【レビュー】グランドセイコー SBGR059 チタン製メカニカル オートマティック37mm

GRAND SEIKO
スポンサーリンク

Grand Seiko 9S Mechanical SBGR059 Titanium

2010年に誕生した9S65ムーブメントを搭載したブライトチタン製グランセイコーメカニカル SBGR059。

渋くてハンサム、軽くてアレルギーにも強い、耐磁耐衝撃性にも優れ、デイト表示もあり、10気圧防水にシースルーバック、更にはパワーリザーブ72時間もある「完璧」なモデルであり、国内定価572,400円とコスパにも優れていました。

グランドセイコーブランドの立ち上げで現在は生産終了モデルになっています。

そのタイミングで後継モデル「SEIKO」ロゴなしSBGR259が2017年にリリースされました(こちらも生産終了)。

どうですか?

37mmのサイズ感もバッチリ、文字盤のカラーは好みですが、飽きのこないシンプルさが好感を持てます。

チタンですが磨き上げられており、美しいでしょ?

やっぱりSEIKO]/GS/GRAND SEIKOの3段表記が好きだな~。

ブレスレットでも92グラム。

軽い!

作りはしっかりしていますので壊れにくく、スーツにもカジュアルスタイルにもフィットします。

デイト表示はサラリーマンにも優しい。

ドレッシーなグランドセイコーですので夜光はありません。

夜間や暗所には弱いですね。

クラウンガードも無く、クラシックでスッキリしたデザイン。

針やインデックスも潔いくらいスッキリ。

スポンサーリンク

シースルーバックからメカニカル自動巻3DAYS Caliber 9S65が覗けます。

72時間のロングパワリザーブ。

ダブルプッシュ式のバックルにはGSロゴ。

5連風3連チタンブレスレットはややオジサンくさいかな。

耐久性のある堅牢なバックルプレート。

クラウントップにはGSの文字。

厚さは13mmちょっとあり、薄くはありません。

文字盤に寄ってみます。

SEIKOとGSロゴはアプライド。

秒針のブルーが刺し色となり格好良い。

Caliber 9S65。

振り子にもGS GRAND SEIKOの文字。

グランドセイコーの獅子金メダルの方が好きですけど。

いかがでしょうか?

後継モデルも良いですけど、3段表記のグランドセイコーもまた良し。

ブライトチタンは軽くてキレイで素晴らしい。

現行モデルで黒文字盤のスティール素材 SBGR253 も安くて格好良いです。

ロレックスのデイトジャストの様に素材やカラー、大きさを楽しめるのはグッドポイント。

値段もデイトジャストの2/3くらいですし。

生産終了品のSBGR059、安く中古マーケットで見かけたらオススメです!

30万円くらいかな。

それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました