G-SHOCK 35周年 新作 GMW-B5000D-1JF フルメタル”ORIGIN” ¥60,000+税 GMW-B5000TFG-9JR ¥70,000+税 4/13発売 #バーゼルワールド2018

CASIO G-SHOCK ORIGIN GMW-B5000D-1JF ¥60,000+TAX

世界のカシオがバーゼルワールド2018(実際はその前から告知されていましたが)で発表したのは、1983年発売のDW-5000Cの復刻フルメタルモデルGMW-B5000D-1JFです。今年は35周年。

因みにキアヌ・リーブスで有名な「スピード」モデルは似ていますがDW-5600C-1Vというモデル。

さてGMW-B5000D-1JFです。フルメタルなので重さが気になるところ。

長く使うにはね、耐久性、視認性、デザインそして重さが大事なのです。

意外に定価64,800円は「お安い」かな?なんて思っちゃいます。

マルチバンド6、タフソーラー、ブルートゥース、スティール製・・・10万円超えるかと思った。

先日ロレックスブロガーで有名な「えーすさん」がブレスレットリンクの留め方が気になっていらっしゃったので、カシオに聞いてみました(おせっかいスミマセン、私も気になりましたので)

流石に価格を抑えてきたのでネジ留め式では無いようですね。

古い時計を見ると錆びやすく・折れやすくと言った難点がありますが、まぁ安価なので交換すれば良い事です。

そこを含めてもGMW-B5000D-1JFは「良い」モデルだと思います。

大きさ、シンプルさ、防水・耐衝撃性など「ロレックスのエクスプローラーⅠ」に匹敵しますね。

コレは流行るんじゃないかな?


Neelセレクトショップは安い!



GMW-B5000

A SQUARE CASE WITH A FULL-METAL SHOCK-RESISTANT STRUCTURE.
ACHIEVED THROUGH SYSTEMATIC EVOLUTION FROM ONE STAGE TO THE NEXT.

The first G-SHOCK model DW-5000C was born in 1983.
Its symbolic square design is reinvented with a full-metal shock-resistant structure and the latest advanced functions, including Smartphone Link.
The only truly tough watch continues to challenge greater heights.

2018年、初代モデルDW-5000Cの発売から35年の時を経て、「外装の進化」「構造の進化」「モジュールの進化」をコンセプトに、フルメタル化を実現し、Connectedエンジンを搭載したGMW-B5000Dが登場。

G-SHOCKの原点であるDW-5000をベースにフルメタル化を実現。ベゼル、バンドへ硬質なステンレス素材を採用しました。G-SHOCKのコアテクノロジーである中空構造を見直し、耐衝撃構造を進化。メタルベゼルと本体ケース部の間にファインレジン緩衝体を挟み、フルメタルケースでも耐えうる新たな耐衝撃構造を開発しました。
最も衝撃が加わるバンド取り付け部を改善し、センターケース中央に中継点を設けることで、バンド取り付けパイプに加わる衝撃を低減します。また、重厚感あるスクリューバックケースを採用し、裏蓋には耐摩耗性に優れるDLC処理を施しています。クリアな視認性にもこだわりフィルムソーラーセルや、斜めの角度からでも時刻表示が判読しやすいSTN-LCD(液晶)を用いて視認性の向上を追求。オリジナルモデルをオマージュしたフェイスデザインは文字板からメイン表示レイアウトに至るまで徹底的にこだわり、初代モデルを彷彿とさせるデザインに仕上げました。また、最新のエンジンを搭載しながら、高密度実装技術によりサイズをキープ。完成度を極めたデザインを継承し、外装、モジュールを進化させたフルメタル仕様GMW-B5000Dに、G-SHOCKの更なる可能性を託しています。
機能面では正確な時刻精度を追求し、Bluetooth®通信機能と、世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6を搭載。専用アプリケーションG-SHOCK Connected※1との連携により、インターネット上のタイムサーバーから正確な時刻情報を取得します。世界6局の標準電波に対応するエリアでは、自動時刻修正を行い正確な時刻を取得する電波受信機能を備えます。また、カシオ独自の省電力技術によるタフソーラーで、安定的な駆動を可能にし、高輝度なフルオートLEDバックライトや、ワールドタイムなどの実用性も備えます。更に6ヵ国語の曜日表示※2が可能なローカライズにも対応します。世界中で、正確な時刻が表示できる、グローバルベーシックを追求する正統進化を果たしました。
初代から受け継がれるコンセプトはそのままに、時計としてのクオリティを追求し外装、構造、モジュールの進化に磨きをかけ、フルメタルを纏った最高傑作のオリジンが誕生しました。2018年、35周年を迎え、新たな可能性を見出し、ブランドのマスターピースとして進化を遂げたGMW-B5000Dの登場です。<CASIO HPより>


