【レビュー】オメガ 311.33.40.30.02.001 スピードマスター CK2998 ブルーパンダ 2016年

スポンサーリンク

OMEGA Moonwatch CK2998 Limited Edition 311.33.40.30.02.001

2016年の登場した限定モデル オメガ 311.33.40.30.02.001。

セカンドモデルのスピードマスターをベースにした左右対称ケースの特別版です。

セカンドCK2998から2998本限定で販売されました。

ブルーがとても美しく、また39.7mmというケースサイズも良かったですね。

国内定価は702,000円で、一時期は定価以上のプレミアムモデルになるほどの人気でした。

ブルーセラミックベゼルがキレイです。

“ロリポ⁠ップ”型のクロノグラフ針が印象的。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでも60万円以上の価格ですね。

オパリンシルバ⁠ーダイアルにはブルーミニッツトラック、ブルーのインダイアルが映えます。

アルフ⁠ァハンドはセカンドモデルからのインスパイア。

同じくプロフェッショナルの文字が無いのもね。

40mm無いのですが、ラグ幅が狭く2重のブルーカラーで大きく見えます。

こちらは2018年の「パンダ」ダイヤルの311.32.40.30.02.001。

あんまり人気無かったですね・・・東京2020のパンダダイアルが出てしまいインパクトに欠けました・・・。

うん・・・格好良い。

人気なのもわかります。

クロノグラフプッシャー周りはガードが無いのでスッキリしています。

限定証明書付き。

ケースバックにはシーホース。

汚れが堪りそうな形状なのでクリーニングはマメにしたいですね。

内箱の蓋部分にもLIMITED EDITIONの文字。

特別感がありますね。

スポンサーリンク

サイドビュー。

夜光塗料は控えめです。

時分針よりクロノ針のロリポップに目が行きます。

棒アメ。

キレイですね。

アプライドのインデックスがレトロで良い具合。

搭載ムーブメントは現行スピードマスタープロフェッショナルと同じくキ⁠ャリバ⁠ー1861です。

クラウントップにはΩマーク。

ブル⁠ーのレザ⁠ーストラ⁠ップには尾錠が付きます。

いかがでしょうか?

最近では中古マーケットでもなかなか見ることが減っています。

画像で見るより手に取って実物に触れてほしいモデルですね。

とてもキレイで格好良いんです。

ブルー好きの皆さん、スピードマスター好きの皆さん、オススメですよ。

クラシカルなスティールブレスが付くと良いんだけどな。

それではまた!

【レビュー】オメガ スピードマスター 311.33.40.30.02.001 “CK2998” 39.7mm 美しすぎるパンダブルー 2998本限定

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)