【レビュー】タグホイヤー WS2110-2 スーパープロフェッショナル 1000m 42mm

スポンサーリンク

Tag Heuer Super Professional 1000M WS2110-2

タグホイヤーから80年代のスーパープロフェッショナルダイバーウォッチWS2110-2(WS2110.BA0349) をチェック。

当時(クォーツ台頭)としては42mmの自動巻きは珍しいですかね?

1000m防水のワンピースケース(裏蓋が無くフェイス側からムーブメントを取り出します)。

あまり見る機会が今まで無かったです。

鉄の塊の様な武骨さと、ビンテージ調の雰囲気がめちゃくちゃ格好良いですね。

無駄な重さもオーバースペックもイカしてます。

形状が独特なのでニックネームとかありそうですけど、ご存知の方ありますか?

オーバーホールなどは、やや面倒そうですが、こんな格好良いのに10万円台前半~半ばで手に入ります。

1984年から作られてたので、初期製造はホイヤーロゴ、その後もバックルだけホイヤーロゴなんかもあるようです。

カラーバリエーションには、全体が真っ黒いブラックPVDモデルとベゼルがゴールドのコンビネーションモデルがあります。

42mmは大き過ぎる感じは無いものの、重さはかなり。

全体がつや消しマット仕上げで「道具感」が強いですね。

厚みもなかなか。

インデックスのドットが大きく、針も大きく太いので力強い。

トリチウムですので、焼けてくるでしょう。

ブラックライトには反応します。

潜水艦の窓みたい。

潜水艦の窓見たこと無いのでイメージだけですけど(笑)

デイト表示もありますね。ETA 2892ムーブメント。

1000m防水は何用に作ったんでしょう?

スーパープロフェッショナルと言う名の通り、プロフェッショナルダイバーの深海作業用だったのかも。

ヘッドが重い印象がありますね。

160グラム・・・うわぁ・・・。

ケースバック。

タグホイヤーロゴ。

厚みが凄いぞ!

リューズトップにはタグホイヤーマーク。

全体的に丸みがありますね。

バックルにもタグホイヤーマーク。

初期モデルではありません。

バックルプレート。

ちゃんとエクステンションパーツ付き。

ブレスレットのコマは叩き抜き(ピン)式。

ゴールドカラーの針がヴィンテージ!

T < 25 SWISS MADE T < 25

スポンサーリンク

ベゼルにもトリチウムパーツが埋め込まれています。

グローブを着けていても操作可能。

クラウントップ。

ゴツいベゼル。

ケースバックのTAG HEUERロゴ。

WS2110-2。

ブレスレットナンバーかな。

しみじみと格好良い。

いかがでしょうか?

「安い」「格好良い」「ヴィンテージ」と、コスパの良いダイバーウォッチです。

最近ではシーマスター300mやらシーマスター200mの「トリチウム自動巻き」も高くなってきたのでタグホイヤーなんかも選択肢にどうですか?。

同じ時期のロレックスなら、サブマリーナーやシードゥエラーですけど、値段は5倍から10倍しちゃいますから。

ねっ、お買い得でしょ~?

流行って無いので安いんでしょうけどね。今後、流行るかどうかは知りません。

流行りモノが嫌いな方にも良いでしょう(ナンダソリャ)。

格好良いビンテージダイバーウォッチ WS2110-2でした。

ではまた!

 

#zenmaiのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)