保証書抜きで新旧を見分けるには文字盤しかないですかね。

ブレスレットまで詰まったK18イエローゴールドのおかげで重さはあります。

約170グラム。

華奢な方はラバーBなんかに換装しても良いかも。

コンビネーションや金無垢にはスティールモデルのサブマリーナーにある半サイズのコマがありませんね。

コストカットだな。

サンレイダイヤル。

ゴールドレター、変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカー。

う~ん、格好良いですね。

ブルーセラクロム ベゼルインサートは、ほぼ完全な耐傷性を備えているそうです。

刻印された数字と目盛りはゴールドコーティングされています。

クロマライト ディスプレイ。

キャリバー3135搭載、高精度クロノメーター。

トリプロック(三重密閉構造)リューズも18金。

よくOHでリューズ交換されてますけど、回収したリューズを加工してピアスにしたら良いかも知れません。

いかがでしょうか?

マリンブルーの美しい人気コンビネーションモデル「青サブ」116613LBです。

人気が上がっている今買うのはどうかな?なんて思いますけど、もしかしたら今年で生産終了になるかもなのです。

いつか買おうかな?なんて思ってた方は少し急いだ方が良いのかも知れませんよ。

マーケットの動きが微妙なので、もう少し待った方が安くなるかもしれませんし・・・

アフターマーケットで買う方には難しいところですね。

この際、タイミングで!(笑)

それではまた。

【レビュー】ロレックス 116613LB "青サブ" ロレゾールサブマリーナー・ブルーセラクロムベゼル
ROLEX SUBMARINER 116613LB BLUE CERAMIC 令和最初の七夕だったりします。今日のネタには無関係ですけど・・・ 2009年に誕生した現行モデルのロレックス サブマリーナーデイト ロレゾール 11661...
【次はコレか?】ロレックス サブマリーナーカラーズ 116613LB「青サブ」/ 116610LV「グリーンサブ」の行方
Rolex Submariner Colors 2019年のロレックス新作も発表され、来月5月(早ければ4月下旬)にはマーケットに登場するでしょう。 そして、いよいよ2020年(または2021年)には姿を消す(はずの)ロレックス サ...

https://zenmai-tokyo.com/2019/02/09/submariner-116613ln/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました