カテゴリー
ROLEX SUBMARINER 腕時計レビュー

【中古で100万円なら買っておけ】ロレックス 116610LN 現行サブマリーナーデイト Cal.3135 40mm 300m防水

スポンサーリンク

Rolex 116610LN Submariner-Date 40mm Ceramic-Bezel

もしかしたら116610系は今年が最後になるかも知れないですね・・・

と、言うことで今日は116610LNです。

116610LNはグリーンサブ116610LVと共に2010年にリリースされましたので、今年は10周年・・・切り替えにはちょうど良いと思います。

新キャリバー3235も完成していますし、あとは乗り換えるだけですね。

少しだけ気になるのは新型が「40mm」で出すのかどうか?

最近の大型化の波はサブマリーナーにも押し寄せるのじゃないかと冷や冷やです。

Ref.116610LN

私の勝手なイメージですけど、サブマリーナーは40mmがグッドサイズだと思っています。

ですがエクスプローラーIもIIも、シードゥエラーも数ミリ大きくなりました。

金無垢ですけどヨットマスターも昨年は大型化。

もしかしての大型化?

世界の腕時計のトレンドなので避けがたいのかも知れませんけど・・・42~43mmくらいにサイズアップする可能性はありそうです。

せめてノーデイトだけは40mmで維持してほしい。

2020年1月からの国内定価は 943,800 円。

価格コムから並行新品シール付相場です。

約128万円くらいですね。

ここ1年は上がったり下がったりですが、平均するとやっぱり130万円以下かな。

Chrono24を覗いてみました。

高年式の中古相場は110万円から。

トケマーなんかで100万円で買える高年式(2016年~)保証書付きがあれば即ゲットが良いと思います。

定価ももう95万円なのでそこまで損した気持ちにはならないと思います(笑)

100万円なら悪くない選択だと思いますよ本当に。

もし2020年のバーゼルワールドで新型へのモデルチェンジが発表されたら100万円では買えなくなると思います。

新型が40mm以上になっちゃったら尚更です。

こんな細腕オジサンの戯言なんて聞きたくないと思いますが、本当に絶対に100万円では買えなくなる未来がくるのです、すぐそこですよ。

40mmでも約155グラムで重いと言うのに、これ以上大きくなったらマッチョマンの時計になっちゃう。

40mmのGMTマスターIIはドレッシーになっています。

サブマリーナーはタフさが売りですので、大きくなっちゃうんじゃないの?

スポンサーリンク

買うなら鏡面仕上げの高年式だよ!

グライドロック エクステンション システム最高です。

太い針、大きなインデックスで充分力強さが伝わってきます。

格好良いな。

クロマライト夜光も最高です。

サブマリーナーは既に100年の耐久性があると思います。

ゼロマーカーには発光素材のカプセルが配置され、暗闇でもはっきりと見ることが可能。

ルミナスポイントとか呼んでましたけど、ゼロマーカーって言う名前なんですね。

60 分目盛り入り逆回転防止セラクロムベゼル、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティングされています。

ケース裏。

ラグとフラッシュフィット部。

バックルの王冠。

まとめ

いかがでしょうか?

40mmのサブマリーナーデイト 116610LN。

最高でありビギナーズロレックスでもあります。

ダイビングしなくても大丈夫。

堅牢で視認性も良く格好良い、最高なんです。

この丈夫な作りは、ちゃんとメンテナンスしていたら100年でも使っていけると思います。

もし安く見つけることができ、満足いく状態ならゲットしちゃいましょう!

無くなっちゃうその前に。

それではまた!

ロレックス サブマリーナー デイト Ref.116610LN 記事まとめ ZENMAI TOKYO

バーゼルワールド2020のロレックス新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2020

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)