【気付けば400万円】ロレックス デイトナ 16528 ホワイト K18イエローゴールド トリチウム

スポンサーリンク

Rolex 16528 18k Yellow Gold Daytona Zenith

ロレックスの金無垢デイトナ 16528です。

ちょっと古い1997年頃の個体でしょうか。

トリチウム文字盤ですが、12時間積算計は逆さ6ではありません。

安い時で100万円ちょっとで売っていたような、スティールの16520より安かったような、そんな記憶の中にいますが、久々に相場を見てびっくり。

え?保証書付だと400万円以上するの?

確かに素材価値からすれば、ステンレススティールなんかより18金ゴールドの方が何十倍も高いのはわかります。

田中貴金属の金リサイクル価格を見ると、18金の場合 1グラム 4,118円ですって。

ロレックスの使うステンレススティール 904Lだからって、キロ数百円のリサイクル価格だと思われ・・・

総重量160グラム中、まぁムーブメントやらサファイアクリスタルやら抜いて、だいたい100グラムだとすると・・・

K18 4118円 × 100グラム = 411,800円 素材の価値だけでも40万円もします。

以前はK18のリサイクル価格も1000円ちょっとだったから、素材価値もプレミアムも3倍4倍となっています。

Chrono24を覗いてみました。

昔は一般人には人気なかったよね。

しかし、こうして見直すとなかなかグッド。

私もオジサンになったと言うことです。

スティールの渋い無骨な16520ももちろん格好良いと思いますが、今手にするならイエローゴールドの16528を選ぶかも知れません。

白文字盤で、そこまでイヤラシい感じもしませんし。

 

文字盤、針の夜光トリチウムはもう自発光できません。

まだ変色もしていませんから、今後じわじわキツネ色になっていくのでしょう。

スポンサーリンク

T SWISS MADE T。

近づくとベゼルのキズに目が行きます。

エルプリメロベースのキャリバー4030を搭載していますが、現行デイトナと違って9時位置に秒針(スモールセコンド)があります。

ゴールドライタンの様なK18オイスターブレスレットとバックル。

ダブルロックブレス ナンバー78398。

プレートには金性を表すホールマークなどが刻印されています。

いかがでしょうか?

ようやく価値が追い付いてきたかな?と言った金無垢のデイトナ 16528。

白文字盤は爽やかだし、たまにストラップ交換などしてブラウンカラーのクロコストラップに替えたりオシャレを楽しみたい1本です。

お安い物件には「状態」なんて言うチェック項目がありますので、手に取るときはしっかり見てからにしましょう。

でも、オススメ。

格好良いですからね。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス デイトナ 16528 ホワイト K18イエローゴールド

【レビュー】ロレックス 16528 タキ200 4段 逆さ6 トリチウム 黒文字盤 Lシリアル 1989年 “Gold Monster”

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)