【レビュー】ロレックス 116613LB “青サブ” ロレゾールサブマリーナー・ブルーセラクロムベゼル

スポンサーリンク

ROLEX SUBMARINER 116613LB BLUE CERAMIC

令和最初の七夕だったりします。今日のネタには無関係ですけど・・・

2009年に誕生した現行モデルのロレックス サブマリーナーデイト ロレゾール 116613LB。

青サブの現行機となります。

マッチョボディにセラクロムベゼルを搭載した6桁スポーツで、高級感・存在感が5桁時代に比べ大幅にアップしています。

国内定価は1,393,200円。

いや~格好良いですね。

1990~2000年代は5桁の時代ですけど、コンビのデイトナより「青サブ」ことコンビのサブマリーナー(青)の方が人気があったイメージです。

コンビ(ロレゾール)と言えば、デイトジャスト(16233)か青サブで、GMTマスターIIやデイトナは不人気。

コンビサブマリーナーの黒もあまり評価されてなかった印象です。

6桁の青サブも人気モデルとして定位置をキープ。

マリンブルーはダイバーズウォッチによく合うのです。

““

因みにダイアルバリエーションが存在します。

こちらは初期タイプのマットダイアル。

上のサンレイ仕様の現行文字盤と比べると光り方が違います。

好みですがサンレイの方がキレイ、マットの方が個体数が少ない(製造期間が短め)。

““

クロマライト夜光。

““

16613から116613へとモデルチェンジしましたが、ムーブメントはCal.3135のまま。

ベゼル素材・ケース形状・夜光種類・バックル(エクステンションからグライドロック)などは大幅に変更となっています。

““

ゴールドを使うモデルなので、5桁より6桁の方が「格好良い」です。

ブレスレットのゴールドパーツも「無垢」となり金がより多く使われています。

リッチだな。

““

2015年に切り替わったバックルプレート。

スポンサーリンク

初期仕様は梨地、現在は鏡面の仕上げとなっています。

““

ベゼルの数字もゴールド、文字盤の文字もゴールド、針もインデックスもゴールド。

リッチ。

““

ブルーサファイアの様に美しいサンレイブルー。

グリーンダイアルのサブマリーナーも良いですけど、青サブの魅力は絶大。

キャリバー3135の寿命もそろそろです。

次世代モデル126613にはブルーは存在するのか?

はたまたイエローゴールドからエバーローズゴールドのロレゾールに変わるのか?

いろいろ想像しちゃいます。

いかがでしょうか?

みんなの憧れ「青サブ」。

ラグジュアリーなスポーツウォッチとしてロレックスファンには人気です。

私は若いころ「派手だな~」と敬遠していましたが、オッサンになると「良さ」がわかります。

やっぱりゴールドにブルーって格好良いな(笑)

現在は正規店ではなかなか買うことのできないレアモデルとなっており、並行新品価格も定価以上です。

条件の良い、安い個体に出会えたら強くオススメしたいです。

無くなっちゃう前にね。

それではまた!

【次はコレか?】ロレックス サブマリーナーカラーズ 116613LB「青サブ」/ 116610LV「グリーンサブ」の行方

【レビュー】ロレックス 116613LB 現行青サブ ブルーセラクロムベゼル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)