【アンティコルム】パテック・フィリップ アクアノートパワーリザーブ 5060 プロトタイプ?

スポンサーリンク

PATEK PHILIPPE, REF. 5060, AQUANAUT PROTOTYPE / Geneva, May 11, 2019

キャリバー330を積んだアクアノート・・・って何だこれ?

90年代のアクアノート34mmケース(5060)に、ノーチラス3710で使用されていたパワーリザーブインジケーター付き3針デイト自動巻きムーブメントCal.330をドッキングしたプロトタイプのようです。

アンティコルムオークションは極モノを用意してきますね。

凄い!

Important Modern & Vintage Timepieces
Geneva, May 11, 2019
LOT 726
PATEK PHILIPPE, REF. 5060, AQUANAUT PROTOTYPE
An extremely rare, self-winding, stainless steel prototype wristwatch with power reserve.
Brand Patek Philippe
Model Aquanaut
Reference 5060
Year Circa 1996
Calibre  330/196
Case No. 4034049
Bracelet Rubber bracelet with stainless steel Patek Philippe double deployant clasp
Dimensions 36 mm
Signature Dial, Case and Movement.
CHF 50,000 – 80,000
HKD 400,000 – 640,000 / USD 50,000 – 80,000

Notes

Launched in Basel in 1997, the Aquanaut was a revolution in the world of sport watches by Patek Philippe, a new line resembling the Nautilus, mounted on a rubber strap, a premiere at the firm. The first reference launched was the 5060A with its tapisserie style dial, luminous indexes, rubber strap and a full caseback which was only produced on this reference. This model is most likely one of the pre-series versions, this example differs by having the word “Prototype” inscribed on the dial, a power reserve indicator (very similar to the Patek Nautilus 3710 launched in 1998) and the words engraved on the bridge “330/196 labo No. 04” and of course this special caliber 330/196 to accommodate the power reserve function, one never introduced on the Aquanaut. This is a rare opportunity to acquire a piece never commercialised and the only one ever to be offered on the market. Please note that due to the fact that this is a prototype never intended for sale, an extract from the archives will not be available.

1997年にバーゼルで発売されたAquanautは、Nautilusに似た新しいラインであるPatek Philippeによるスポーツウォッチの世界で革命でした。最初に発売されたリファレンスは、そのタピセリースタイルのダイヤル、発光インデックス、ラバーストラップ、そしてこのリファレンスのみで製造されたフルケースバックを備えた5060Aでした。このモデルは前シリーズバージョンの1つである可能性が高いです。この例では、文字盤に「プロトタイプ」という文字が刻印され、パワーリザーブインジケータ(1998年に発売されたPatek Nautilus 3710と非常によく似ています)ブリッジ「330/196ラボNo. 04」、そしてもちろんパワーリザーブ機能に対応するためのこの特別な口径330/196は、1つはAquanautには紹介されていません。これは決して商品化されていない作品を入手することは稀な機会であり、市場で提供される唯一のものです。これはプロトタイプではありません販売のために意図されていないという事実のために、アーカイブからの抜粋は利用できませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

文字盤にPROTOTYAPEと記載されています。

エスティメートは50000~80000CHF。

600~900万円くらいを想定しているようですね。

ノーマルのノーチラス Ref.3710 が600~700万円ちかいので、きっと落札価格は1000万円を軽く超えるんじゃないかと思うんですが・・・はたして?

ケースサイズがミディアムだから、そんなに高くならないか・・・希少性が予想を上回るか。

難しいところですね。

私は唯一無二の「希少性」が勝ると思います。

ではまた!


結果が出ました。

落札価格は401,000CHF。

最高予想価格の5倍にもなりました・・・

コレは凄い。

日本円で約4350万円。

マンションが都内で買えそうです。

やはり唯一無二のアイテムは強いな。

では!

 

【レビュー】パテックフィリップ 日本限定 アクアノート”ジャパンブルー” 5066A-010 1998年

2017年11月12日開催 antiquorum アンティコルムオークション「シガレット1サブマリーナー5513」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)