耐衝撃構造(ショックレジスト)
スクリューバック
無機ガラス
20気圧防水
ケース・ベゼル材質: ステンレススチール
無垢バンド
ワンプッシュ三つ折れ式中留
メタルバンド(ステンレススチール)
タフソーラー(ソーラー充電システム)
電波受信機能:自動受信(最大6回/日)(中国電波は最大5回/日)/手動受信、
<日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
<北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz
<ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
<中国>受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
*ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
モバイルリンク機能(対応携帯電話とのBluetooth®通信による機能連動)
ワールドタイム5本:世界39都市(39タイムゾーン、サマータイム自動設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムの時刻入替機能付き
ストップウオッチ(1/100秒(1時間未満)/1秒(1時間以上)、24時間計、スプリット付き)
タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
バッテリー充電警告機能
パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消し節電します)
フルオートカレンダー
12/24時間制表示切替
操作音ON/OFF切替機能
日付表示(月/日表示入替)
曜日表示(英・西・仏・独・伊・露の6ヵ国語切替)
LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネーター、フェードイン・フェードアウト、残照機能、残照時間切替(2秒/4秒)付き)
フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
機能使用の場合:約10ヵ月
パワーセービング状態の場合:約22ヵ月

ホームタイム都市(受信機能対応都市)/受信電波
東京/日本の標準電波JJY40・JJY60
ロサンゼルス、デンバー、シカゴ、ニューヨーク、ハリファックスアメリカの標準電波WWVB
ロンドン、パリ、アテネ/イギリスの標準電波MSF・ドイツの標準電波DCF77
香港/中国の標準電波BPC
※ 電波受信が行われない場合や、スマートフォンと連携しない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
サイズ(H×W×D)/質量:49.3×43.2×13mm/167g
LED:ホワイト

どうですか?

私は欲しい!ただただ欲しい(笑)

でも167グラムは重すぎますね。

エクスプローラーⅠやデイトナより重いです。

もう少し軽くしてくれ~。

アプリでスマホとリンクします。

色々便利になりましたね。

充電とかコンセントでする必要もなく、タフソーラーだけで何とかなるみたいですね。

※1 G-SHOCKスマートフォンリンクモデル専用のアプリケーション。スマートフォンと連携して、自動時刻修正、ワールドタイムなどの時刻設定をBluetooth®接続に対応した「Connected エンジン」と接続して、世界中で、最新のタイムゾーン、サマータイム情報を反映した時刻を表示。タフソーラーの搭載により、強負荷のかかる機能のソーラー駆動を実現。
※2 曜日言語( 英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語)

ホワイトカラーのバックライト。

販売日は4/13(予約開始は4/1から)。


ANNIVERSARY LIMITED MODELS GMW-B5000TFG-9JR ¥70,000+税

GMW-B5000の35周年記念モデルはゴールドメタル!

GMW-B5000TFG-9JRは、まるで百式ガンダムの様なインパクト・存在感があります。

シルバー(ステンレス製)と比べ税抜き定価で10,000円高くなっています。

こちらも販売日は2018.04.13です。

で、海外サイトを覗きましたら・・・

樹脂製ストラップもありましが(これなら軽いかも)、漆黒のGMW-B5000TFC-1の方が気になります!

超~格好良いじゃない。惚れる。何コレ?

GMW-B5000TFC-1

吉田カバンPORTERとのコラボレーションモデル500本限定

¥130,000+税(詳細未定)

DLC加工されたステンレススティールがマジ格好良い!

値段は2倍!でも売れちゃいそう。

販売日もまだ未定。わかり次第追記します。

専用のバッグがセットになっています。

ケースバックには35thの刻印。

画像お借りします。

樹脂ではありませんがカラーリングがファーストライクで格好良いですね。

でもスティールかな~?

35周年記念モデル第4弾もファーストモデルがラインナップ。

こちらも4/1から予約開始。


いかがでしょうか?

和製エクスプローラーです。

スーツスタイルにも合いそうですし、G-SHOCKなのでデニムにもアウトドアにもストリートにもフィットしそうですね!


