【レビュー】チューダー 79910 ヘリテージ レンジャー チュードル 41mm M79910

Tudor Heritage Ranger 79910 41mm

チューダーになったチュードルですが、今回ご紹介のレンジャー(79910 / 2014年新作)は海を渡ってきませんでした。

モデルを絞り込んで国内展開しているチューダーの選出から落選した感じですね。

これが現在の日本展開モデル。

ヘリテージ・レンジャーが来なかった理由の1つはポリッシュドベゼルのブラックベイの存在がありますね。

また、もう1つ考えられるのは「あまり格好良くない」(笑)から、かも知れません。

パッと見は「悪く」ありません。

1016を彷彿とさせる柔かいフォントの3.6.9にオマケの12。

独特な形状の短針、赤い秒針と格好良い「はず」なんですけどね。

オリジナルに比較的忠実に復刻させるチュードルの「ヘリテージ」モデル。

レンジャーも薔薇ロゴだし、先ほどの特徴もうまく表現できていますよね。

TUDOR HERITAGE
RANGER

41 mm steel case
Steel bracelet

REFERENCE: 79910

何が悪いんだと思います?

「顔がデカい」「ケースが大きい」この2点がバランスを崩しちゃっているんです。

ベゼル幅が狭く黒文字盤の空間が広すぎることと、やはりケース径は36mm程度で良かったと思います。

Chrono24を覗きます。

国内展開も、国内人気も無いので海外の相場がリアルでしょう。

20万円台。

悪くないですね。

キャリバー2824はETA社製。

いずれインハウスに変わるでしょうね。

ムーブメントが変わっちゃうと、薔薇ではなく盾、弧を描く6時位置の記載もストレートにクロノメーターになっちゃうんでしょうね。

そのタイミングで、バランスとサイズをブラッシュアップしてほしい。

フラッシュフィットのデザインも、レトロな感じが良いのかも知れませんが安っちい感じがします。

結構作りはしっかりしています。

薔薇の刻印があるリューズ。

そうね~、一回り小さければ・・・

全体的につや消しなのも渋すぎるのかな?

盾の刻印入りケースバック。

フラップ付きのバックル。

溝もバックル全体も「盾」をモチーフにしています。

2000年代のデイトナのような穴あきバックルプレート。

丈夫そう。

薔薇。

夜光のカラーが少し「焼けて」いるような加工がされています。

こんもりした夜光塗料。

良いですね~。

ロレックスも、やって欲しいな。

ROTOR SELF-WINDING

クラウンガード無しも良いですね。

クラウントップには薔薇。

横穴。

オイスターブレスレットのようなネジ留め式。

バックルにはTUDOR GENEVE の刻印。

約140グラム。

結構重いですね。

カモフラージュ柄のNATOストラップが付属します。

バネ棒付き。

ラグの横穴は、交換する時楽で良いですよね。

TUDORのカードギャランティにブラックライトを当てると隠れロゴが見えます。

う~ん、悪くは無いんだよね~。

20万円台ならね~。

いかがでしょうか?

安い・・・けど、ちょっと完成形じゃない微妙なモデルです。

どこが悪いかは、わかっていますので、改善されたらかなり格好良くなると思います。

そして、現在国内展開されているラインナップには載っていません。

欲しい方は並行輸入品を探しましょう。

私に同意見の方は、次作に期待しましょうね!

それではまた!

 

[大予想]チュードルの新作は何だろう? バーゼルワールド2017の前に昨年のモデルをおさらいしよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)