【レビュー】ロレックス 5513 インデックス”フチあり” ドーム風防+文字盤グチャなサブマリーナーノーデイト

Rolex Submariner 5513 “not Spider”

今回は「スパイダーダイアル」と呼ばれる「ヒビ割れてクモの巣みたいになっている文字盤」ではなく、「おそらく湿気で劣化したグチャ文字盤」のロレックス ノーデイトサブマリーナー 5513を見ていきます。

こんな感じのです。

実はスパイダーダイアルになるスタート地点なのか?なんなのか、こんな風に劣化しているサブマリーナーを良く見かけます。

とくに80年代のモノに多いような気がしますが、70年代60年代の個体を多く見ないのでそんな印象なのかも知れません。

この割れているのか、何なのかグチャっとした文字盤は、何か呼び方ありますか?

ご存知の方、教えてください。

スパイダーダイアルと言えば、こんな綺麗な線がガツンと入ったやつです。

Chrono24を覗いてみました。

「フチ」ありインデックスの5513は、まだギリギリ100万円以下でも見つかるようです。

そう言えばスパイダーダイアルってフチなしでもあるんですかね?

パッと見は、普通の5513。

あ~トリチウムもヤケてるな~くらいの好印象。

光の加減でグチャが見えますけど。

針がまだブラックライトに反応しますが、トリチウムなので自発光はできません。

1680との人気を分けたのが、このこんもりドーム風防ですね。

1680の方が上位機種であるにも関わらず5513の方が高い相場なのは「ドーム」だからと言っても過言ではありません!

鏡面のケースバック。

文字盤に寄ってみます。

変色した夜光。

ヒゲありのSUBMARINER。

そして「夜空」のような星々が点在する劣化した文字盤。

トリチウムの証「SWISS-T<25」。

角度を変えると、こんなにも星座たちが・・・

この劣化を、どっちに捉えるかですね。

あら~経年劣化がひどい・・・または、

うわっコレは凄い「味」がありますね!

賛否あります。

トリチウム夜光のルミナスポイント。

トリプロックリューズ。

ボヤけちゃったドーム風防。

93150ブレスレット。

溝無しフリップです。

フラッシュフィットは580。

93150ブレスレット。

「フチあり」でも、なかなかの値段になっていますが、やはり14060のオールトリチウムとは別物ですので、ヴィンテージ感を強く感じたい方には5513をオススメしたいです。

コロンとしたフォルムが堪りません。

いかがでしょうか?

醜いアヒルの子的なサブマリーナーノーデイト5513。

いつのまにやら「格好良い」ジャンルになっちゃった。

以前は本当に誰も見向きしないような、20万円台で売っていた14060より更に安かったイメージです。

今では14060も14060Mも114060よりも高い値を付ける、人気機種。

今まで評価しなくてごめんなさい!そんな声が聞こえます。

まだまだ使えるビンテージモデルとして、今後も大活躍間違いなし。

グチャった文字盤でも、パキパキなスパイダーでも、きっと「個性」でみんないい。

悩んだら買っちゃいましょう。

ではまた!

【レビュー】ロレックス サブマリーナー・ノーデイト 今買うならどっち?14060と5513

【レビュー】ロレックス サブマリーナー 5513 ’82年製 フチなし

【レビュー】ロレックス ビンテージ サブマリーナー 5513と1680 赤サブの魅力

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)