【レビュー】セイコー プロスペックス SBDY021 ダイバースキューバ 200m Save the Ocean Special Edition 45mm

スポンサーリンク

SEIKO PROSPEX SBDY021 / SRPC91J1 Turtle automatic dive watch 200m  Save the Ocean Special Edition

2018年に限定モデル「セーブザオーシャン」SBDY021 ブルーグラデーションタートルを見ていこうと思います。

もはやここ数年リリースされまくっている復刻サードダイバー「タートルケース」ですので、スペック的なものはもういいでしょうけど一応おさらい。

自動巻きキャリバー4R36搭載、45mmのケース径、200mスキンダイビング対応モデルです。

国内定価は57,000円+税(61,560円)。

単純大きくて、そこそこ重いのでスーツスタイルではなくプライベートなカジュアルスタイルに取り入れたい時計です。

2018年にリリースされたセーブザオーシャン(Save the Ocean Special Edition)第1弾は全4モデル。

ヨドバシカメラのオンラインショップを覗いたら、まだ販売中ですね。

ポイントもたくさん付くから実質41000円くらい。

セイコー プロスペックス SBDY027。

こちらは今年の1/25販売予定の新作でセーブザオーシャン第2弾!

ブラックタートルでブレスレット仕様になっていますので、お値段もそこそこします。

セイコー プロスペックス SBDC033

現行機のブルースモー。

青文字盤好きならこちらもオススメしたい、とっても格好良い!

はい、SBDY021 に戻ります。

「シロナガスクジラをモチーフにしたブルーのグラデーション」だそうで、ロレックスのDブルーを真似したわけではありません。

あくまでもクジラです。

かなりキレイな文字盤ですね。

土曜日はブルーなので合わせたくなります(笑)

ベゼルの雰囲気もGMTマスターII 116710BLNRみたいで格好良い!

4万円台で買えるDeepBlueダイアル。

視認性の良いダイバーズウォッチですし、コレはオススメ。

122グラムと、ラバーストラップ+尾錠のわりに重いです。

が、・・・ぴったり着ければ、私の様な貧弱なオジサンでも1日着けていられます。

ブラックライトを照射して~、

手で囲うと、インデックスと針が非常に強く光ります。

セイコーのラバーストラップは高級感さえ求めなければ、着けやすいですし問題ありません。

サイドビュー、厚さは13.4㎜。

4時位置のリューズは真っ黒です。

クジラに対して、何のイメージだろう???

尾錠。

バックルタイプより私は尾錠タイプの方が好きです・・・何となく。

ブルーグラデーション。

とてもキレイです。

MADE IN JAPAN。

スポンサーリンク

デイデイト機能!

漢字曜日表示は外国人が大好き。

良いですよね?

やはり海っぽいし、ダイバーウォッチらしい感じが堪りません。

リューズが黒いのは何か理由があるのでしょうか?

ラバーストラップの先には、ケースバックと同じウェーブマークがあります。

そしてケースバックにはSPECIAL EDITIONの刻印があります。

やや大きいことがネックですが、それ以外は安いし格好良いし限定モデルだし悪くないと思います。

G-SHOCKを複数持つくらいなら1本プロスペックスを持ってみませんか?

いかがでしょうか?

プライベートに、アウトドアに、海に、本格仕様のダイバーウォッチ「SBDY021」。

デザインもスペックも、持っていて損のない1本だと思います。

40,000円の時計なんて着けないよ!って方でも、見たらきっと「ありかも」って思うはず。

セイコーのタートルもバリエーションが多すぎて、どれを選んだら良いかわからなくなってきましたが(笑)

こちらは、オススメできます。

それではまた!

 

 

セイコー新作 “Save the Ocean” SRPC91K1 SRPC93K1 SSC675P1 プロスペックス ダイバースキューバ ブルーグラデーション #バーゼルワールド2018

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)