【レビュー】ロレックス 116900 エアキング いつ夜光が入るんだろう?

スポンサーリンク

Rolex Oyster Perpetual Air-King Ref. 116900

2016年の新作 エアキング 116900です。

デビュー当初は話題も多く「人気モデルの仲間入りか?」と思われていましたが、そこまでではなく現在は落ち着いた相場です。

SNSでもあまり着用された投稿は見かけなくなっていますね。

稀に正規店でも出くわすことがあるかも知れません。

国内定価は637,200円。

ケース径40mm、キャリバー3131を搭載しています。

並行新品価格は70万円アップ。

ここ1年でだいぶ高くなってきています。

デザインベースはブラッドハウンドSSCに搭載されているコックピットのクロノグラフ。

このまま文字盤と針を採用した方が格好良かったと思います。

たぶんですけど、2016年にマイナーチェンジした214270のあまっちゃった方の文字盤にプリントしただと思います。

ケースはポリッシュなどの違いはありますけど116400と同じですし。

大三角形と針だけクロマライト夜光が塗布されています。

ちょっと中途半端。

ブラックアウトな3.6.9は良いとして、5.10.20.25.35.40.50.55にもクロマライト夜光があった方が格好良かったと思います。

厚みのあるケース。

ズシッと約150グラム。

バックルはシンプルにシングルバックル。

文字盤に寄ってみます。

このイエローとグリーンの組み合わせは格好良い!

人気ポイントですね。

秒針もグリーン。

高精度クロノメーター耐磁ムーブメントキャリバー3131搭載。

エアキングは大きな 3、6、9 のアワーマーカーと、飛行時間の計測が可能な一際目を引くミニッツスケールを配する特徴的なブラックダイアルを備えています。と、ありますが3.6.9は無くても飛行時間の計測には問題ないでしょう。

スポンサーリンク

と、なると3.6.9をそのまま15.30.45へ変更しちゃったらどうでしょう?

意外に違和感はありませんけど、格好良くもありませんね。

もう少し、IWCのパイロットウォッチ感が出ると思ったんですが違うみたい。

116900のメルセデス針もなんか違うんだよな・・・

 

パイロットウォッチにはストレートか?

う~ん・・・やっぱり何か違いますね(笑)

いかがでしょうか?

古くからのペットネームをもち、デザインは一新し、なんだか色んなとこからごちゃ混ぜしたハイスペックウォッチ 116900。

ミルガウスと共に新世代ムーブメントの時代に突入するのか?はたまた統合されるのか?

今後の動きにも注目です。

私的にはインデックスに夜光が入ったら「アリ」なモデルになると思っております。

今のままじゃ、あまり好みではないかな・・・

それではまた!

【レビュー】ロレックス 人気スムースベゼルな3兄弟 214270 / 116900 / 116400GV

【レビュー】ロレックス 新エアキング 116900

ROLEX feat Bloodhound SSC 「ロレックス ブラッドハウンドSSC」116900のデザイン原点

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



2 Comments

  1. 教えて下さい!
    ロレックス×カルティエのダブルネームについて知りたいです。
    以前に友人から譲り受けた品物になります。
    いつの時期に販売をしていたのか知りたいです。
    どなたか、ご存知
    な人が居ましたらご回答を宜しくお願いします。

    ちなみにロレックスではオーバーホール修理可能と回答がありましたが販売時期不明、カルティエに品物を見せに行ったら、どの時期の物か分からないと回答がありました。

    • こんにちわ。貴重なお品ですね。ロレックスに修理を依頼した際に明細は受け取れたでしょうか?修理の見積書があれば、モデルの番号、製造番号などが記載されているかと思います。おおよその年代はそれでわかるかと。文字盤への書き込みに関してはメーカーがどう判断されるかはわかりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)