【レビュー】ロレックス 1675 GMTマスターI ビンテージ 退色ペプシベゼル

GMT MASTER
スポンサーリンク

Vintage Rolex GMT-Master 1675 wuth Faded Pepsi-Bezel

70年前後のロレックス GMTマスターRef.1675。

人気のフチなし4桁モデルで、大人気の青赤ペプシカラーベゼルです。

さすがにオリジナルで状態の良いものが少なくなり、色々とパーツ交換されたものばかりになってきています。

完全なモノでなくとも楽しめれば良いや!なんて方もいれば、箱から何から全てオリジナルで揃っているものじゃないと嫌だ!なんて方もいるでしょう。

これまた退色しちゃってるベゼルが雰囲気あります。

針は夜光が割れ、色も変わっていますが、それがVR(ビンテージロレックス)の醍醐味でしょう。

今購入しようと思ったら150万円は下らないのでしょう。

1675はVRの中でも5513に次いで不人気だったような気もしますが、GMTマスター2人気に引っ張られ値を上げました。

Chrono24を覗きます。

底値でこんな感じですね~。

付属品もなければ状態も悪そうです。

ブラックライトを当てても、

もちろん光ることはありません。

プラスチック製の風防がこんもりしていて良い感じ。

まだケースも元気です。

かなりブレスレットがヨレちゃっていますね。

フラッシュフィットはNO.258

この時期の巻きブレスレットは7836。

無垢も中空も良いけれど、巻きのこの感じは芸術的。

スポンサーリンク

ヒビ割れ。

GMT三角形もひび割れ。

退色したベゼル。

風防のこんもり感。

ボンバーマン。

インデックスのやけ具合。

クラシカルな王冠マーク。

いや~いいですねぇ、VRではゴールドレターや光沢のあるダイアルが持て囃されますが、私はマットブラックのざらついた感じが好き。

磨かれて薄くなった王冠マーク。

巻き。

VRは軽いのです。

GMTマスターのセカンドモデル1675の生産時期は長めなのでタマはそこそこあるんだと思いますが、それでもなかなか見かけなくなっています。

セミビンテージで使えて楽しめる16750あたりも人気ですし、これからも価値は高くなっていくのでしょう。

いかがでしょうか?

完全・完璧にキレイな状態を望まれる方には現行機をオススメしますが、枯れちゃった雰囲気が好きなマニアックなアナタ!こんな半分死んじゃったような状態に萌え萌えキュン!しちゃうんじゃないですか?

私はキライじゃない(笑)

現行には現行の良さがあるけれど、使い古された道具の良さって言うんですかね、味みたいなのがVRにはあるんだと思います。

まだ使えて楽しめるギリギリなラインだとおもいますがRef.1675を探してみてはどうでしょうか?

もう、かなりお高いですけどね・・・

それではまた。

【レビュー】ロレックス 1675 GMTマスター 第2世代 1975年製のペプシベゼル
1975 Rolex Vintage GMT 1675 Pepsi Bezel with Box and Papers Vintage Rolex Watch もう40年も昔に日本国内で販売されたヴィンテージロレックスRef.1675 G...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました