【レビュー】オメガ 130.30.39.21.02.001 コンステレーション グローブマスター 39mm シルバーダイアル

2016年の新作 コンステレーション グローブマスター。

39mmのグッドサイズでドレッシーでありながら、どこかスポーティな印象です。

今回はシルバーダイアルの130.30.39.21.02.001を見ていきます。

国内定価は799,200円、並行新品相場は50万円くらいでしょうか。

ダイアルカラーのバリエーションはシルバーとネイビーの2種。

比較的ネイビーの方が人気があるようです。

安部マリオ!はオメガ・コンステレーション1964

リオ五輪の会場(閉会式)で話題になったアベマリオもオメガのコンステレーションCを着用。

そのバリエーション違いとも言える、こちらのコンステレーションCと、グローブマスターのデザインは似ています。

ジェンタデザインのCシェイプコンステレーション。

コインエッジベゼル。

シンプルなバーインデックスにパイパンダイアル(パイ皿モチーフの段ありダイアル)、そしてCラインのケース形状。

アンティークモデルのヘリテージ要素を含ませ、今ブームの「ジェラルドジェンタ氏」由来をオメガもリリースしてきました。

しかし話題性はあったものの、いまいちパッとしていないのが実情でしょう。

天文台のレリーフを中央に残したシースルーバック。

凝ってますね。

この天文台が無いと、コンステレーションらしくないのです。

ネジ留め式の裏蓋ですが、しっかりと100m防水なんです。

夜光もあり、防水性もあり、スーツにも似合うオールマイティーなデザイン。

ロレックスのデイトジャストにも負けていません。

ブルーに光るインデックス。

格好良い。

ベゼルがタングステンだからか、ズシッと来ます・・・でも162グラムか。

渋いバックル。

ブレスレット一体型。

ダブルプッシュ式で脱着します。

なんかイモムシ風なこの3連サテン仕上げブレスレット、オッサンくさくて格好良い(笑)

アプライドなロゴ。

glebemasterは筆記体。

METAS認定のマスター クロノメーター。

マスターマスター言ってます。

パイパン文字盤。

ステンレススティールの天文台のメダル。

コーアクシャル エスケープメント搭載の自動巻きムーブメン キャリバー8900。

METAS認定のマスター クロノメーター。15,000ガウス以上の耐磁性能。シリコン“Si14”製のフリースプラングテンプ、2重香箱、両方向巻き上げ式ローター。タイムゾーンファンクション。アラベスク調ジュネーブウェーブが美しいロジウムプレート加工が施されたローターとブリッジ。<OMEGA HPより>

このラグ裏のオメガマークは何なんだろう?

クラウントップにはΩマーク。

硬い素材で傷の付きにくいフルーテッドタングステンベゼル。

フルーテッドが欠けちゃうロレックスとは違うんです。

細やかなブレスレットピース。

手首にフィットするでしょう。

いかがでしょうか?

30代から40代の男性にフィットしそうなグッドデザインだと思います。

手に取るとしっかりしていますし高級感もあり、ギラギラピカピカしていないのでビジネスシーンでも問題なく使えますね。

シンプルなので視認性も良く、ステップダイアルも味がありますし、もっと人気が出ても良いと思うんですけどね。

GPのロレアートや、BVLGARIのオクトもそうですが、ジェンタデザインがやや氾濫しているのが足を引っ張っているのかも知れません。

モデル自体は悪くなく、おすすめです。

それではまた!

 

オメガ グローブマスター パイパン・ダイヤル 39mm 130.30.39.21.03.001

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)