【時計怪獣】ロレックス 116519 ピンクビーチ ブルービーチ イエロービーチ グリーンビーチ 2000年誕生デイトナビーチ

今デイトナビーチが熱い!パステルカラーに恋をした

2000年と言う節目にリリースされた忘れかけていた銘品が今火を吹くぜ!(火を吹くのは画像フォルダですけど)皆さんご存知で、更には敬遠してただろうなと思われるデイトナ「ビーチ」。今回はそんなカラフリ~なデイトナを見ていきます。

 (178071)

2000年 116519 DAYTONA BEACH

 (178072)

2000年に発表された新世代の自社製クロノグラフムーブメントCal.4130を積んだデイトナの数々。

その中でひときわ異彩を放つ存在が「デイトナビーチ」です。

 (178100)

名前の由来はフロリダのデイトナサーキット(デイトナインターナショナルスピードウェイ)がある「デイトナビーチ」から取られています。

コスモグラフデイトナもこのサーキットから取られた名前なのはご存知の通り。

 (178101)
2000年と言う節目の年に、念願の自動巻きクロノグラフキャリバーを発表できたロレックスはきっと嬉しすぎてヘンテコなモデルを出したくなっちゃったんだろうな。

4色の淡いカラーのダイヤル

thinkstock (178102)

グリーンカラーのクリソプレーズ(カルセドニー)は翡翠に似た石。

ブルーカラーのターコイズ(トルコ石)。

そしてピンクカラーのマザーオブパール、イエローカラーのマザーオブパールのそれぞれにホワイトゴールドのローマンインデックスがセットされた魅力的なダイヤル。

すべてがホワイトゴールド製のケースに、ダイヤルカラーに合わせたリザードストラップとホワイトゴールド製のDバックルがセットされています。

ボックスも特別なリザード調なリッチ仕様に、手帳などが付属するスペシャルなモデルです。

キャリバー4130誕生の記念モデルとして数年間製造されました。

※いつの間にか無くなっていました。

 (178075)

天然石を使用するダイヤルなので、1本1本違う表情になります。

今から気に入った1本を探すのは非常に困難ですね。

 (178074)

私の中では「オワコン」的なデイトナでした。

記憶の最後の相場は128万円とか・・・そんな感じでしたよね?

 (178076)

なんと!今では250万円以上のハイパープレミアムモデルになっています。

って、プレミアム???

 (178077)

販売当時の国内定価は2,550,000円(外税)。

あ~、定価で買った方は今頃ようやく追いついた感じね。

 (178078)

このパステルカラーのリザードストラップはすぐに変色しちゃいます。

酷いもんだ。

まだロレックスで購入できるみたいなので、持っている方は在庫があるうちにキレイなのに買い替えた方が良いかも知れませんね。

純正じゃないベルトになっちゃったら魅力も価値も半減しちゃう。

 (178079)
 (178080)

ホワイトゴールド製のバックル。

デイトナでオイスターケースなので100m防水です。
40mmケースなので女性向きではありませんが、当時歌姫浜崎あゆみさんが着けていましたね。

ピンクシェルもイエローシェルも色味が非常に薄いのがあり、え?ホワイトシェル??と間違えられちゃうのもね、あるんでチェックしてください。

 (178084)
箱までカラフル
 (178085)
リザード調のスペシャルボックス。

Rolex Daytona Beach 116519 White Gold 40mm

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/DIDZJ

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)