【レビュー】グランドセイコー SBGX261 新社会人にオススメ!37mm 9Fクォーツ

Grand Seiko SBGX261 Heritage Collection 9F QUARTZ MOVEMENT

2017年に独立した「グランドセイコー」。

文字盤の表示も一新し「SEIKO」の文字を消すことでモデルナンバーも変更となりました。

今回は社会人に大人気のグランドセイコー 9Fクォーツ搭載モデル SBGX261を見ていきます。

万能な黒文字盤にデイト表示付、37mmの日本人にフィットするサイズ感、カジュアルにもビジネスシーンにもとてもマッチするので、コレから社会人になる方や、初ボーナスで買う腕時計にオススメですね。

旧モデルはSBGX061で、文字盤12時位置に「SEIKO」6時位置には「GS/GRAND SEIKO」の記載がありました。

SBGX261となり12時位置へ「GS/GRAND SEIKO」の文字が移り、6時位置は何も無い状態です。

ちょっと寂しい感じ。

搭載ムーブメントはキャリバー 9F62、年差10秒の高精度クォーツです。


小さめのケースが袖口にしっくりと収まるクオーツモデル

グランドセイコーは「正確さ」「美しさ」「見やすさ」そして「長く愛用でき」「使いやすいこと」を腕時計の本質と捉えています。ごく当たり前のように思われるこれらの要素を、真摯に徹底的に追求して辿り着いたのが、9Fクオーツです。それまでのクオーツの常識にとらわれず、新機軸を多数搭載して、究極のクオーツは完成しました。
歪みのない美しい鏡面と、きめ細やかな筋目仕上げの施されたケースは、静かにその存在感を主張します。
袖口に綺麗に収まる計算し尽くされた絶妙なケースサイズで、奥ゆかしくも確固たる安心と信頼を寄せるパートナーとして相応しい仕上がりです。

9Fクオーツとは

クオーツを超えるために、このクオーツは生まれた。
電池を動力源に水晶振動子を1秒間に32,768回振り動かし、そのエネルギーで時を刻む9Fクオーツムーブメント。そこには、それまでのクオーツ式時計では考えられなかった数々のイノベーションが組み込まれている。

クォーツなので正確ですが、自動巻きのオーバーホールの様に約3年1度は電池交換が必須になります。

オーバーホールと違って「止まってしまう」点はクォーツの弱点とも言えますね。

ライバル機のTHEシチズンでは、同価格帯でもソーラークォーツとなり頻繁な電池交換が不要です。

デザインやステイタス性を問わないのであれば、THEシチズンも比較対象に加えて良いと思います。

まぁ・・・

私は、グランドセイコーのデザインが好きなんで、アレですけど。

何と言ってもこの太い男らしい剣針。

クォーツはパワー不足で、自動巻きや手巻きの様に自由に針は選びにくいのですが、グランドセイコーではツインパルス制御モーターが可能にしています。

せっかくの高級時計なので針も好みのモノが良いですよね?

ビジネスシーン向きにデザインされているのか、夜光はありません。

10気圧防水なのにね。

ケースバックには獅子マーク。

格好良い。

結構しっかりしたブレスレット。

3連なので着けやすくファッションも選びません。

無骨でシンプル、頑丈なバックルプレート。

何年も着けていられる頑丈な作り。

きっとロレックスのオイスターケースやオイスターブレスレットを参考にしているんでしょう。

頑丈な分、重さがちょっと気になります。

123グラム(フルコマ134グラム)もあります。

ロレックスの人気モデル114270は100グラムありません。

あんなに頑丈なのに。

着けてて疲れないというのも評価ポイントです。

文字盤に寄ってみます。

アプライドのロゴ、植え字されたインデックス。

格好良い。

デイト表示(カレンダーディスク)も黒地で良いですね。

インデックスもカットされて表面も溝があります。

意外に手が込んでいます。

クラウントップには「GS」のロゴ。

クォーツですがリューズには見事な切込みが入っていますね。

ケースサイド。

ブレスレットとラグのフィットは横穴のバネ棒式で、容易にストラップ交換ができそうです。

ライオンが「お手」をしています。

いかがでしょうか?

シンプルこの上ない、もうね無駄が一切ない。

絶妙に高級感があり、高級過ぎない。

ドレスシーンにも使え、カジュアルにもフィットする。

オシャレで知的なヤングサラリーマンに、本当にオススメです。

高級時計のエントリーモデルとして、新社会人の皆さん手に取ってみてください。

就職祝いに奮発しちゃうお父さん!一緒に着けても良いくらい、シンプルで長持ちします。

それではまた!

【レビュー】グランドセイコー 36000 アイボリー SBGH213 メカニカルハイビート Cal.9S85

【レビュー】グランドセイコー SBGX093 ”ミルガウス” GSガウス 超耐磁モデル

【レビュー】初代グランドセイコー SBGW253 リミテッドコレクション 世界限定1960本 2017年

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)