G-SHOCK誕生35周年記念モデルというのは、「限定」なのか気になったのでカシオに聞いてみました。

 

なるほど。

シルバーカラーは、待っていれば実物見てからいつかは買えるだろう(生産終了にならなければ)。

ゴールドカラーは継続生産されないから買うなら予約ですね。


ヨドバシドットコムには4/1から予約できますよと商品がセットされています。

アプリのお気に入りに入れておきましょう。

定価より安いから争奪戦かもね。


2018.04.01 0:00

ゴールドカラーの方が少なさそうなので先にトライ!

0:00ちょうどに切り替わります。

カートインして、決済エラー連発の、在庫なし(笑)

20%オフでポイント10%は大きいですね。

楽天市場では、深夜にゴールドカラーはストックしたようで朝起きたら売り切れていました。

シルバーカラーは51,840円が最安で、あとはヨドバシと楽天どっちがポイントがお得か考えようかな?

ヨドバシカメラの実店舗に予約しに行こうかな?

買えないとなるとゴールドが欲しくなります(笑)


予約の抽選・・・

ゴールドが欲しいぞ!となっても安いヨドバシカメラは予約できませんでした。

大きめなG-SHOCK取扱い店なら予約できるかな?とも思いましたが正直面倒(笑)

今回はジョーシン電機のオンライン抽選と、G-SHOCKショップの2か所の抽選に申し込みました。


G-SHOCKショップから当選の連絡を頂けました。

良かった良かった。ジョーシン電機からは何もありません。


2018.04.13

引き取りに行ってきました。

箱が特別ですね。

ジャーン!

う~ん・・・コレは(笑)

着けるのは苦しいか。

かなりの重量感。

ケースとバックルが重く、ブレスレットは軽めですかね。

ややヨレる感じがします。

バックルのピンは「叩き」ではなく、プッシュ式のようです。穴を覗いてもよくわかりませんでしたが、店員さんは細い棒で突けばハズせるとのこと。

保護テープがあるとよくわかりませんね。

テッカテカ(笑)

ハイ!ゾロ目。

微調整可能です。

バックライトはホワイト系。

ソーラー電波で正確です。

フル充電されると6か月近くもちます。

シルバーもなかなか。

こっちの方が普段使いに良いな。

ロイヤルオークっぽい(言い過ぎ)。

ショップにはデモ機が飾ってありました。

次回入荷は未定とのことですが、レギュラーモデルなのでシルバーなら、いつか手に入るモデルですね。

ゴールドは1っ回ぽっきりの生産とのことなので、とりあえず封印しておきます(笑)


PORTER限定は抽選に外れました。

残念・・・

格好良かったな。


そう言えば、カシオさんから再びお知らせ。

なになに、バネ棒ね。

そうなんですね。

こんな感じで両方から押せる。

押さないと開く。

そしてコマが留まる。

こう言う仕組みです。


【G-SHOCK by kolor】  ¥70,000+tax

7月7日(土)、kolorとG-SHOCKのコラボレーションによる限定モデルをkolor南青山にて先行発売いたします。

先行販売方法の詳細は、後日kolorのウェブサイト、インスタグラムにてご案内いたします。<Kolor HPより>

GMW-B5000をベースに製作しているようですね。

スティールブレスレットではなくラバーなのに価格は同じと言うね・・・ちょっと残念。

限定数はあるのかな?

35thのケースバック刻印なのでファーストドロップ限りの可能性がありますね。


GMW-B5000-1JF

2018.06.08 販売開始

 

スティールと樹脂ストラップの組み合わせに反転ダイヤル。

ブレスレットの分10,000円安くなっているのかな?

このモデルの良さであるスティールブレスレットを取ってしまうのは・・・いかがなモノでしょう?

それでも予約開始早々に完売。

凄い。

意外に悪くない。

 

バーゼルワールド2018の関連記事はこちらから

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



2 Comments

  1. サイト楽しく見させてもらってます。
    ロレックス情報見たくて覗いてましたが、Gーshockも欲しくなってしまい(前日に)フロッグマンとスティング、銀メタル買ってしまいました。

    ポーターのは、4月27日って言われました。それも予約してきました。ポーターの知ってたら他の買わなかったかなぁ。EDGE店で販売するような事を店員さんがおっしゃってました。

    • コメントありがとうございます!35周年記念モデル買いすぎですね(笑)シルバーは実物格好良いので、長くシンプルに使えそうです(私は買っていませんが)。ポーターのブラックも格好良さげですが、価格がけっこう高いので手が出せません(泣)

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)