【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウム もうすぐ40万円!

スポンサーリンク

OMEGA SPEEDMASTER 1989 “MOON WATCH” 3590.50.00

何度目の登場でしょう?

いつも「欲しい」と思いつつ、なかなか財布のひもが緩まない「トリチウムのスピードマスタープロフェッショナル」。

1988年以降 リファレンスナンバーが3950-50に変更されていますがST145.0022と同じです。

シリアルナンバーや冊子から1990年前後の個体かと思います。

どの年代でもスピードマスタープロフェッショナルはイケメン。

トリチウム夜光が流行ってるので、古くて「安い」モデルがじんわり人気になってきています。

現行機と大きくスペックは変わりません。

完成されたモデルですね。

Chrono24を覗いてみました。

ほら、結構高い(笑)

ちょっと前まで20万円台で買えたのにね、もう40万円ちかいです。

まだ蓄光はして、トリチウムはブラックライトに反応しグリーンに光ります。

自発光はできません。

この旧式の「爪がはがれそうなバックル」・・・嫌いです。

ショボイですけど、これがヴィンテージ感あって好きな人もいますね。

ブレスレットナンバーは1479番。

こんもりしたプラ風防。

クラウントップにはΩマーク。

ブレスレット1479、FF812。

ピースが細かいので、ブレスレットのヨレが少し目立ちます。

このあたりの年式ですと、筆記体で書かれたSpeedmasterの最後のアルファベット「r」に注目してみます。

こちらの「r」と違うのがわかりますか?

上の画像の個体は所謂「さがりR」。

ちょっとの差ですがマニアックな方々には刺さるのです。

下がりSって呼ばれるモノもあります。

プラ風防はキズが目立ちます。

T SWISS MADE T。

スポンサーリンク

ケースバックには「Flight-Qualified by NASA For All Manned Space Missions The First Watch Worn on the Moon」の刻印。

30年前の製造ですが、まだまだ現役で使用できます。

いかがでしょうか?

まだ「安い」方だと思います。

まだ「30万円」くらいで見つかると思います。

伝説のムーンウォッチであり、プラスチック風防で手巻きでトリチウム夜光です。

イケメン、軽いし、比較的丈夫で壊れにくい。

スーツにも合わなくはありません。

デニムにも相性が良いです。

めちゃくちゃ欲しいんですけ、何故か買おうとなかなか思わない(笑)

不思議です。

買って損はありません。

本当です。

ではまた!

【レビュー】オメガ スピードマスタープロフェッショナル ST145.0022 アポロ11号 月面着陸20周年記念

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル 5th “下がりr” 枯れ専必見!今が狙い目

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウムなグッドダイアル

【レビュー】オメガ 2本買ってもエクスプローラーⅠより安いよ!トリチウムなスピードマスター 3590-50 シーマスター 2531-80

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)