麺屋ようすけ 佐野ラーメン 鉄腕ダッシュで城島茂リーダーが麺うちを学んだお店

栃木県佐野市田島町(東武佐野線田島駅目の前)にお店を構える「麺屋ようすけ」に行ってきました。

2015年に「日本一うまいラーメン」を作る鉄腕ダッシュの企画で「麺づくり」担当が城島茂リーダーでした。

その修行先がこちらの佐野らーめんの麺屋ようすけ。

青竹打ちで有名な佐野らーめんの麺をTOKIOのらーめんに採用したのです。

前から「お土産らーめん」では頂いていましたが、「本物」を食べたことが無かったのですごく楽しみです!

佐野ラーメン 麺屋ようすけ(お土産/即席めん)

オープンは11:00。

開店20分前に到着、既に1組のお客さんが座っていました。

名前を書くボードには紙が用意されておらず、最初は不要の様です。

火曜日はお休みのようなのでお気を付けください。

青竹手打ちラーメン麺屋ようすけ。

こちらの場所は以前も有名な佐野ラーメン屋さんだったようです。

平日だったからかウェインティングボードはありませんでしたが、お客さん同士のトラブルが多いのか至る所に貼り紙がありました。

人気店になると「割り込み」なんかがあるのかも知れませんね。

結構大きなお店です。

東京じゃなかなか見ないサイズの店舗。

開店15分前、スタッフの女性がメニューと順番待ちカードを配布。

先客がテーブルをチョイスしたので、座敷の1番になりました。

暖簾も掛かり、準備万端です。

さてメニューを見てみましょう。

ラーメン580円。

激安に感じますね。

都内で食べたら780円以下ではなかなかで美味しいラーメンには出会えませんね。

ようすけも新宿などに出店したら880円でもお客さんが並ぶと思います。

子供用に半ラーメン480円。

サイドメニューも充実。

11:00になり、いよいよ入店。

座敷1です。

佐野ラーメンは「家族で食べるラーメン」「佐野市民の地元めし」って感じで、どこのお店に行っても座敷があります。

おじいちゃんや未就学児も食べていますね。

さのまるサイダー。

佐野市のゆるキャラです。

ブルーハワイみたいな味でした。

案の定子供たちはサイダーを先にのみお腹いっぱい(笑)

先に半ラーメンが来ました。

子供はコレで充分ですね。

美味しそう。

素晴らしい見た目。

コレは絶対に旨いでしょう。

私はニンニクらーめん。

別盛りですので調整できますから「安心」。

素のラーメンも最初に味わいましょう。

澄んだスープ。

手打ち麺。

立派なチャーシュー。

コレはうまい!

スープもうまいけど、麺がシコシコ噛み応えがありしっかしたコシです。

東京に出店しても売れますねぇ~佐野ラーメンは家族経営が多いから出てこないですが・・・。

3個だけどボリュームが凄い「餃子」。

宇都宮じゃないけど栃木だし佐野ラーメンには餃子です。

ちょっと皮が厚いので、食べにくい。

餡は美味しい。

麺打ちが始まるとお客さんがワラワラと(笑)

基本「佐野ラーメン」の店主は若くて怖い系の人が多いですね(笑)

しまだやさんも店主がイケイケ系です(友人がAK-69とか・・・)。

食べ終わって出た頃には、いつの間にかこんなに人と車が並んでいました。

駐車スペースはこの対面にもありますが全て埋まっていました。

超~人気店ですね。

美味しかったです。

また行きたい!

TOKIOカケルに見る40代の腕時計 長瀬智也さんはクロノグラフ好き

佐野ラーメン しまだや

佐野ラーメン 岳乃屋

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)