【2018年新作】ブレゲ 5517BB/Y2/9ZU 新生マリーン 5517 ホワイトゴールド 40mm

スポンサーリンク

Brequet Marine 5517 18K White Gold 5517BB/Y2/9ZU 40mm

2018年にガラっとモデルチェンジしたブレゲの人気スポーツライン「マリーン」。

今回は40mmのホワイトゴールドケースにクロコストラップをセットした5517BB/Y2/9ZU をチェック。

777A( 。

国内定価は3,410,000円。

前作5817ST/92/5V8は39mmでしたので、新作は少し大きくなりましたが、まぁパッと見はさほど違いがありません。

文字盤の雰囲気とラグの形状が違うと、結構な違和感がありますね。

5817系に見慣れたせいか、新作の何だこりゃ感が凄いです。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは200万円ほどからスタート。

5517BB/Y2/9ZUはホワイトゴールド無垢ケースなので、値下がり幅は大きく買いやすくはなっています。

ちなみに旧型の金無垢ケース 5817BA/12/9V8(国内定価は2,541,000円)。

下は100万円から見つかりますので、お買い得感は旧型の方が上。

製造期間が長いものと、新作を比べるのはアレですけど。

マリーン。
自動巻、日付カレンダー。
ひげゼンマイにシリコン素材。
サファイア・ケースバック(透明裏蓋)。
ねじ込み式リュウズ。
10気圧(100m)防水。
ケース径:40mm。

<https://www.breguet.com/ より>

波模様が美しいですね~。

新型のここだけが好き(笑)

針の形状も変わりました。

ダイバーウォッチではありませんが、夜光もたっぷり。

ケースバックはシースルーになっており、お馴染みのオウムガイ・・・ではない。

キャリバー777Aの振り子は操舵輪的な感じになっちゃいました。

面舵いっぱ~~~い!

因みにこちらが旧型。

完全にコレ。

重さはしっかりとあります。

ホワイトゴールド製のケースとDバックルにクロコストラップで約118グラム。

このサイドビューはだいたい同じ。

厚みは11.5mm。

バックル。

飾りが「面舵いっぱ~~~い」になっています。

こんな形のフォールディングバックル。

スポンサーリンク

文字盤に寄ってみます。

針の形状がミツマタの鉾みたいな可愛い形状に。

秒針のお尻の飾りも変わりました。

BREGUETロゴの下にはケースシリアルが打たれています(目隠ししてます)。

オメガのシーマスタージャックマイヨールみたいな見た目ですが、寄ってみると何とも言えない美しい紋様です。

デイト表示もありますので、スーツに合わせても良いかも知れません。

キレイですね。

少し濃いネイビーに浮き立つアプライドのローマ数字インデックス。

夜光もしっかり塗布されていて、暗所でも問題なく視認できます。

クラウントップのBマーク。

他のメーカーには無い、オシャレなクラウンガードも健在。

キャリバー777A。

いかがでしょうか?

私は最初画像で見ただけでは「え?」「なんか変」と思いました。

が、実際に手に取って見るとコレが格好良いのです。

画像で見ると「ラグ」に目が行きます。

短足・・・って感じですよね。

ですが短くなった分、手首へのフィット感は増しており、装着感は新型の方が良いとも言えます。

是非気になった方は試着してみてください。

オススメ。

ちなみにちなみに、木村拓哉さんは旧型のSSブレスレットタイプでネイビー文字盤 5817ST/Y2/SV0 を愛用されていました(最近見ませんけど)

それではまた!

【レビュー】ブレゲ マリーン2 “ラージデイト” ブラック&ホワイト 5817ST/92/5V8 & 5817ST/12/5V8

【レビュー】ブレゲ 5817BR/Z2/5V8 マリーンII 5817(マリーン ラージデイト)PG ラバー 生産終了したアイコンモデル

【レビュー】ブレゲ マリーンⅡ ラージデイト 5817ST/12/5V8 シルバー文字盤

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)