【レビュー】ロレックス 14270 ブラックアウト Eシリアル “5桁最強エクスプローラーI”

ROLEX  Explorer “BLACK OUT” Ref.14270

最近全く見かけなくなった「ブラックアウト」。

ブラックアウトと言っても現行エクスプローラーの旧タイプではありません。

今人気のトリチウム仕様の14270、その一部に存在するブラックアウトの方です。

「ブラックアウト」って何だよ?って思った人もいるかもね。

文字盤のアラビア数字「3.6.9」に白いペイントが無いタイプを、そう呼びます。

上のエクスプローラーIが「ブラックアウト」で、下のエクスプローラーIが普通の文字盤です。

違いが判るでしょうか?

違いますよね!

 

 

ブラックアウト文字盤はEシリアルやXシリアルの一部にあると言われています。

こちらのエクスプローラー系冊子は1994年のもの。

こういう冊子はすごい適当な画像が使われてたりしますが、エクスプローラーIを見ると・・・

ブラックアウトっぽい画像ですね。

冊子ついでですが・・・

パッと見は同じ感じ。

裏返すとカラーリングが違いますね。

グレーが2007年、オレンジが1994年。

背景カラーも変わっており、当然画像は差し替わっています。

16570もフラッシュフィットが変わってますね。

 

 

エクスプローラーIIの使い方みたいなページは16550のままでした。

社屋の変わりっぷりが凄い。

今はもっと凄い(冊子に載ってないけど)。

1981年の冊子巻末の社屋。

 

ブラックアウトに戻ります。

このブラックアウト文字盤、意図的に作られたのかエラーなのかわかりません。

もともと3.6.9には白いペイントがあるものの、夜光塗料では無いので光りません。

ただの白いインクなんですね。

ですので、夜間や暗所ではノーマルでもブラックアウトでも見え方は同じ。

新タイプの214270はようやく3.6.9が光りました。

なんとなく工場の方が白いインクじゃなくて、黒いインクにしてみない?とか、インクなしにしてみない?とか、遊んでしまったのかも知れません。

ブラックアウトには2タイプあり、黒いインクのものと、インクが塗られてないミラー状のものがあるようです。

白いインクを剥がしただけじゃないの?って思う方もいそうですね(笑)

フラッシュ!

トリチウムなんでインデックスも光りませんが、3.6.9は黒い闇に消えたようになります。

文字盤に寄ってみます。

3。

よく見ると、黒いインクでラインが引かれています。

6。

T SWISS – T < 25。

SWISS-T<25とTSWISS-T<25って何か違うんですかね?

9。

黒インク。

クラスプコードはP。

78360はシングルバックルのオイスターブレスレット。

Chrono24を覗いてみます。

ほら、もうね全く無いんですよ、ブラックアウト文字盤。

いや、前から少なかったですけどChrono24ほどのサイトに無いなんてね。

以前・・・と言っても2年も前じゃないけど100万円くらいで見たり見なかったりしてましたよね?

いかがでしょう?

私の中では14270はブラックアウト(&トリチウム&シングルバックル)が最強なんじゃないかと思います。

最強とか表現しちゃうとギロチン君みたいですけど、今後楽しみなモデルだと思うのです。

変なカスタムが出回らなければ(笑)

黒インクなしのブラックアウトを見るタイミングがありましたら、また書いてみようかと思います!

ではまた!

【レビュー】ロレックス 14270 ブラックアウト 93年 黒塗りされたインデックス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)