ロレックス 新型エアキング Ref.116900 記事まとめ ZENMAI TOKYO

スポンサーリンク

Rolex Oyster Perpetual Air-King Ref.116900

ZENMAIのココ東京で書いた記事まとめです。

今回は現行機の「エアキング」 リファレンス116900をまとめてみました。

先代のエアキングは長く愛された小振りのエントリー機でしたが、現行機のRef.116900はパイロットウォッチの位置づけで大振りになり新たにフラッグシップ機として人気を博しています。

2016年の新作として登場し、かなり騒がれました。

ミルガウスの下位機種にあたり、ムーブメント・ケース・耐磁性能などは同じですが、使用される夜光などが少なく定価も637,200円と比較的安めです。

文字盤のカラーリングが特に評価されており、 個性となっていますね。

文字盤のベースは214270の旧ダイアル(ブラックアウト)だと思われます。

デザインベースはブラッドハウンドSSCに搭載されているコックピットのクロノグラフ。

私個人的にはこちらのデザインの方が好きです。

シンプルな3針耐磁モデルとして、これからも一定の人気は維持できると思います。

もう少し夜光塗料を足して欲しいところですが・・・

コックピット内で視認性悪くないかしら?

 

今後ミルガウスとの違いが出てくるのかも気になりますが、そろそろロングパワーリザーブの新キャリバーが誕生する可能性が高く、どういった展開になるのか注目しておきましょう。


116900のスペック

製造期間

2016年

ムーブメント

キャリバー3131

パワーリザーブ48時間

100m防水

ステンレススティール

40mm


2016~2019の116900記事まとめ

【レビュー】ロレックス 116900 エアキング いつ夜光が入るんだろう?

【レビュー】ロレックス 人気スムースベゼルな3兄弟 214270 / 116900 / 116400GV

【時計怪獣】ロレックスのエアキング 116900の値段推移

【レビュー】ロレックス 新エアキング 116900

新型エアキング 116900は「公式ガッチャ時計」?

夏のボーナスでロレックス 新しいエアキング Ref.116900を買う


【レビュー】ロレックス 116900 エアキング いつ夜光が入るんだろう?

スポンサーリンク

【レビュー】ロレックス 人気スムースベゼルな3兄弟 214270 / 116900 / 116400GV

【時計怪獣】ロレックスのエアキング 116900の値段推移

【レビュー】ロレックス 新エアキング 116900

新型エアキング 116900は「公式ガッチャ時計」?

夏のボーナスでロレックス 新しいエアキング Ref.116900を買う

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)