【時計怪獣】去年デイトナ116520を買っておけば・・・最終モデルの高騰

鏡面プレートのデイトナ 116520は「1年で2倍」 もう1度言う「1年で2倍」

あ~凄い世の中だ。1年経ったら物の価値が2倍になっています。去年デイトナ旧モデルを買った人!今売っても損しませんよ~、むしろお金貰って着けてたくらいの話なんだから!

ロレックスのデイトナは既に伝説。

先日ポールニューマン氏の使用されていたデイトナRef6239が時計史上最高額の落札価格17,752,500ドル(バイヤーズプレミアム込み)の値を付けました!

高騰しているのは鏡面仕上げのバックル

 (173061)

ロレックスの旧モデル116520デイトナは、昨年の2016年に生産終了になりました。

2015年末頃からブレスレットの仕様変更があり、最終モデルとして認知されているのは鏡面プレートのブレスレットを持った個体です。

印字式で2016年に購入された日付付きのギャランティーカードがあり、鏡面仕上げのバックルでのモノはおおよそ最終型として重宝されています。

そのうちに、新型デイトナ116500LNとの価格差が逆転したら、バックルを交換されてしまうかも知れません。

プレミアム価格で買うのであれば、手書きのギャランティーカードや2015年のギャランティーカードのモノなどは注意が必要になりますね。

 (173062)

さて、そんなデイトナ116520。

昨年3月(新型発表直後)は一時期130万円台まで落ちました。
定価じゃなくて、並行新品価格ですよ!

 (173063)
国内正規で買われていれば115万円に消費税。

130万円→260万円 つまり2倍

 (173290)
それが、現在260万円以上です!
異常ですね!
イジョーとイジョーを掛けました。並行新品のシール付きデッドストック状態なら260万円を超す取引値なんです!凄すぎ
中古品ですら200万円を突破していますので、いったい幾らまで上がってしまうのかわかりません。
 (173291)
16520が生産終了になり、Pシリアルが高騰しましたが、だいたい250万円くらいでストップしました。

定価が上がっていますので、同じではないですが今くらいが天井のような気もします。

とは、言え116500LNが生産終了になる頃には、現在の16520Pシリアルくらい、つまり400万円くらいまでは上がるのは約束されているのでしょう。

 (173292)

じゃあ、そこまで上がるなら買うわ!って言ってもなかなか売ってない。

気付いたら売ってないのです!

どこに行ってしまったんでしょうか?

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/r7uL9

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)