【レビュー】ロレックス 116520 最終鏡面デイトナ 未使用デッドストックと中古品の差

Rolex Oyster Perpetual Cosmograph Daytona Ref. 116520 NOS

2018年が終わろうとしています。

現行のスティールデイトナ116500LNがリリースされたのが2016年5月になりますので、今回の題材116520も生産終了が決定して2年以上経つ事になりますね。

新型の発表があまりにもインパクトがあったため(誰もが予想していたと思いますが格好良さに圧倒された)116520の生産終了=相場の高騰を疑うほどでした。

2016年6月ごろには140~150万円の並行新品相場だった116520、あの頃買っておけばと言う記事は今までも書いてきましたので、今回は「使っちゃった人」と「使わずに寝かした方」との差を見てみたいと思います。

116520と言えば16年もの製造期間を誇るロングセラーモデルで、初の自社製自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載した正にロレックスのフラッグシップ機です。

黒文字盤が人気なのは今までのデイトナ同様ですね。

2015年の後半あたりからバックルプレートは鏡面タイプに切り替わり、程なく生産終了したので最終型として数も多くはありません。

まぁ・・・2015年の旧(梨地)タイプのデイトナのブレスレットを、現行のモノに交換しちゃえば「最終型」と見分けは付きにくく、今から投資目的で買う方は2016年の手書きじゃない印のギャランティカードの個体を選びたいですね。

116520 デイトナ 自動巻き (ブラック)

これは2014年5月から2016年5月までの116520 黒文字盤 並行新品相場(@価格.com)

これはここ2年間の推移。

ド~ン!と高騰していますよ。

2倍以上の相場となっていますね・・・。

Chrono24を覗きます。

完品だとこんな感じです。

あくまでも「シールが付いている完全未使用のデッドストック」ですけど。

じゃあ、中古品は?または国内正規品のシール無し未使用品は?

かめ吉。

中古Aで2016印です。

買取相場は200~220万円くらいでしょうか?

トケマー(個人の方が出品している)で220~くらい。

国内未使用で300万円ほど、トケマー(個人の方が出品している)で270~ってとこですね。

2年半前に150万円くらいで完全未使用のシール付きを買って寝かした方は、+200万円くらい相場を上げています。

使っちゃった方は、+100万円に届かない感じですね。

国内正規品を買えた方は、定価なので+150万円くらいになっています。

最終モデルの中古を買った方も+100万円にはまだ届かないでしょう(130~140万円で買ったと思われますので)。

とはいえ、充分な高騰です。

羨ましいレベル。

116500LNも、180万円くらいまで下がった時期があったので2016年に買った方はラッキーマン。

2年前にSSデイトナ買った方は総じてラッキー。

16520も同様です。

私は一貫して116500LNの黒文字盤を推しています。

投資とかじゃなく、見た目の格好良さ「だけ」ですので、この記事の話題とは関係ないですね。

2016年に定価で買えた方、少しプレミアム価格で買えた方、色々いらっしゃるでしょうけど、皆さん儲かってる。

ただ、海外からの並行モノをシール付きで残した方、「大正解」そのうち400万円くらいになっちゃいそうです。

いつか400万円になる16520と116520の旧デイトナ

ね、こんな記事書いていました。

今読み返すとめちゃくちゃだけど。

デイトナはやっぱり投資対象として最高です。

そして「生産終了」ね。

間違いない。

116500LNの後継機が登場したら、無理してでも買っておいた方が良いのかも知れません。

使っても良し、使わなかったらもっと良し。

今後、並行モノもシール付きが無くなってくるような噂を聞きました。

海外でも転売対策がなされるのかも知れません。

シール付きの稀少性がまた上がりそうです。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 116520 最終製造モデル 2016年製 旧デイトナ急騰中!

【時計怪獣】去年デイトナ116520を買っておけば・・・最終モデルの高騰

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)