【レビュー】”Save the Ocean Special Edition” セイコー プロスペックス サムライ SBDY019 #バーゼルワールド2018

SEIKO PROSPEX DIVER´S 200m “SAMURAI” SAVE THE OCEAN AUTOMATIC LIMITED EDITION SBDY019

2018年の新作です。

セイコー プロスペックスからファビアン・クストー(海洋探検家)さんをアンバサダーに起用した”Save the Ocean”記念モデル。

3種類ほど出まして、ブルーグラデーションがキレイなモデルたちですね。

この波打つラインが刻まれたダイアル模様は「シロナガスクジラ」をイメージしているようです。

うん、似てる。(似てるか?)

と、いうことでサムライダイバーの SBDY019 を見ていきましょう。

<SPEC>

ケースサイズ
厚さ:13.4 ㎜ 横:43.8 ㎜ 縦:48.4 ㎜
重さ:201 g
ムーブメント
キャリバーNo.4R35 メカニカル 自動巻(手巻つき)
200m潜水用防水
63,000 円+税
Save the Ocean Special Edition

取り敢えずの第1印象は「大きい」ですね

ブルーグラデーションがキレイなんですが、大きさが先に気になっちゃう。

海外の方に人気なのもわかりますね。かなりのインパクト。

私の様な細腕にはちょっと厳しいかも。重いし。

数字上あまり変わらないタートルとは違い、サムライは「デカい」イメージがどうしてもね・・・。

頑丈そうではありますけど。

ダイバーズウォッチなので夜光はバッチリ!

ベゼルはもちろん逆回転防止仕様です。

200m防水。

厚みもけっこうなもので、侍っぽくはないね。

なんか武士とか痩せてそうなイメージない?

ベゼルとリューズはグローブをしていても操作しやすいようにギザギザな加工がされていて、デザイン的にも格好良い。

スクリューロック式のケースバックにはお馴染みのウェーブマークとスペシャルエディションの刻印があります。

シンプルなフリップロック式のバックル。

すごくシンプルで、格好良さは感じませんね。

ちゃんとダイビングスーツを着ていても装着できるようにエクステンションパーツが隠れています。

1.5cm~くらいは伸びますかね。

グラデーションダイアルに寄ってみます。

ロレックスのDブルーダイアル同様に、段々と海の深いところへ潜っていくイメージですかね。

シロナガスクジラも潜水は得意でしょう。

インデックスも大きく視認性はバツグンです。

自動巻き3針でデイト表示もありとても便利。

クラウンにはギザギザ加工。

この切れ込みが機能的なんですね。

なかなか格好良い。

少し大きくて重くて分厚いけどね(笑)

ラバーストラップに交換して着けたらもっとフィットするかも。

 

因みにタートルダイバーの SBDY021 はラバーストラップ仕様です。

定価も税抜きで6000円安い。

カタチは好みですけどね。

いかがでしょうか?

値段的にはオメガのシーマスター300mの1/10、ロレックスのディープシーDブルーの1/30の価格です。

仕上げやパーツ1つ1つの質感が全然違うけど、パッと着けるには充分な機能とデザインですよ。

アウトドアなんかには持って来いです。

私よりガタイの良い方なら似合うと思います。

安いしオススメ!

迷ってるなら買っちゃえ!

リセールバリューは良くないかも知れません。

ではまた!

 

【レビュー】セイコー SBDY005 / SRPC49J1 “ブラックタートル” プロスペックス ダイバースキューバ 64,800円

セイコー新作 “Save the Ocean” SRPC91K1 SRPC93K1 SSC675P1 プロスペックス ダイバースキューバ ブルーグラデーション #バーゼルワールド2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)